« 福島瑞穂女史が鳩山内閣で一番まともに見える… 私、目を悪くしたかな | Main | 折口氏と旧グッドウィルが贈る、愛と興奮のステージ再び »

2009.10.01

苦境の新聞業界、アメリカで救済法案が立ち上がる見込み

 アメリカで、セールスの不振相次ぐ新聞業界の救済スキームについての活動が活発化してきた感じです。先にパケット税をやるかと思いきや、新聞のNPO化というのは新鮮な流れです。

ALLOW AMERICAN NEWSPAPERS TO OPERATE AS NON-PROFITS
http://cardin.senate.gov/news/record.cfm?id=310392
http://cardin.senate.gov/pdfs/newspaper.pdf

 「何を馬鹿な」と思う人もあるかと思いますが、新聞社の権利を守るのにネットでの引用を制限する著作権法の改正とかが議論されるよりはよっぽどましで現実的な流れだと思うんですわ。ただ、もう二度と新聞社が中核になっている資本グループのinvestment proposalは通らなくなるよというのはあるんでしょうが。

 いろいろと課題面も見えてくる議論ですが、クリアなのはnon-profitの組織体制を新聞社が移行するための法的整備や事業活動との切り分けをするにはもう少し時間がかかりそうなこと。

[引用]under 501(c)(3) status for educational purposes, similar to publicbroadcasting.

 そうなると、いろいろと罠は仕込めそうですし、profitableな活動を保証するために傘下に新聞社を収めようという働きかけも出てくるかもしれません。現在はまだ免税措置程度のようですが、これに補助金や優遇何とかだという話が加わってくると一気にきな臭くなってくると思うんですよね。

 我が国の新聞業界がこのアメリカの動きを参考にロビイングできるかどうかは微妙なところですが…。ぶっちゃけた話、NPOになろうが日本の報道機関のコストが軽減されるわけではないので、なんか民事再生みたいなので一回リセットしてからNPOに看板換えさせましょう、的なプロセスを踏むことになるんでしょうかね。


« 福島瑞穂女史が鳩山内閣で一番まともに見える… 私、目を悪くしたかな | Main | 折口氏と旧グッドウィルが贈る、愛と興奮のステージ再び »

Comments

勝間本の新刊で、隊長の名前が「切り込み隊長」になっている件。

新聞のつまらなりところは、コメントに欠けていることだよ。なんだろ、昔の日本でも、外国もそうだろうと思うけど、新聞をネタに、家族やら仲間やらで、おしゃべりしたものであって、現代は、その場がないから、ネットになっているっていう現実をまるでわかっていない。そういうおしゃべりを引き出す、コメントというのがね着火点なんだろうな。そろそろ、新聞社は、隊長を引き抜けばいいんだよ。新聞の各記事の下に、隊長の2行程度のコメントがのったら、みんな読むに決まっているじゃないの。藁

だいたいかわいそうだろう、おじいさんのブログで毎日毎日だ、新聞の記事に一言書いていて、あれって、新聞にとってとても大切。ただ、新聞の紙面にだな、さて、掲載されたとして、読者をつかむかというと別で、何人かがランダムに表示されたり、フィルターかけることができたりして、真の実力コメントだけがサバイバルできるようになっていればいいんだ。ということで、ブログって、お気楽だよね、競争がない。あるとしたら、グーグル様の検索にひっかかれば、たくさんが読む。でだ、グーグル様の検索結果って、真の実力を表していないしな。ブックマークがひどいときは、オリジナルより、上位に表示されたりするんだから。

新聞が、2次元の感覚しかないうち、何をやっても、救済されるわけがない! どうせなら、半分ぐらい潰れて方がいいんだよ。そもそも、既に、広報力は、テレビに負けているし、ネットにはもっと負けている。ただ、テレビとネットだと、テレビのコメンテーターの方が面白い。みのもんたが、ネットにきても光らないしね。

>勝間本の新刊で、隊長の名前が「切り込み隊長」になっている件。

↑ってほんとですか。

>勝間本の新刊で、隊長の名前が「切り込み隊長」になっている件。

↑ってほんとですか。

その前に新聞記者の給料は派遣社員なみにしたほうがよい。一律400万ぐらい。それでずいぶんコストダウンになる。やつらは給料もらいすぎ。。。

よくわからんがボランティアとか社会貢献とか慈善事業みたいな感じ?

Wikipedia
広義のNPO
NPOは、広義では、利益の再分配を行わない組織・団体一般(非営利団体)を意味する。

>新聞のNPO化というのは新鮮な流れです。
アメリカじゃ新聞のNPO化って1年以上前から議論されてる事。新鮮でも何でもない。何やっても駄目なんだから最後の手段としてNPOに逃げるだけのこと。

>アメリカじゃ新聞のNPO化って1年以上前から議論されてる事。新鮮でも何でもない。

株主資本が強制的に毀損するかもしれないという、会計的にも産業的にも大問題なのに、一年か二年議論された程度で上院がロビーし始めるというのは大変なことなんだぞバカタレ
シカゴトリビューン破綻してまだ一年経ってもいねえし

>アメリカじゃ新聞のNPO化って1年以上前から議論されてる事。新鮮でも何でもない。

株主資本が強制的に毀損するかもしれないという、会計的にも産業的にも大問題なのに、一年か二年議論された程度で上院がロビーし始めるというのは大変なことなんだぞバカタレ
シカゴトリビューン破綻してまだ一年経ってもいねえし

ブランドもののスーツ着て政府に泣き付くじゃあなりすとw

ttp://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-11762620091002

世間の風は冷たいぞう。。。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 福島瑞穂女史が鳩山内閣で一番まともに見える… 私、目を悪くしたかな | Main | 折口氏と旧グッドウィルが贈る、愛と興奮のステージ再び »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ