« 百度&クリークアンドリバーの提携でインサイダー騒ぎ | Main | 「経済学」はどうやって学ぶべきなのだろう »

2009.07.10

人間の支出における「コミュニケーションコスト」って一定なんだよね…

 忙しいのでメモ書き風に、ちんどん屋の話。そば屋が開店して、ちんどん屋が大通りを流してそば屋の宣伝をする。ちんどん屋が得られるのは、そば屋が支払えるだけのコスト。総体でみて、江戸中の広告宣伝の総量は、ちんどん屋の努力とは関係なく、そば屋など江戸で業務をしている店子の売上に依存する。売上が増えなければ広告宣伝費が払えず、投資ができなければそば屋が開店できない。

 枠をさらに広げて、コミュニケーションに支払えるコストの限界量というのも存在する。広告も通信も報道も、全部社会からするとコミュニケーション。それそのものが、付加価値を与えているわけではない。ただ、より効率よく社会を動かすためのツールだ。

 その業界規模は、すべて実態社会の需要から導き出される数字に依存する。広告業界の大きさはGDPの1%といい、投資銀行はその国の市場規模の0.6%程度が天井になる。

低所得者のネット利用率低下…情報通信白書
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090710-OYT1T00379.htm

 ネット利用時間、利用率という点では、利用総量、利用に対する金銭の支出度合いというのは必ずしも分からないから、なんともいえないところだけれども…。白書読んでて思ったのは、通信業界全体の「飽和」という考え方。いや、もともと通信という世界は飽和していたんだよ。だけど、何か需要の実態を超える妄想のような売上目標を前提に投資を集めてマネーが入り込んできてしまったから、効率の悪い赤字会社が吐き出す赤字も業界全体の業績にゲタを履かせる形になっていた。

 もともと飽和していた業界に、携帯電話やADSLや光回線やポケベルといった新技術が流入し、需要が喚起されることでインフラが置き換わる過程に過ぎなかったんだよ。結局、黒電話が各家庭に普及していた率とそう変わらない結果に落ち着いてきたのは、私たちの家計が収入に見合った通信費の支出、すなわち情報を摂取するコストを調整した結果、あるべきポジションに落ち着いたに過ぎない。

 もちろん、そんなこた最初から誰もが分かっていたのだが、通信バブルとか実際に起きて、儲かりそうだという話になると、需要とか市場規模の総体とか考えずに「これはいけてる」と思って突っ込んで逝ってしまうわけだな。技術革新が行き渡って、誰でも携帯電話を持てるようになって、便利になってしまえば当たり前のようにそこに支払うコストは従前から支払っていた金額の範疇に落ち着く。

 夢も希望もない言い方だが、元からそんなもんだ。終わり終わり。


« 百度&クリークアンドリバーの提携でインサイダー騒ぎ | Main | 「経済学」はどうやって学ぶべきなのだろう »

Comments

あともう一点だけ、補足すると、人間が「コミュニケーション」(ないし情報)にかけたい/かけられる時間・労力・(金銭的な意味でない)コストも一定の枠の中にあって、その中で取り合いが起こってると思う。

例えば、ネットする分TV見なくなったし、メールする分電話しなくなったし、ブログにしても、隊長のところとか読んでて中身のあるものほんのいくつかしか見なくなったし。

それにしても隊長は受験してないのに文章うまいよね。慶応の底力?それとも読書がお好きだったのかしら。

遠回しな物言い&結果長文過ぎてダルいという、京都人真っ青な駄文も時々ご披露なさってます。

こみゅにけーしょん
少なくてもアカンけど
過剰だととウザい
たまには一人もいいもんだ

あれ?切込ってモノヅクリ教だっけ
>広告も通信も報道も、全部社会からするとコミュニケーション。それそのものが、付加価値を与えているわけではない。

広告も金を出すクライアントの投資費用が一定である以上、媒体間のゼロサムゲームにしかならん
わけです。

特に、個人消費が冷え込んでいる中で、貧者のメディアであるテレビ(最近ではネットや携帯も含むのかな)で貧者向けにいくら広告をうっても効果は無いでしょう。個人的には絶好調のユニクロの広告費がどの程度のものなのかが気になっています。(カレンダーとかも広告に含むのかな)

サトウの切り餅の事例もあって、広告に対する懐疑的な傾向は、より強くなるでしょうし。携帯の広告も消費行動が明確に見えないとつらいでしょうね。

インターネット媒体で飯を食ってる僕が言うのもアレですが、元記事の「ネットやらない=情報弱者」って図式ってが、そもそもおかしいかと。

1ヶ月ほど仕事が忙しく、プライベートでネットの繋がなくても不自由しなかったもので・・・。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 百度&クリークアンドリバーの提携でインサイダー騒ぎ | Main | 「経済学」はどうやって学ぶべきなのだろう »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ