« 大沼 | Main | お前らDeNAやモバゲータウンの悪口を言う奴は北に拉致されるといいと思います »

2009.09.11

シンガポールの現地法人って、ほんと働かない奴らばっかだよな

 シンガポールにはあんま「現地人」ってのがいなくて、USやオージーや中国人が流れてきてビジネス環境を作ってるイメージがある。とりわけ金融機関やらファンドやらが相手だと、シンガポール法人ってのはガワだけで、中身から出てくるのは日本人だったりアメリカ人だったりイスラエル人だったり。で、そいつらが雇ってるシンガポール駐在のオフィサーは良く休む。中堅以下のファンドとかでも状況が酷いと、タームシート要求してから数日メールが返ってこない、理由はそいつの部下が休んでるから、とかいうのがザラなんだよねえ。

海外の働き方にフィットする人、しない人。
http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-290.html

 上記引用の書き手はシンガポールでの働き方を総括して「海外」と書いてるけど、あれを標準として日本人の仕事観と対比するのは良くないと思う。あいつら本当に働かないですよ。一時期、金融やハイテクがバブル起こしていたから、調達が楽すぎる時期に起業した会社やアジア支店開設した会社が従業員の能力ボーダーを著しく下げたのが原因じゃないかと思うんだ。日本のバブル採用社員みたいなもんで、英語以外の語学がひとつできれば無条件で採用みたいなのが横行していたから、何でこんな奴がマネージャー、というのがゴロゴロしている。しかも良く休む。ユダヤ人なのに働かない奴とかいるんだぜ。仕事よりトライアスロンだ、みたいな。US系の金融機関では考えられない。kaifumichiのように西海岸の日本人コミュニティで働いている像や、その人の仕事のランクによっても、遅刻して許される階層の人と、なかなかむつかしい立場になってしまう人とはやはりおるだろうからな。

2008-09-30 ワーキングマザーの孤独
http://d.hatena.ne.jp/michikaifu/20080930/1222833004

 ソフトウェアの仕事とかしていると、日本人が考える日本企業の「社畜」の概念は、ドクトリンの問題だろうとは思う。酷い会社はやはり酷い。overloadedってレベルじゃないぐらいだけど、これ、英蘭系だろうが米系だろうがインド企業だろうが、発生するデスマーチはデスマーチで、あんま国ごとの文化的差異は感じない場合もある。研究職や医療系もそうかな。直接は見てないけど。

 私の偏見もあるかもしれないが、シンガポール駐在の外人部隊(日本人やアメリカ人など)は本当に働かない。本当に二人程度の要員で済ませるべき業務に1ダースも社員が居たりする。しかも、日々ガチに半分ぐらい休んでる。あれならオフィス機能だけマレーシアかどっかに移したほうがいい。本当に無駄だ。アレを標準として「海外」として、日本の仕事ぶりと比べるのは微妙すぎると思った。ドイツ人はやたら細かいことを要求するし、英蘭系は期日を守ることに命を賭けてる会社が多いし、日本は忠実な社員はいるけど無謀な営業が変な受注して日々デスマーチが起きているように見える、ただそれだけ(笑)。


« 大沼 | Main | お前らDeNAやモバゲータウンの悪口を言う奴は北に拉致されるといいと思います »

Comments

やっぱり、評価制度次第かな。
特に日本人の場合、労使ともに目的を間違えているのがいまだに多い。

http://homepage1.nifty.com/kameis/henkaku.htm

やっぱり、評価制度次第かな。
特に日本人の場合、労使ともに目的を間違えているのがいまだに多い。

http://homepage1.nifty.com/kameis/henkaku.htm

隊長がなめられているだけな気がするっていうか、隊長だけでなく、日本人はなめられるよね。

オレは、外人より働かないでヤバイぞ、(見えないところでは働く)という感じだから、ま、なんとかコントロールを自他できると思うけど。

ただ、日本人は、働いているそぶりを見せたがる。これは、上層下層もそうだよね。一番笑ったのは、下層でさ、口で、「さ、さ、さ、さ」となんかスピード感があるかのように働いているそぶり。最高に苦笑いは、一人が黙々と仕事をしている横で、もう一人がベラベラしゃべっていて仕事をしない。で、恐れ入ったのは、「俺の仕事の分はコイツがやっている」って、黙々の方を指差している。これって、どっかオエライ大企業の役員たちとまるで変わらないしさ。

ま、日本人の方も、働いているようで、かなり無駄は多いなぁ。だから、そこをなめられるんだろうね。

とにかく、アメリカが一番ダメだな。働きすぎて、仕事が覚せい剤みたいな状態だし、家族がいい迷惑だ。家に薬中がかえってきて、そのリズムでひきづり回すのだから。そもそも、人間の仕事量なんて、弥生時代の農耕が限界だよ。だいたい、食べて生きていかれれば、十分だよ。

なんか解るww
特にジャポニカのインパール体質。みんな一生懸命なのが笑えないとこ。

>働いているそぶりを見せたがる

最たるものは霞ヶ関。
部署の無限増殖。予算理由付けの弁舌の巧みさ。


まあでも、シンガポールの連中は、
まさか、ただ働きの訳もないし。

ただ働きだったら、なあ…話は全然違ってくる

フランス人やイタリア人、スペイン人もたいがいだと聞きますがどんなんでしょうか。

>海外の働き方にフィットする人、しない人。

みたけど。シンガポールやオーストラリアのそれ(しかもデザイナ職)と比べられても・・・と思うけど、日本人の労働観に関してはごもっともだと思う。
(日本って戦後、きちんと日本人で清算しなかったから、働き方もダラダラと奴隷的働き方になっているのだと個人的には感じるネ。)

ちなみに、国内US系の某証券会社なんて国内の労働より(治外法権化して)もっとヒドイ奴隷化してると思うのだけど、これはいかに?

いや、一番の違いは、日本はマネジメントがマネジメントとしての仕事をしていないこと、平社員が給料が低くても昇格が年功序列でも外資系企業のパートナー並みに頑張ること、マネジメントの仕事までこなすことが要求されること。
オーナー系企業の経営者を除いて、マネジメント以上~役員クラスが部下にぶら下がっているだけのお荷物で、平社員のみでありながら全てを要求される部下達にも、それをこなせる人は当然ながら少なくて、結果として一部の人に仕事が集中するのに、全然給与やポジションは見合っていない。一言で言えば、日本は働く人・できる人にとって割に合わない。役に立たないマネジメント以上~役員クラスなどの無駄なお荷物が多すぎるために、ホワイトカラーの生産性が先進国最低になっている。
これは、日本の外資系金融機関なんかと比べてもはっきり違う、日系企業の特徴。隊長は自主独立の人だから、わからんだろうけど。

こんなに働かないシンガポールが、一人当たりGDPで日本を抜いちゃってますから、へこみますよ。

ボクはシンガポールで働いていますが、現地の人たちはよく働きますよ。ボクが毎日自分の目で見ているのが特殊なんですかね。

ただ、シンガポール現地人の場合、招集されたときに軍隊入りしなかった人たちは、その後、毎年一回2週間くらいナショナルサービスをしないといけない。だから休むイメージがあるかもしれない。あと、シンガポールの場合はアジア地域本社の機能を持っている場合があるから出張も多い。それが「休む」というイメージに繋がるのかも。ボクは今月なんてほとんどシンガポールにいないですから。

外国人部隊には二種類います。現地採用と駐在。違いはパッケージがあるかないか。日本に帰ったときに職が保証されているかどうか。ボクは現地採用=傭兵です。傭兵は現地人と同じ扱いなのでやはりちゃんと働いていますよ。

駐在は知らないですけどね。

まあ、他人の仕事見て「あいつは働いてない」とか、上司同僚をさして「俺より出来ないのに給料だけはいい」などとぬかしてる奴のレベルなんかたかが知れてるけどね。
首にならない給料高いのは、そいつの方が「生存適応能力が高い」ということだし、上司からすれば、他人の仕事眺めてるお前がサボってるように見えるのが現実だよ。
ホントに優秀な奴は、しれっと昇進してレベルの高い仕事を任されてるよ。
周りのレベルが低いなと思ったら、自分も同じレベルだと感じるべし。

切込隊長が憎い・・・・切込隊長が許せない・・・・
ククク・・・・・ククククク・・・・・
クックックックックックッ・・・・・・・
ク-、ク-、ク-、ク-、ク-・・・・・・

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 大沼 | Main | お前らDeNAやモバゲータウンの悪口を言う奴は北に拉致されるといいと思います »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ