« ああ、爺がそっち側の解釈に堕ちて逝かれた… | Main | 酒を飲んだ後爺に思いの丈をぶつける建設予定地(追記あり) »

2009.03.09

また東京離れるぜ(雑談)

漢「税金払いたくないでござる! 百円とて税金は納めたくないんでござる!」
嫁「もう書類出しちゃったのじゃ。諦めるでおじゃる」

 いま取り組んでる案件も明日まで持ち越し。まあ月内までには決まらないね(笑)。困ったもんだ。ところで、イギリスでは四大銀行のうち2つ目が国有化に。"state property"は制覇するのに欠かせない政治形態だぜ、維持費かからんしハンマー+10%はおいしい。私は"Nationhood"でグローブ徴兵+"HereditaryRule"でライフル兵山盛りで攻め込みたくてしょうがないんだが、マルチだとそこまでいかずにMace兵で殴り合ってタイムオーバーというのが多いんだよね。うんうん。

 と細やかにciv4ネタを挟んでもしょうがないんだけどさ、今日とかCP界隈買い込み祭りになってるのは何だろう。期末どうすんだ問題にようやくプレイヤー各員気づいて戦闘配置につけとか言われてるんだろうか。偽装外資の面白売り越しもそろそろ一服するだろうし、米連銀総裁による長期国債買入でジャブジャブ問題についてもドル一蓮托生ファンドからすると死活問題ですね。シニョリッジがどうとか(彼らの目線からして)観念的な話は置いといて い い か ら C P 手 放 せ というモードには変わりないのかなと妄想。TIBOR下げ気味だから間違ってはいないのかもしれないけど、当方のようなそれほど喰らってない、ババCP引いてない(オリックスとか)とこでさえこのスタンスなのだから、もっと強大なところは期末へ向けて大おしくらまんじゅう状態なのかしら。

 増資市場(なんてものはないが)はまあ大活況で、社債型優先株とか優先出資証券とかほとんど同じだけど微妙に違う名前の案件がばら撒かれて、さてどうすんのという感じ。海外機関投資家さま向け、とか言われても、結局回って日本窓口で捌かなければならないのは現状変わらず。ただ、弾は大きくなってきた。去年の暮れに千万単位のがバラバラ降ってきたのが、いまや百億単位。どう考えても無理。こちらも、それだけ「期末ヤバい」状況だということなんでしょうけれども、以前に比べて事故銘柄は格段に減った印象。だって去年はクオンツにパシに微妙REITとかだもん。しっかり出し手ファンドと握れてる増資ブローカーからすれば天国っすな… ちぇっ。

 つか、予算通過中に小沢さん問題勃発のお陰でいろんなものが弛緩しっぱなし。いや別に小沢さんがパクられようが踏ん張ろうが日本経済においては何の救済にもならんから。いまから何かしても3月はアレだし。来月から年金が毎月1兆ぐらい買ってくれるボーナスステージはなくなるわけだろ。政府紙幣も沙汰止み。当たり前か。でも手がないよな。どうするんだろうね。いや、私らはいいけど、普通に働いて人生チャリンコ漕いでる人たちが大変ではないかと。

 うーん、どうするのだろう。それじゃ、また。


« ああ、爺がそっち側の解釈に堕ちて逝かれた… | Main | 酒を飲んだ後爺に思いの丈をぶつける建設予定地(追記あり) »

Comments

16日までに再提出すれば、後から提出した申告書が有効になります。

16日までに再提出すれば、後から提出した申告書が有効になります。

>16日までに再提出すれば、後から提出した申告書が有効になります。

どうせ期日後に修正申告出すだろ

いいかげんにしなさい。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ああ、爺がそっち側の解釈に堕ちて逝かれた… | Main | 酒を飲んだ後爺に思いの丈をぶつける建設予定地(追記あり) »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ