« ソマリアのクイズ大会、優勝賞品はAK-47自動小銃や手投げ弾 | Main | 中川秀直氏の元秘書をコリンシアン問題が直撃 »

2009.10.19

野尻先生が深淵に堕ちて逝かれた

 これは理性的な評論の対象にはなりえない話だろうと思う。超えてはならない何かを飛ぶとき、人は得てして心に神を宿すのであり、そこには日常生活の経験や知見の延長線上にはない超越があるからだ。

空飛ぶパンツのようなもの
http://d.hatena.ne.jp/nojiri_h/20091019/1255916165

 よく意味論の話に陥りがちになるけれども… ある事象があり、それを表現したら、それを受け取った人がまったく違う意味を感じ取って、別の事象へと昇華させるサイクルのアレだ。悪く作用すれば伝言ゲームになるし、ポジティブフィードバックされれば無限の表現を創出する礎にもなりうる。

 しかし、今回の素材は空飛ぶパンツである… そこから群鳥の生きる力を感じ取り、そこから普遍的で永久の価値であるべき生存本能を喚起して実体表現で自らの感性を結集させようというのは、如何したものだろう。もちろん、そこに理性は介在しない。ただ、野尻先生は表現を受け取った。それを野尻先生というブラックボックスの中で何かが起き、反応し、衝動となり、噴出していった結果、空とぶパンツとは何であるかを視認しうる何者かへと昇華していったのだ。

 なぜこうなったのか、あえて問うまい。実際には、どうもなっていないのかもしれない。ありのままに捉えれば、それでいいのだ。というか、考えるべきではない。独創的で特異な表現を得て、理解しようとする行為そのものが、きっと無駄なのだ。そして、世の中には無駄なものが溢れている。いや、無駄こそ全体であって、理性が介在する余地など極わずかに過ぎないのかもしれない。

 実際、人間はその営々たる社会のなかで、理性が理性のまま受け止められ、より良い方向へ一直線に向かっていったことなどいまだかつてあるだろうか。むしろ、人間は理性だけではなく、感情や欲望や個性や葛藤やさまざまな矛盾を抱えながら、見えない未来に向かって歩んでいく小さな存在に過ぎない。うまくいかなくて当たり前、理知的で予想通りの人生などひとつとしてないのだ。

 野尻先生がパンツを通して社会に問いたかったことは、パンツが群れて飛んだときお前はどう思うんだという、読む者に突きつける挑戦状の類なんだろうと思う。だいたい、パンツが群れて飛んだところでどうだというのだ。しかし、実際に飛んでみないと分からないだろ。やってもいないうちから、頭の中のちっぽけな理性で結論を予想して、お前にいったい何が分かると言うのだ、という問題意識に基づく陽明学のようなリビドーと実践の組み合わせだ。

 迎合しない、とはこういうことを言うのだろう。行動が伴っており、対価を求めない姿勢は表現における求道者のそれに近い。なるほど、と思った。


« ソマリアのクイズ大会、優勝賞品はAK-47自動小銃や手投げ弾 | Main | 中川秀直氏の元秘書をコリンシアン問題が直撃 »

Comments

動画観るまで侮ってた。マジすまんかったwww

「突っ込んだら負け」なのでは・・・。m9(^Д^)

実際に放送も観てたがよい出来だったぞ、コレ
というかこのパンツだけの話じゃなくて直前の話と合わせて見な…いや、冷静に考えてみたら前後関係もめちゃくちゃだったな、この話。

どうして、ネットの人って、映画を見ていないのだろうか? もったいないよ。大衆芸術として、もっとも歴史の中で優れていて影響力もあるのに。

映画「旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ」

これも、パンツが空を飛んでいくんだけどね。


ネットは、あいもかわらず、現実離れしていて、現実離れするならば、映画体験することが重要だし、もっといえば、生の演劇をみてだな、できたら、役者と友達になってだな、演じているという、肉体と心の差異をしりながら、ちょっと、自分でも演劇のメソッドを受けてみるといいのだよ。

単純に、人間は、演技しているんだよ。真に正直であったならば、とんでもないことになる。ところが、ネットの中の人って、演技している自分が本物だと錯覚しているんだよ。これは、読書の人もそうだよね。演技しているうちに、自分を見失っていて実体がない。そんなもん、売れっ子の映画スターたちが不眠にのたうちまわって、不慮の死をとげてしまうような、不幸でしかない。ただ、映画スターには、栄光があるのに、栄光を手にせず、ただひたすら、ネットの中での語り部でしかない。いずれ、忘れられるだけなのに。

ま、よくわからん。それにしても、ネット業界もインフラを提供している側も悲鳴をあげているのか、ソなんとかというブログが太っ腹だったのが、検索してきた場合、クリック広告を表示するってしたけど、ビジネスとしてマイナスにしかならんような、特にプロバイダ契約している人も一括みたいだし。案外、ニコニコ動画より先に、ブログ提供がダウンしてしまうんじゃないかな。だって、クリック広告なんて、クリックしないもの、クリックしないものが、どうして、広告なんだ。でも、面白いから、マイクロアド、あと、楽天は今は審査中。お金を手にできるかわからんけど、システムがよくわかる。笑。ネットコミュニティって、まさにクリック広告だよね。マッチしているらしいし。

彼の作品のロケットガールはアニメともどもをもしろかったね(@wぷ

ちゃんと尾翼を後方に向かって持ち上げて、飛ぶように作ってありますね。
しかもYouTUBEのと違って骨を2本入れて角度を確保してるしw
パンツが空飛んでるの見たら、鬱の人って治らないだろうか…

まさかたいちょが尻Pをチェックしているとは思わなかった。

どう考えても、反応したら負け。

度々恐れ入ります。

記事とは関係の無いコメントで失礼致します。

川崎市民の皆様

10月25日(日)は、川崎市長選挙の投票日です。
私は、数ヶ月間に渡るリサーチの結果、福田紀彦氏に投票することをお勧めする結論に至りました。

福田紀彦氏 公式サイト

URL→http://www.fukuda-norihiko.com/

(参考)川崎市長選に向けた公開討論会(2009年10月9日(金)19:00~)

URL→http://www.senkyo.janjan.jp/senkyo_news/0910/0910100440/1.php

私は、かれこれ数十年間、川崎市に在住している者でございます。

川崎市の「悲劇」は、2001年の川崎市長選挙で阿部孝夫氏が当選したことにより始まりました。

このまま、現職の阿部孝夫氏に川崎市長を任せたままにしておけば、川崎市は益々、堕落していくばかりでございます。

川崎市営地下鉄を推し進めている現市長は、国会議員との癒着が強そうに見受けられます。

川崎市民に、そのようなモノを必要としている人は殆どいないと思われます。

これ程までに市営地下鉄には固執せず、もっと他のことに税金を使うことができないのでしょうか。

福田紀彦氏は、「あと10年も経てば人口も減り、市営地下鉄など作っても、それができた頃には使い物にはならない」という意図で、市営地下鉄建設には反対されているのでしょう。
要するに、こんな事業を推し進めても採算が取れないということなのです。
もっと違うこと、雇用、福祉、子育て支援、教育などに力を入れるべきではないのでしょうか。

私は、10月17日(土)、地元の駅に来てくださった福田紀彦氏の演説を聞き、実際にお話することができました。
福田紀彦氏は1972年生まれ。
「まだ若いのでは?」と揶揄される方もおられるようですが、この世代の人々は団塊ジュニアの世代で、非常にしっかりした方が多いのです。
そして、応援演説にいらしていたのは、素晴らしい議員の方々ばかりでした。

私及び私の家族は、実際に演説を聞き、実際に福田紀彦氏と会話し、「この人が市長になれば大丈夫!」と強く実感いたしました。

私の地元での演説が終わると、福田紀彦氏を含む陣営の方々は、なんと、駅に向かって行きました。
電車で移動・・・なんて「エコ」なのでしょう!

10月25日(日)には、是非、投票所に出かけてください。
そして、川崎市長として「福田紀彦」氏の名を記載し、投票してくださることを切に希望しております。

川崎市民の皆様、川崎市を変えていくために熱く一票を投じようではありませんか!

※川崎市民以外の方々及び隊長には、このようなコメントをさせていただくことを、しばらくの間ご容赦願います。

※私は、如何なる政治団体等にも、如何なる宗教団体等にも所属しておりません。あくまでも中立的な立場で福田紀彦氏を推奨しているだけでございます。
よって、これはあくまでも「推奨」であり「義務」ではございませんので、あらかじめご了承願います。

※先日、私の家族が仕入れてきた情報によると、『福田氏と阿部氏の接戦になる可能性。今のところ、福田氏の方がやや有利』とのこと。
川崎市民以外の方でも、川崎市内に知り合い等が居られましたら、是非、「10月25日の川崎市長選で福田紀彦氏に投票を!」と呼びかけて戴ければ幸いでございます。
なお、'Koumei-Tou'がらみ、即ち、'Souka-gakkai’系の人々は福田紀彦氏に投票したくないそうでございます。


以上

これぞ「ネタにマジレス」でしょう。
原作のパンツを脱がせる能力で飛んで行ったパンツが
数話後帰ってくる展開を渡り鳥に見立てて悪乗りしただけなのに

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ソマリアのクイズ大会、優勝賞品はAK-47自動小銃や手投げ弾 | Main | 中川秀直氏の元秘書をコリンシアン問題が直撃 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ