« 我が息子の面構えがシブすぎて困惑している件について | Main | クソのようなノートンの思い出 »

2009.09.07

「ホモ定食」とな

 八重洲を日本橋方面に歩いていたら、赤く目立つノボリで「ホモ定食」とか書いてあった。よく見たら、単なるホルモン定食が翻って上半分がめくれていただけだった。疲れているのかなと思いました。

 雑誌の企画で、延び延びになっていた対談を二本まとめてこなしたのもあるんですけど、当たり前のことながら「民主政権になったあと、どうなるか分からないですね」という結論にしかならず。そんなもの、私だって分かりません。いま構想を実現しようと頑張ってる民主党関係者も、最終的な体勢像ははっきり見えていないのではないでしょうか。

 山崎さんが、ブログで「自民党はなくなるのではないか」と語っておられましたが、対談でご一緒した作家さんは「民主党が割れるのでは」と予想しておられ、別のお役人は「支持を失った後、自民とも連立する部分が浮上するかも」と考えておられます。誰にも実情は分からないのですから、いろんな見立てが成立しますからねえ。

自民党に再生の可能性はあるか
http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/51ad9092ec78fad16a295a7b21e5c7f8

 私個人で申しますと、やはり希望的観測というか、こうであって欲しい、という政治状況は確かにあります。保守主義者なもので、やはり活動家がバッジつけてる民主党が長期政権になってしまったら日本の産業はどうなってしまうのかと悲観的に考える部分は無きにしも非ず。ただ、自民党の旧弊が祟って官僚主導の政治過程は行き詰っていると国民が考えて、適正な民主主義的手続を経て信託を民主党が得たのであれば、特別国会後にこれを支えるのもまた良識ある国民の義務かもしれないと考えておるところです。

 失点を防ぐためには、とにかく無政府状態から如何に早く脱するか、政権移行の手続を迅速に済ませるためには何が必要かを考えなければならないだろうなあ、という風には思いますね。充分に仕事してもらった結果として、善政か失政かを次の選挙で問うのは良いけど、なんかgdgdして間誤付いているうちに諸事事態が進んでしまい何もできずに後手後手に回るというのは民主党にとっても国民にとっても不幸でありますので。


« 我が息子の面構えがシブすぎて困惑している件について | Main | クソのようなノートンの思い出 »

Comments

ちょっと、誰かこの馬鹿止めてよ

http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20090907-OYT1T00586.htm
温室ガス25%減、鳩山代表が明言

本当に今は一番読めないですね。やっぱりキーマンは小沢一郎と言うことになるのでしょうが。
彼の目的は来年7月の参院選の勝利であり、それまでの期間は10ヶ月しかなく、次の中間選挙まで1年3ヶ月近くあるオバマ氏に比べても状況は厳しい。
何かと、観念論に走りがちな鳩山さんに対して、小沢さんはとにかく年明けにはある程度国民に良かったと思わせる実績を作り、さらに正式な来年度予算で第2弾という形にしないといけないと考えるはず。

自民党に関してはどうかな。まず最大の悲劇はせっかく当選した小泉チルドレンを放置状態にした事でしょうね。そして、自民党というのはどういう政党というのかをどう再定義するかという仕事からとりかからないといけないでしょうけど、その辺誰が出来るだろう。
小沢氏は、今回の選挙では小選挙区の新人立候補者にある意味選挙のマニュアル(ベストプラクティス的な物)を示した。そして、新人達には今度は後援会組織の作成方法や政治資金の集め方などを教示していくことになるだろう。そして従来の自民党が持っていた「鵺」的なものを吸収していく事になる。
多少の失政があっても、自民党は次の衆院選でも恐らく強い相手と戦わざるおえない。

『ほっともっと』の略称は結局どうなったのかなぁ。

ウホッ

ウホッ

私は「おこと教室」を「おとこ教室」と見間違えたことがある。

しかし、政権交代しても、どうも世の中の空気がどんよりとしている。
そうこうしているうちに、働きたくても働けない者たちがヤバイことやらかすし、失業給付の期限が切れようものなら、益々治安が悪くなりそうだ。

毎日、新聞にはとりあえず目を通すようにしているが、どうも苛立ちを覚えるというか、何をもたもたやってるんだ!と突っ込みたくなる。

昨日から、夕飯食べた後、ベランダから夜空を眺めるようにしている。
月や星をボーっと眺めていると気分が安らぐ。
なにか気晴らしでも見つけないと、世の中に嫌気が差しすぎておかしくなりそうだ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 我が息子の面構えがシブすぎて困惑している件について | Main | クソのようなノートンの思い出 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ