« 物事を深刻にしすぎる人達 | Main | 【再】PHP新書『ネットビジネスの終わり』を上梓したんですけど »

2009.10.27

農協(JA)ってどうするべきなんだろうね

 農政は素人同然で、通り一遍の知識しか持っていない私にも、郵政がひと段落したら農協に何か刃を向けそうな政権が地球上にあるらしいことは知っている。

 フォーサイト読んでたら、農協を小沢さんがどうにかしたいと考えているようであることも書いてあって、しばし沈黙。

FORESIGHT
http://www.shinchosha.co.jp/foresight/
民主党の「農協潰し」が加速する
http://seiji.yahoo.co.jp/column/article/detail/20091026-01-1501.html

 別の見地からの話では、結局、民主党の考えていた「脱・官僚依存」というスローガンと、今回一連の政策課題に向かう各大臣・副大臣のあり方や官僚の対応とのコントラストというのはなかなか面白いなと思う。もちろん、現実に直面している人達からすれば、面白いとは不謹慎なということになるかもしれないけど、役人支配から脱するつもりの民主党がだんだんと役人なしでは何も進まないことに気づき、役人も人事権を握られた状態で抵抗することの困難さに気づいて何とか民主党から送り込まれた人々を理解しようと努力しているという、不思議な歩み寄りの構図である。

 どう考えても信頼関係はないと思うのだが、それでも政策課題は厳然とあり、課題を解決しないことには話にならないのだから、お互い手探りに妥協点を見つけあって強引に納得しようとしているような感じがしてならない。

 農業者戸別所得補償の制度化など個別の具体政策については、記事ではインデックスから紐解いて民主党の「真意」を推し量ろうとしている。どうなのだろう。単に、参院選に向けて自民の集票マシーンとして歴史的な機能を果たしてきた農協が嫌いだ、という目線ではないとは思いたいが、どーもそういう感じな気がしてならない。困ったもんだ。


« 物事を深刻にしすぎる人達 | Main | 【再】PHP新書『ネットビジネスの終わり』を上梓したんですけど »

Comments

でもマジレスすると、農協潰して農家の数を1/10にしないと日本の農業は立ち直らないんじゃないかな。

ちなみに、オイラの自動車保険は農協(JA)です。

兄ポッポの友愛の元になったという
博愛を実践しているのでしょう

その対象は同志のみで
敵と看做されたらギヨチーヌの露と消えるのみ

月へ行くべき

農協がきらいなわけじゃないでしょう。排除したいのは中央や地方のボスたちや農業団体官僚。
全中は不要。全農は集荷配送網だけ残して活用すればいい。農林中金はドジふんでばかりだから、いかに安楽死させるか。

そういえば、ミスター検討中は元気なんでしょうか。
ご入院程度で済めばいいんでしょうが。

民主党内の感情的なところは、外部から見た感じだとこの二つだな。

1)左翼的なアジア解放には、農政改革が必須
2)自民党の集票マシンな農協が嫌い

てか、どちらにしろ農協なんて終わりだがな。もちろん国内的にも要らないし。何より、外交の邪魔だ。
このままアメリカの圧力が増すと、逆に反発でこういう政策が加速したりしてよ~。
いや、ゲスの勘繰りだけど…。

難しいことは良く分からんが、米が安くなるってことか。
いいことだ。食わなきゃ死んでしまう主食となる作物が割高っていうのは、
他の国から見るとかなり異常な状況だと思う。

農林中金も斉藤次郎管轄で

農協並に農家の面倒を見ていく組織って作れるんかい
農薬の管理とか講習とか指導とか

「どーもそういう感じな気がしてならない」ですなあ。
私は農政寄りというより現場の人間だったから余計に思うのかもしれないけれども、あの記事に書かれているような思惑通りになったとしたら、現場は混乱して大変なことになるわけで。中途半端に経営してる農家や兼業農家はさようならっていう感じなのかな、まあプロ意識を持つ農家が増えるのはいいことなのかなあ、と思いきや戸別所得補償制度等で農家と直接手を結ぶとか、よくわからないんですよね。ていうか結べるのかそもそも疑問だけど。
あっそうか、戸別に金やるからおまえら変にプロ意識持つなってことなのかな!それは困ったなあ。

「どーもそういう感じな気がしてならない」ですなあ。
私は農政寄りというより現場の人間だったから余計に思うのかもしれないけれども、あの記事に書かれているような思惑通りになったとしたら、現場は混乱して大変なことになるわけで。中途半端に経営してる農家や兼業農家はさようならっていう感じなのかな、まあプロ意識を持つ農家が増えるのはいいことなのかなあ、と思いきや戸別所得補償制度等で農家と直接手を結ぶとか、よくわからないんですよね。ていうか結べるのかそもそも疑問だけど。
あっそうか、戸別に金やるからおまえら変にプロ意識持つなってことなのかな!それは困ったなあ。

>月へ行くべき

もう月や火星に行く時代ではありません。もっと手頃な星を探してください。

「月や火星探査の金ない」米・専門委が報告書
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20091023-OYT1T00405.htm

農協なんて、どーってことない。農地を国有地にして、貸し出すようにするしかないってこと。ただ、現行法ではこれは絶対に無理だから、事実上、国有地化できればいい。国側にまったく決定権も計画もできないのだから。それと、農民の移動ができないのが一番難点だよ。土地に縛られていて。結局、豊臣時代からやりなおすってことだよね。江戸時代の農業自体はかなり良かったと思うけど、難点は、米を基本通貨にしてしまったとこと、あとは農民を各藩の事実上の奴隷としてしまったことだね。移動の自由だけでもあげればよかったんだよ。それと、やらなければならないのは、農民の移民だろうな。国籍は日本のままで、受け入れてくれる大きな土地を外国にもとめるってことだろうな。ま、でもま、百姓は人間が強いからさ、どこまで政治家が切り込めるか、かなり難しいとは思うよ。どーせなら、日本が徹底的に一度貧乏になれば、やりやすくなるだろうけど。ま、よくわからんが、保険屋の若い天才には聞いてみたいな。

この本をお読みになられてはいかがでしょうか。
「農協の大罪」山下一仁 宝島社新書
農林省の官僚の方で、局次長をへて退職。経済産業研究所に在籍されているみたいです。
経歴の割には、というか、この経歴だからこそ、農協と農林族と農水省(と兼業農家)がいかに既得権益を守るために我が国の農業を使い物にならないものにしてきたかが、よくまとめられていると思います。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 物事を深刻にしすぎる人達 | Main | 【再】PHP新書『ネットビジネスの終わり』を上梓したんですけど »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ