« オバマの支持率が5割まで低下 | Main | 忙中閑有 »

2009.08.28

農政について

 ちと現在大変忙しく… きちんと議論できる状況じゃありませんが、気になったので触れておきます。
 選挙期間中ですけど特定の政党の何かをあれこれするものではないことを事前にお断りしつつ…

農政に見る民主主義の罠
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20090827

 まず、引用されている東大本間教授のデータは真正なものです。ただし、そこから続く論理展開がまったく間違っているように見え、結論はとんでもない内容になっています。民主主義も一票の格差も本件では関係ありません。なぜなら、本間教授の引用物はあくまで米作における経済規模を段階別に分類したものに過ぎないからです。

 また、兼業農家が所得のごくわずかしか農業で稼ぎ出していない事情はその通りですが、ここには自家消費分が含まれておらず、本気で兼業農家が三万円程度の収入を維持するために農業を行っていると考えたのなら、かなりやばい論理構成になると思います。それに、これら小規模農家の投票行動が農業政策の良否で決定されるという投票行動分析は明示されていません。

 大規模農家は小規模農家に比べて効率が良い、だから大規模であるべきだ、というのは、ある程度賛成です。ただ、だからといって、小規模農家の経済性を否定する議論は意味がないかと思われます。中には退職されたあとの充実を求めて小規模農家になられる方や、代々農地を持っていてこれを守っている非選択の小規模農家も多数存在しているからです。

 もちろん、文中「この人達は本当に農家なのでしょうか?」とありますが、立派な農家ということになります。

 さらに、chikirin氏の分析では畑作や果樹作の小規模農家はごっそり範疇から外れています。山間地で農地を集積できず、わさびやみかん、茶などを栽培している農業人口はまるで無視され、高度集約したり大規模化がそもそもできない地域の農業を、水田米作のように法人化が割合容易な世界と同じレベルで比較する論理的ミスを含んでいると考えざるを得ません。

 高度集積等の問題については、まあ面倒くさいのでこの辺の資料をあたってもらえれば分かるかと思うんですが、農地の集約化は、とりわけ農業を主たる収入源としているグループではそれなりのスピードでとっくに進んでいるのが現状です。米作でいうなら硬直化した米価や、減反政策の微妙な失敗、農協などファイナンス側の不充分な対策といったあたりは農業政策の失政として槍玉に挙がるんだろうとは思いますが、生産性という意味ではchikirin氏に言われるまでもなくここ十数年は上がってきているように思います。

 単に、貿易が自由化されたときに円が強すぎて農家の合理化努力だけでは根本的にどうにもならないので、都市部への生鮮食料品の提供で随時配送できるよう、むしろ農家自体が小口化、多様化していっているというのが実情だろうと考えられます。

http://www.stat.go.jp/data/sekai/04.htm

 で、そのうえで民主主義的な一票格差の問題に論理展開しておられますが、要約すると「農業は大規模化して効率化するべき。それが変えられないのは、老人など小規模農家の政治的発言力が強いからである」というような内容になろうかと思います。

 まあ、一理あるといえばあるんでしょうが… もし、アメリカやカナダのような大規模農家を日本でも出現させ、国際市場に通用するような農業を実施するのだ、という話になりますと、小麦や大豆など世界市場で標準的に取引される価格まで下げられる見通しが立たないと駄目です。

 相場やってりゃ分かると思うんですけど、国内で調達できる小麦なんて二倍以上国際価格より高い、すなわち230%から280%ぐらい合理化して、やっと競争力が出る状態です。大規模農家に転身させるためには資金調達が必要になるんですが、そんなところに誰がファイナンスしますか、という問題意識は普通持つでしょう。

 だから、より消費者価格が上げられるように、無農薬にしたり、産地直送で毎日集荷毎日配送できるように工夫したり、いわゆる都市部のオールシーズンの需要に応えられるようにしているのだと思いますが、これを支えているのは小規模農家群でもあります。

 たぶん、chikirin氏は農政における現状や、一般的な議論、基礎的なデータを当たることなく、単に規模別に分類された農家の所得と就労者年齢を見て、牽強付会気味に民主主義の問題点へと議論を拡散させてしまっているのだと思います。というか、「それは、「子孫に美田を残すため」です」とか論理的に論外で… 新規就農者に退職された高齢者が多かったり、一次産業の割合が多い地域で就農している人はそもそも跡取りがいなくて美田どころではない状況だったり、日本の過疎部における農業自体の持続性が懸念されている状態で、その議論はあまりにも質が低いとしか言いようがないと感じました。

 長年の自民党政治の帰着点として、農政がこれから改革されなければならない、というのは同意。でも、貿易体制に対して関税などによる障壁が撤廃され、日本の農業が環境に適応するために都市部需要に柔軟な対応を進めて現在に至る、という現場努力を無視した議論は幾ら積み重ねても意味がないと思うけどね。


« オバマの支持率が5割まで低下 | Main | 忙中閑有 »

Comments

長々書いてるけど、

>相場やってりゃ分かると思うんですけど

言いたいことはこれ(↑)だけだな。

「子孫に美田を残すため」です」は農家の思考停止を表現しているだけだよ。

はてブから

>mangakoji ほとんどの農家は転売目的で、土地転がししてるダケでしょ?あと、全ての工場は自家消費分にも税金払うけど、なんで農家は課税されないの?

転売目的が主ってソースはどこにあるんだろう
農家にも課税されてるよ

>elm200 農業 そこまで保護してまで、残さなければならないものなのか、農業は?そこで犠牲になる非農家の利益はどうなるよ?要するにやってることが、フェアじゃないんだよ。

それは隊長の本文で減反や米価の失政、という表現で総括されてる
民主主義でフェアかどうかだけで判断されたら、人口が大田区より少ない島根や秋田は死ねというに等しいからなあ

難しいね

本当に筋金入りの保守主義者だ
論理が首尾一貫している

問題なのは、農業委員会で、ここが公平な機関として成長していないこと。もうひとつは、農水省の天下り。一般農家は、自由競争になんだかんだで晒されているのに、あたかも保護されているかのような錯覚を植えつけているのが、まるで洗脳みたい。農村社会が社会として自立自尊させないと、いつまでたっても、税金が無駄に使われるんだよね。もう、政治や経済の問題というより、社会学の大問題だよ。歪な生活を農家をずっとしていて、おかしい。

で、社会というのは、資料を読んでいるだけでは絶対にわからない。フィールドワークが必要なんだよ。これがないから、とんでもない論理でさ、変なプロパガンダになる。

ついでに、農家の経費が高いのは、狭いのに、耕運機を所有しているんだよ。リースじゃない。もう、それぞれの農家で、トラック、耕運機、自家用車、自宅、農作業用の建物や倉庫、昔は、地主が所有していたものを共同で計画利用していたのに、もと小作人の歴史を背負っているから、地主になりたいわけさ。また、そういうものを買わせようと、洗脳みたいなさ。これは、聞いたんだよ。農家の人に。で、結局は、儲けている企業や団体があってさ。

ま、崩壊するまで、いくんじゃないかな。精神的原爆を二つ落とされるまでダメかもね、答えは簡単で、共同で力を合わせられればいいだけなんだ。農業の株式会社化には、オレは反対。投機に利用されるから、嫌だ。素直に健全な農村社会を作れるかどうかだよ。農家同士って、どうも仲がわるくて、仲間とかいって、結局、イジメ体質そのものみたいだし。

ちなみに、日本のネット社会も気に入らないな。なんで、社会をぶっ壊すようなことするんだか。結局、一番強いのは、社会を作れている団体なんだよ。

金金金金の金づくし、何が何でも効率優先を語り尽くす隊長が弱小農家の見方なんて不思議だわw
全部読んでないけど。
冗長でw

金金金金の金づくし、何が何でも効率優先を語り尽くす隊長が弱小農家の見方なんて不思議だわw
全部読んでないけど。
冗長でw

日本で大規模化といっても、限界があると思うんですよね。

グローバルスタンダードや世界相場と喧嘩するとなると、極端なに言うとブラジルのエタノール用のサトウキビ畑のような超大規模農業とのセメント勝負になってしまうんで。小規模でも儲かる手を考えたほうがいいと思うんです。(自給率とか食糧安保の問題は無視すればですが)

高くても売れるようなブランドづくりが必要だと思うんですよね。バカ高くても中国米じゃなくて日本米を買うような「流石だよな俺ら」とか言ってしまう毛唐の日本食マニアが出てくれるようにするとか。何しろ、生死不明の独裁者も「日本の米は美味い」と言っているくらいなんだから。

 あの人パフォーマーだからねえ。隊長みたいに好き勝手やってたらいつの間にかウケてたんじゃなくて、ウケようと思って文章書いてるタイプ。

 わざわざ突っついても可哀想なだけじゃないすか。向こうさんも今さら築き上げたポジを投げ捨てるわけにもいかんだろうし。

たいしたものだ
良かれ悪しかれ一貫してるね

ところで話は変わりますが、議論や論理展開を重視したエントリーということに絡めてお聞きしたいです。

またまたソフトバンクが個人向けに高利の社債を発行するそうです。以前から幾度となく経営危機を指摘されておられると思いますが、なぜソフトバンクの経営が危険だとと思っているのか、きちんとした論理展開でエントリーを書いていただけないでしょうか。

ヤバイヤバイというだけで、根拠をしっかりと説明なさる方が誰もいないので。

ところで話は変わりますが、議論や論理展開を重視したエントリーということに絡めてお聞きしたいです。

またまたソフトバンクが個人向けに高利の社債を発行するそうです。以前から幾度となく経営危機を指摘されておられると思いますが、なぜソフトバンクの経営が危険だとと思っているのか、きちんとした論理展開でエントリーを書いていただけないでしょうか。

ヤバイヤバイというだけで、根拠をしっかりと説明なさる方が誰もいないので。

民主党政権になれば農作物輸入禁止になってみんなコメを食べるようになりますからバッチリですよ。目指せ食糧自給率100%!!

>論理が首尾一貫している

毎回本当に容赦ないよなw
隊長は投資家の目で農業の現場を見ているよ

田舎の兼業農家はパチンコ大好きです。毎日朝鮮玉はじき。
そんで年金がっつり受け取って金がなくなっちゃって寂しいときは病院に入り浸り。

死ねと。

>ヤバイヤバイというだけで、根拠をしっかりと説明なさる方が誰もいないので。

負債状況で根拠は十分では。
むしろ、乗り切る根拠が、禿力以外に見出せない。

つーか市場にはソフバンに限らず、なんでこの企業
未だに上場を続けられるんだろ?って企業
多いよね。
一桁株価の連中は言うに及ばず、1株幾らの新興系の
企業とかさ・・・

隊長なにしったかしてんの? 無理しなくていいよ

>隊長なにしったかしてんの? 無理しなくていいよ

情弱アンチの典型だな

>>隊長なにしったかしてんの? 無理しなくていいよ

>情弱アンチの典型だな

まったく。現実見ろよな。銭は自分の頭で
稼ぐもんだ。

この方以前に民主ヤバイって記事かいてた気がするんですが、
いつの間にか民主よりの論調ですねー。

どこぞで対談してた上杉氏か鳩山の秘書官になるかもなんてニュースも流れてますしなんだかなーと。この方以前に民主ヤバイって記事かいてた気がするんですが、
いつの間にか民主よりの論調ですねー。

どこぞで対談してた上杉氏か鳩山の秘書官になるかもなんてニュースも流れてますしなんだかなーと。

偽農家は3万そこらを稼ぐ為に偽農家をやってるんじゃなくて、
持ってる土地の固定資産税を大幅に下げる為に偽農家をやってるって話では?

農地ってのとその他の地区分では固定資産税の額が全く違うってを
無視するのはどうかと。

隊長は農業について語る前に食物繊維をちゃんと食って痩せるべき

いくつか反論したいところがあるのですが、長くなるので一つだけ。
「大規模化・高度集積している所もあるが、それと小規模農家の経済性は関係ない。国際競争力で言えば大規模化しても心許ない、柔軟にやっている小規模農家群もある。」
こういった考えをお持ちのようですが、柔軟性どころかビジネス性のない農業をやっている兼業農家が大多数を占めているのは一つ事実です。彼らはただ農地を遊ばせ農政に甘えているだけです。
またそういった大多数を占める小規模農家が分散零細錯圃と言われる農地を手放さないために、農地の流動化が阻害されています。高度集積したくてもできない農家が山のようにいます。競争力を強化したくてもできないのです。
「子孫に美田を残すためだ」という考えは確かに論理的とは思えませんが、あなたにももう少し農政における現状や、一般的な議論、基礎的なデータを鑑みていただきたいです。老害的農家が消えなければ、少なくとも農地という面で「柔軟な現場努力」は進展しません。

>農地の流動化が阻害されています。

出た
流動化w

歴代の拝金主義詐欺野郎が好むバズワードw

ノーキョから仕入れないと村∞分

>ただ農地を遊ばせ農政に甘えているだけ

 こんなふうに闇雲に引っぱたいても全然建設的じゃないよねって話じゃないのん? 大事なのは教条じゃなくてどうやってインセンティブ弄るかってことであってさ。理念は良いけど手段が全然語られてないよね。

 別に啓蒙目的のポジショントークが悪いって言うつもりはないけど、それにカウンターが打たれないってのも不健全の極みだから隊長みたいな言説も必要でしょ。まあ意地悪だなとは思うけどさw

 しかし、日本のウェブ界隈にはセクト化せずに建設的な対話を繰り広げてる集団ってないのかなあ? あれば是非ウォッチしてみたいわ。参加できるだけの地頭はないがw

最後だけ語尾が違うのが少し気になった

俺が中国なら規制緩和した農地を買い集めるね

だとしても補助金や関税で農家を守るのには賛成できない。
これからも農家は国際競争の舞台に参加できるように努力していって下さい。

だとしても補助金や関税で農家を守るのには賛成できない。
これからも農家は国際競争の舞台に参加できるように努力していって下さい。

食料自給率100%の話も極端ですな。
アメリカが公共事業で国産品しか使えなかったり、EUが情報機器の流入に恣意的な制限をしたりしている。
各国ともそれなりに、鎖国しているわけだ。

そのブログの注釈2で触れられてる、偽装農家の記事は、目を通されましたか?
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090223/187014/
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20090302/187760/

あ、さっきの偽装農家のリンク先は、ブログの注釈の記事そのものじゃないです(念のため)。同じ人物の、過去の指摘。

切込隊長さんは、他人の議論を歪めすぎていませんか。忙しくてまともな議論ができないならば、落ち着いたときにまともな議論をするというのが、コメントを送る相手に対する最低限のマナーではないでしょうか。

>民主主義も一票の格差も本件では関係ありません。なぜなら、本間教授の引用物はあくまで米作における経済規模を段階別に分類したものに過ぎないからです。

まずはこれについて。はてなのトピ主は、本間教授のデータを「民主主義や一票の格差」の問題の直接的な根拠としているわけではなく、ここからトピ主が引き出していることは、「水田農家の多数を占める高齢者は、小さな田んぼで非効率的な生産を行なっているが、兼業農家なので生活はできている」ということです。それとは別に、地域別の有権者の構成に関するデータを持ってくることで、「民主主義や一票の格差」云々という結論を導いているわけです。したがって、切込隊長さんが行なってよいことは、本間教授のデータとトピ主の結論が関係ないことを指摘することではなく、トピ主によるデータの読み方や論理展開そのものに対する指摘をすることです。少し乱暴だと思います。

>本気で兼業農家が三万円程度の収入を維持するために農業を行っていると考えたのなら、かなりやばい論理構成になると思います。

はてなのトピ主は、その理由を「三万円程度の収入を維持する」ことに求めているのではなく、農地を維持することで税制面で様々な優遇措置が得られるからであると議論しています。おかしくないですか。

>さらに、chikirin氏の分析では畑作や果樹作の小規模農家はごっそり範疇から外れています。

これについても、はてなのトピ主が有権者の数として出している数字はそもそも水田農家に関わりのある人の数字であって、そうであるにも関わらずその数は多いから、数の力を持っているということが真意ではないでしょうか。

貿易の自由化云々の話については、おっしゃる通りだと思いますが、その議論はトピ主の話を下敷きにする形で展開する必要は全くないと思います。

最後に、相手の議論を「質が悪い」という言葉で片付けておきながら、反論を裏付けするデータを出さないのも、おかしいと思います。

切込隊長さんは、他人の議論を歪めすぎていませんか。忙しくてまともな議論ができないならば、落ち着いたときにまともな議論をするというのが、コメントを送る相手に対する最低限のマナーではないでしょうか。

>民主主義も一票の格差も本件では関係ありません。なぜなら、本間教授の引用物はあくまで米作における経済規模を段階別に分類したものに過ぎないからです。

まずはこれについて。はてなのトピ主は、本間教授のデータを「民主主義や一票の格差」の問題の直接的な根拠としているわけではなく、ここからトピ主が引き出していることは、「水田農家の多数を占める高齢者は、小さな田んぼで非効率的な生産を行なっているが、兼業農家なので生活はできている」ということです。それとは別に、地域別の有権者の構成に関するデータを持ってくることで、「民主主義や一票の格差」云々という結論を導いているわけです。したがって、切込隊長さんが行なってよいことは、本間教授のデータとトピ主の結論が関係ないことを指摘することではなく、トピ主によるデータの読み方や論理展開そのものに対する指摘をすることです。少し乱暴だと思います。

>本気で兼業農家が三万円程度の収入を維持するために農業を行っていると考えたのなら、かなりやばい論理構成になると思います。

はてなのトピ主は、その理由を「三万円程度の収入を維持する」ことに求めているのではなく、農地を維持することで税制面で様々な優遇措置が得られるからであると議論しています。おかしくないですか。

>さらに、chikirin氏の分析では畑作や果樹作の小規模農家はごっそり範疇から外れています。

これについても、はてなのトピ主が有権者の数として出している数字はそもそも水田農家に関わりのある人の数字であって、そうであるにも関わらずその数は多いから、数の力を持っているということが真意ではないでしょうか。

貿易の自由化云々の話については、おっしゃる通りだと思いますが、その議論はトピ主の話を下敷きにする形で展開する必要は全くないと思います。

最後に、相手の議論を「質が悪い」という言葉で片付けておきながら、反論を裏付けするデータを出さないのも、おかしいと思います。

切込隊長さんは、他人の議論を歪めすぎていませんか。忙しくてまともな議論ができないならば、落ち着いたときにまともな議論をするというのが、コメントを送る相手に対する最低限のマナーではないでしょうか。

>民主主義も一票の格差も本件では関係ありません。なぜなら、本間教授の引用物はあくまで米作における経済規模を段階別に分類したものに過ぎないからです。

まずはこれについて。はてなのトピ主は、本間教授のデータを「民主主義や一票の格差」の問題の直接的な根拠としているわけではなく、ここからトピ主が引き出していることは、「水田農家の多数を占める高齢者は、小さな田んぼで非効率的な生産を行なっているが、兼業農家なので生活はできている」ということです。それとは別に、地域別の有権者の構成に関するデータを持ってくることで、「民主主義や一票の格差」云々という結論を導いているわけです。したがって、切込隊長さんが行なってよいことは、本間教授のデータとトピ主の結論が関係ないことを指摘することではなく、トピ主によるデータの読み方や論理展開そのものに対する指摘をすることです。少し乱暴だと思います。

コメントは承認制ですか。連投してすいません。

>「水田農家の多数を占める高齢者は、小さな田んぼで非効率的な生産を行なっているが、兼業農家なので生活はできている」ということです。

そのデータそのものが農家全体や農政を批判しうる内容じゃないし、それに地域別の有権者構成を組み合わせたって民主主義の現状批判にはもっていけないだろ
結論がおかしいことを指摘するのは別に間違ってはおらんと思うよ

>>通りすがりの学生

統計の読み方を知らんのかな
米農家の所得と従事時間に関する農水省の統計を読んでから出直すといいよ

長々連投してるけどまったく的を射ていない
うちのゼミ生だったら居残り再レポートレベル

>>通りすがりの学生

統計の読み方を知らんのかな
米農家の所得と従事時間に関する農水省の統計を読んでから出直すといいよ

長々連投してるけどまったく的を射ていない
うちのゼミ生だったら居残り再レポートレベル

>うちのゼミ生だったら居残り再レポートレベル

「俺のシマじゃノーカンなんだよ」っていうのを思い出した

いろいろとあなたの過去ログを読みました。しかしながら、あなたの基本的なスタンスがわかりません。
でも国内の生産物に関係ない相場師さんだから、『結局は自分が稼げりゃあいいんじゃね』という姿勢は手に取るように理解はできます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« オバマの支持率が5割まで低下 | Main | 忙中閑有 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ