« 面白経営再建業者と不思議中国人と愉快インサイダー事件の競演 | Main | イタリア終戦のお知らせ »

2009.04.07

勝間和代女史の著作に感化された女性経営者のオフィスがヤバかった

 まあ、読む人が読めば分かっちゃうんだろうけど、先日ミッドタウンの服飾関係の某社社長宅ご訪問の際に「この二年間に何があったんだ」と思うような話があったわけですよ。

 昔は鈴木その子(だっけ?)女史とかいう亡くなられた経営者も著名だったけれども、その当時ほどではないにせよ女性経営者というのはいまなお貴重な存在であって、何かお役所の会合があったり委員会をやりますとかいうと、その人の主義主張や安全危険に関わらず引っ張り出されることもあるみたいだ。

 もともと、かの女性経営者も化粧は濃いほうで、今日もたっぷり白くなって、粉の分厚みだけアーマークラスが強まってる雰囲気だ。まあ、これはそう変わりない。だけど、それ以上に微妙なのは社長室に通されて何か花柄の面白置物が鈴なりになってたり知らない芸能人のサイン色紙とかが壁に埋め尽くされてたりするんだ。江戸っ子である私は、親に「何事も、やりすぎは良くない」と言われて育った分、こういう光景を見ると春なのにそぞろ寒い気もする。ボリュームのあるいくら丼を見た感じで、まあ悪くはないんだけど何か気味悪いと言うか… ここは可愛らしい、とでも言っておけばいいのかねえ…。良く知らんが。

 で、書斎みたいなところに通されると、先に着いた仕事仲間数人が長椅子にて酸欠になったようなぐったりした姿勢で気だるそうな態度。挨拶するでもなく視線は虚空を見つめている。

 何だろうと思ったら、勝間女史の書籍が壁の棚一面に。一面と言うのは大げさだ、まあ60冊ぐらいだろうか。被ってるのもたくさんある。何でこんなに買っているの。それが理由か、なんとなく息苦しい感じがする。断る力とか10冊以上並んでる。そんな勢いで断られてもねえ。

 いや、著作も多いし良い本もたくさんあると思うよ。だけど、やりすぎじゃないかと。好きなのは分かった。バイブルなのか目指す女性像として信じているのか知らないけど、何だろこの微妙な心境は。もう少し冷静になったほうがいいと思う。言われてみれば、この女性かつては堀江貴文氏に入れあげて本は買うわライブドアの株は仕込むわで大変な騒ぎだった。あれはどうなったのだろう。すっかり忘れていた。のめり込むタイプなんだろうな。

 あまりにも書斎の空間としてのクオリティが異次元過ぎて、打ち合わせどころではなくなった。というか酸素を全部本に刷られた勝間女史に吸い尽くされているような気がして、ほどなく小一時間ほどで退散したのだが、本を出すほうも本を買うほうも、どうしてこんなに極端なんだろうね。なんか両者全力疾走してるみたいな感じでさ。前のめりに転ぶと大変なことになりそうで。

 帰りしな、ほぼ似たような見解を持ったお役人某氏とも道すがら諸々意見交換をしていたんだが、中庸って意外に大変なんだなあとか思った。つーか、あの勝間女史が大軍で迫ってくるかのような書斎で、何を打ち合わせていたのかさえ忘れかねない勢いだったぜ。

 まあ、オチはないんだけどな。


« 面白経営再建業者と不思議中国人と愉快インサイダー事件の競演 | Main | イタリア終戦のお知らせ »

Comments

人に乗っかるほうが自分で考えないで済むからラクなんじゃね?

どうでもいいけど、隊長ってこういうこと書いてその本人に刺されないの? 全世界に向けて自分の仕事相手が悪口を叫んでるってことでしょ。

面白すぎてハラいてぇwww

断る力10冊ww

こういうのを「スィーツw」っていうんじゃないでしょうか?www

>断る力とか10冊以上

ひょっとして「魔除け」じゃないのかな。

SPAで勝間の本を奨めていた、お前のせいだw

桃太郎が勝間信奉者とはねぇw痛すぎる。

勝間和代はなんか嗅覚が受け付けないので読んでないな。すごい経歴だけど。

はじめてブログ読ませて頂きました。
隊長なんですね。

しかし、勝間氏の著作の話は笑いました。

バランスというか、影響と模倣というか、自分なりの軸を立てるという視点がないと、かつてのシャネラ-みたいに滑稽になってしまうんでしょうね。

また寄らせてもらいます。

勝間さんはどうも胡散臭い気がしてなあ・・・書泉の勝間和代フェアいつまでやるんだろ

いまに隊長の若白髪とハゲにヘルシンキフォーミュラセットを5年分くらい送りつけられるぞ

男の人はだからダメだっていう例ですね

桃太郎か・・・っ。
あの方も受け付けないけど、勝間和代のワシ鼻を見るとイラっとするネw。あの方、離婚も多くやたら人生落ち着きない感じだからきっとADHDとか「落ち着きのない病」よ。・・・好かれないね。<落ち着けっていいたくなる。

>前のめりに転ぶと大変なことになりそうで。
転んだら、また立ち上がって別の方向に走り出すのではないでしょうか。堀江貴文→勝間和代→???って感じで。
死ぬまで走り続けるんでしょうね。大したパワーだ。近くにいるとHPを吸い取られますよ。きっと。

勝間さん・・・いいんですかね、amazonのレビューが微妙で購入を見送った事があります。
女性経営者だとか管理職とか、完璧主義が多い様に見受けられます。のめり込み体質の方、多いですね。で、自分が「これ良い!」って思ったら他人にもすごい勢いで薦めると。
それがマルチだったりした日はすごく困るんですが・・・汗

断る力10冊ww
絶対これはネタですwwww

女性が経営者になると男性以上に敵多くなるから肩肘張ってしまうのは仕方ないのだろうと思います。


勝間さんはなぜ投信に拘るのでしょう。

10冊は笑える。。

ただ、勝間さんは「RPGやってる」って何かの雑誌で読んだことあるけど、今は自分のメディア力高い期間なので一気に…に考えてるんでしょうね。経験値高い敵をだけ倒すレベルアップ期間というか。。

メディア力がすぐ落っこちるのも、マーケティングやってる人ならわかるでしょうし。

ただ、最近ちょっとやり過ぎだと思うけど(笑)

もし営業の人がこの部屋に通されたとき彼の心境はいかばかりかw

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 面白経営再建業者と不思議中国人と愉快インサイダー事件の競演 | Main | イタリア終戦のお知らせ »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ