« 読売新聞、GIGAZINE側に立って楽天に対しまさかの宣戦布告 | Main | 何が何だか分からない人専用リンク集 »

2009.06.05

楽天の「やむを得ない事情」ってさあ

 楽天がさっき脊髄反射をしたらしく… 商慣行上は許容範囲で、個人情報保護法でも認められている見解なんだろうけどさあ。

http://www.rakuten.co.jp/help/whatsnew/

 話を聞きに逝ったのは読売新聞社の東京本社社会部の河村武志記者かもしれないが、事実関係は間違っていないし、事実誤認で「消費者の不安を煽るようなミスリーディングな記事」と言っても、嘘はまったく書いていないな。

 スパムの件は少なくとも楽天は説明する義務があるだろう。楽天が意図的にリストを流したわけじゃないとしても、特定の不良業者が何らかの対価を得て楽天の顧客名簿をスパム業者に流しただろうことぐらいまでは分かっていておかしくないだろ。

 あるいは、「やむを得ない事情」で個人情報を提供した「上場企業」が個人情報をスパム業者に流したっていうことを暗に言いたいのか? で、「楽天は悪くありません」と言いたいのか? まあ、板ばさみになって可哀想な部分もあるかもしれないけど、涙を拭いてタイムカード押して家帰ってクソしてビール飲んで寝ろ。


« 読売新聞、GIGAZINE側に立って楽天に対しまさかの宣戦布告 | Main | 何が何だか分からない人専用リンク集 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 読売新聞、GIGAZINE側に立って楽天に対しまさかの宣戦布告 | Main | 何が何だか分からない人専用リンク集 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ