« アメーバブログの水増し問題と共産主義 | Main | 本格派キチガイ政党の出現 第二章「自民・民主両党議員で信者が100人」 »

2009.06.02

おい望夫! ヤフーで賭け将棋しようぜ (追記あり)

 前編がぶっ飛んでた分、後編は何となくそんなもんかなとすんなり読めたんだが。もちろんタイトルは煽りな。

Web、はてな、将棋への思い 梅田望夫さんに聞く(後編) (1/3)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/02/news062.html
ヤフー将棋
http://games.yahoo.co.jp/games/login.html?page=shg

 人間、30歳超えたら「だいたい俺の人生こんなもんかな」って諦めがつき始めるじゃん。超一流なんて遠いよなと彼我を比べて分を知るというか弁えるようになるしな。webだろうが将棋だろうが限界の見えたヘボは一生ヘボなんだから、無理に超一流に絡もうとしないで実力に見合った将棋指せばいいじゃないか。

 将棋だって日本で愛される娯楽なんだから、まずは日本できっちり将棋が面白がられる環境を作ってから輸出したほうが責任ある立場なんじゃないの。日本で売れなくなったピンクレディがアメリカ挑戦するようなもんだろ。だいたい、はてなのアメリカ逝きだって、日本ですら中途半端なのにアメリカで成功するわけないことぐらい分かっていたから止めようとしたんだろ。成功の可能性が見えないのは現地にいた梅田さんが一番分かっていたはずだ。それを止めなかった梅田さんは人間としては偉いけど取締役としては株主の利益を毀損する行動を見逃したに過ぎない。仕方ないだろ、英語圏から見てはてなというサービスやjkondoという経営者自身が超一流ではないんだから。

 だけど超一流というのは、ただ単独で一流なんじゃない。様式とルールがあって、それを支えるプレイ人口がいて、初めてモノの良し悪しが周知され、そこで競争が行われて勝ち上がった限られた人間が超一流とピラミッドの下から思われるんだよ。羽生さんを崇めるのはいいが、C3リーグで最高齢でも頑張る加藤一二三さんをはじめ、多くのピラミッドの底辺を忘れている。才能はただ属人的で独立した存在じゃないんだ。才能のない人間も引き寄せる懐の広さがなければいけない。梅田さんがはてブのコメントを馬鹿呼ばわりしたのと同様にね。多くのユーザーが集まり、質の低い人も裾野で参加しているからピラミッドの頂点は高くなり、超一流のはてなーとしてotsuneが賛美される。聖なるかなotsune。

 将棋? いや将棋は確かに面白いけど。私の父は五段だし、私自身はなんちゃって二段だ。羽生さんに限らず、たまに興味が持てば棋譜も読む。最近はあまりやらないけど、お布施だと思って年間幾らか払ってる。私も、塾生時代から将棋を打ってきたし、強い棋士は好きだ。そういう強い棋士たちの生計と権威を支えているのは、将棋協会への会費や将棋世界の購読料を払ってる広い底辺の将棋ファンだ。誰でも才能のなさゆえの下手糞な将棋も指すよ。自分で将棋指しても泣くような手を打つさ。

 ネット? 確かにネットは広いよ。日本語圏も英語圏も、そりゃブログやったりwikipediaがあったり、産業として多くの企業が収益を上げてそこにある。私もwebは生活の一部になっている。でもそういう存在を支えているのは、webで時間を使って買い物をしたりweb向けの設備投資をしている広い底辺のユーザーやネットワーカーだ。誰もが誤解に基づいた下手糞なぶくまコメントも残してるよ。私だってキチガイに粘着されて炎上したさ。

 たぶん、梅田さんは会社を大きくするのが嫌だとかそういうことじゃなくて、企業経営者として利益を出すかどうかで判断され、能力を分別され、果てしない競争の世界に身を置く勇気がいままで持てなかったから、第三者であろうとするのさ。評論家やベンチャーキャピタリストとして出てきたはずなのに、評論家じゃなくなって、経営コンサルタントと言う。物書き評論家の世界は競争が激しいからな。

[引用]Webというのは、僕自身がこれからも、最先端の「炭坑のカナリア」的な人体実験を繰り返す上で素晴らしい道具なので、相変わらずWebをモチーフにしたものを書くとは思うけれど、それが評論と言えるものになるかどうかは、よく分からないですね。

 将棋をシリコンバレーで見るのが最先端なんでしょうかね。将棋を指している現場が最先端でしょう。梅田さんは最先端であり続けるための競争を放棄して、「現代将棋を誰も構造化していない」とか言い始める。現代将棋を構造化するのは将棋を実際に指す人がやるべきことだよ。ゲームも然り。コンテンツも然り。webもそうじゃないかな。

 それよか、はてなにはユーザーがこれだけしっかりいるんだし、取締役としてしっかり経営に参画し、サービスの向上と収益の拡大を図るよう努力して欲しいと思います。将棋とシリコンバレーなんてどうでもいいだろ、正直なところ。好きにやってろ。でもそっちの話ばかり濃いんじゃ、はてなの経営は「片手間」と思われても仕方がない。はてなのサービスや経営に関する評論を受けてもきちんと回答できる状態になってから、ハイソな活動に精を出したら皆が幸せになるんだと思うけど、otsuneはどう思うでしょうか。

(追記 6月3日 2:43)

 文中、加藤一二三九段と有吉道夫九段のC2を取り間違えておりました。どこで記憶違いしていたんだろう… 訂正いたします。

梅田望夫は「残念」なただ一つの理由
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51219908.html

[引用]余談だけど、30過ぎて脱童貞・脱独身した人が「あきらめがつき始める」言っても説得力ゼロだね、残念!

 それを言われると弱いが、愛情を初めて知ったんだから仕方がなかろう…。貴兄とは違うのだよ(笑)。

[引用]梅田望夫が残念なただ一つの理由、それは梅田望夫が梅田望夫自身を裏切っていることだ。

 梅田さんが言行不一致ってことだけかい? それこそ、前から分かっていたことじゃないのかな? 梅田さんは別に最初から「あちら側」の人ではなかったろ。だけども、概念はきちんと持ってくることができた。それが梅田さんの最大の功績であり、「ウェブ進化論」が売れて、web内で梅田さんを権威たらしめている理由になっている。

 梅田さんが一流ではなく一流を目指さないと言っているのが正だとして、「梅田望夫の今の自己評価は低すぎる」というのは、dankogaiは彼にどうして欲しいと考えているのだろう。自己評価を高く持て、ということか? dankogai的には、日本には他に褒めるべきものが沢山ある(とdankogaiは思う)のに、梅田さんが「好きを貫け、人を褒めろ」と説いた精神と合致しないという一点で、21世紀最大の残念インタビューだと論じるのだろうか。

[引用]しかし、梅田望夫の言動に耳を傾ける「こちらがわの人々」は、そういう彼らを貶めることが出来る。採用を通して、人事を通して、選挙を通して。

 この論述も良く分からん… 採用や人事や選挙がどうして出てくるの? まあ、おぼろげながら、dankogaiの意図は分かる気もするが…。

 でも、梅田さんが論じた「ウェブ進化論」の骨子となった、こちら側とあちら側の論理は、現在のwebのあり方では対立する概念同士ではなく、共存/並存するものだと理解するのが一般的だと思うよ。単純に、梅田さんの周囲半径3メートルと、dankogaiの周囲半径3メートルがびっくりするほど重なっていないから、dankogai的に見て梅田さんの議論に一貫性がなく言動不一致に感じられ、結果として「梅田望夫が梅田望夫自身を裏切っている」という論旨に繋がっていくという話に過ぎないのではないかな。

 しかし… どんどん梅田さんに救いがない方向に議論が広がっていくな…。

(追記 3:32)

 あー。上の文章、dankogaiに「梅田さんは一流ではない」と誤読されたからそういう議論になったのか…。私は「梅田さんは実践者ではない」から、保持する権威や影響力をきちんと行使する方向で努力しようぜという論旨に過ぎなかったのだが。納得いった。

« アメーバブログの水増し問題と共産主義 | Main | 本格派キチガイ政党の出現 第二章「自民・民主両党議員で信者が100人」 »

Comments

いいか、隊長。よく聴け。おれは大事な事を将棋指しとして言うぞ。

将棋は打つもんじゃねぇ。指すもんだw。
将棋を打つって言うと、じいさんに怒られるかな。
これから気を付けろ。

将棋界には、団鬼六がいる。彼のエッセイは最高の日本語だぞ。SMもいつか読みたい。図書館にない。

otsuneくんを召喚するには、モヒカンと書かないと、こない。書くと、絶対にくる。どこにでも来る。きっと、このコメントを読んでやってくるだろう。藁、モヒカン。

ちょっと、隊長の文を読んで、気分が晴れた。まぁ、いいんじゃないの。そのうち結果がでるだろうさ。人事って、もっとも恐ろしい形ででるもんさ。オレなんか、ただ、気分の問題だけど、生活かかっているカァーちゃんたちは、もう、モヒカンだぞ。モウーヒカン。

オレがちょっとだけお世話になった有名なPC出版会社は、人事の割れ方がすごかったよな。創業の3人のうち、二人がぬけて、そうしたら、オレがいたところの、天才三人がぬけて。人事のことの前にオレはやめていたけど、外にいてニュースになるたびに驚いていた。最後は、残っていた創業のゴッホ、ゴッホ、言う人までぬけてさ。人事が濃くてうまくいってたところほど、そうなるんだろうけどね。

まぁ、一番、驚いているのは、しおさんかもな。カナダ人ではてなが大好きで。気の毒だよなぁ。はてなは日本人の典型的集まりかとおもったら、アメリカ人みたいな経営で。そうだ、モヒカンのメンバーになればいいんだよ。

さぁて、寒天にはちみつかけて、食って寝よう。モヒカン。

ウェブのおかげで「一身にして二生」とか壮大なこと言ってたのに、将棋とかショボイこと言ってるからヘボ扱いされるんだと思うよ。

あなたの人生、せめて2015年くらいまでは勝負したら?

>otsune otsune 気づいている人も居るけど、背景が同じ色のブログはだいたい同じ人

残念ながら、別人です

otsuneの言う背景が同じ色のブログってどれだ?

隊長、よく言ってくれた!
たぶん望夫さんは羽生さんとかグーグル作った人とか、いわゆる天才のそばにいるのが好きなんでしょう。天才のそばで仕事ができればそりゃー充実感はあるだろうけど、まわりに天才がいないと何にもできないってのは能力的にはどうなの?バカなの?死ぬの?はてなユーザーの私は近藤さんにはもっとガンバレ!死ぬ気でガンバレ!と鼻クソほじりながら思うけど望夫には何も期待してない。シリコンバレーがどうのこうの言うなら大型助っ人外人の一人でもはてなにスカウトしろよ。「近藤はわしが育てた」とか言ってるだけの監督はいらん。

体調、碁の方が強いだろうに。

あんた、碁の人やろw

加藤一二三九段はc3でもないし、最高齢でもありません。有吉九段と間違えてるんじゃないですか。

加藤一二三九段はc3でもないし、最高齢でもありません。有吉九段と間違えてるんじゃないですか。

さんざ噛ましといて

文中、加藤一二三九段と有吉道夫九段のC2を取り間違えておりました。どこで記憶違いしていたんだろう… 訂正いたします。

正に犬畜生とはお前の事。

[引用]余談だけど、30過ぎて脱童貞・脱独身した人が「あきらめがつき始める」言っても説得力ゼロだね、残念!

>>それを言われると弱いが、愛情を初めて知ったんだから仕方がなかろう…。貴兄とは違うのだよ(笑)。

泣き入れるなよヘボ凡人。
面白すぎて寝られなくなったじゃねえか。

弾は議論のための議論に見える部分もあるが、
本当にそう考えてそうで怖い

頭がいいのに挑戦や競争が面倒でリスク回避ばかりしたい人にとって、経営コンサルは適したダメポジションだと思う。または馬券師。
でも、人には自ら望んでダメになる自由があるのだからあんまりイジめちゃ酷だよ。

昨日、急遽ヤフー将棋しにいったら勝手がわからず部屋間違えて中級にいってしまい仮レートのせいか対戦ぜんぶ断られたので初級部屋に行き対戦にこぎつけたところ、2勝2敗。うち一勝はミス連発のどうしようもない劣勢から相手の隙を突いてあっさり詰みにしたときは気持よかった。これぞ将棋の快楽。もう一勝はこちらの長考のために「もうおまえに勝ちやるよ」といってもらった勝ちなので実質負け。基本的に相当衰えていたことにorz

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« アメーバブログの水増し問題と共産主義 | Main | 本格派キチガイ政党の出現 第二章「自民・民主両党議員で信者が100人」 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

September 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
My Photo

ブログパーツ

  • Zenback(試験用)
  • 忍者さん(試験用)
  • ヤフー/ログール(試験用)
無料ブログはココログ