« 上杉隆氏のブログがプチ炎上 安倍晋三元首相に関する記事抗議で? | Main | また東京離れるぜ(雑談) »

2009.03.09

ああ、爺がそっち側の解釈に堕ちて逝かれた…

 うーん、個人的には「ナシではない」とは思うけれども…。

春なのでちょっとルールを変えてみたくなりました的な話なのかも
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2009/03/post-7787.html

 池田信夫氏の指摘で正しいのがあるので、ここから援用すべきだと思うのですが。

迂回献金と「逆国策捜査」
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/15735088c0402e66c3de29421016e7ff

>小沢氏は記者会見で「政党支部への企業献金なら問題ないので、政治団体を偽装する必要がない」とのべたが、これは政党支部への献金が彼に対する迂回献金だと告白しているようなものだ。

 それ以外は、池田さんのところにモトケン氏、一法曹氏が突っ込みを入れてるのでご参照。Finalvent爺池田さん両氏がちょっとナイーブだなと感じたのは、「みんなやってたし、いままでそれで通ってたからいまさら問題視されても困る」「俺が駄目なら他の奴も芋づるだ」という話からスタートしてるところで、もう時代はそんなの通り越しちゃってるんだよね…。

 池田さんの「自民党議員を100人ぐらい道連れにして小沢氏が議員辞職」することを煽っているけれど(道義的にはまったく正しいことだと思うが)、明確に自白の取れている案件(堀江裁判ではM証言、今回だと国沢証言や献金名義にさせられた幹部証言)を進めるという判断になると、正直小沢さんかその他数名どまり、立件できるのは小沢さんぐらいで、話としては終わりかなあ、延焼なしかなあというのは普通に予想するところではあると思います。

 だから、鴻池さんがうっかり「漆間さんが…」といい、聞きつけた記者が話を聞きに逝くと、これまたうっかり漆間さんが見通しを喋ってしまうというコンボが発生するわけで、これはもうしょうがないんじゃないかと思う次第。

爺>私の疑問は……、カネを出す側の収支報告書っていうのは国側で調べているから、照合が可能なわけで、するとその照合した国は、それを政治団体として認めてお仕事しているわけでしょ。

 これ単体ではそう。でも、別件もあるわけでしょう。あなたそのマンション、どうやって買ったの? というのは知りたいわけで、自身の所得から買ったのでなければどこから買ったんでしょうか? という話になり、それは所得、すなわち国税の問題であって実は政治資金とは切り離して判断されるべきものだろうということですね。いままで申告してきた所得以上の資産というのは、まあ理屈の上では作れないわけですから。これは、日歯連のときも同じような流れだったかもしれません。

 延焼先はないだろう、という漆間さんの発言を元に国策調査だという発想で民主党本部が作戦を立てたこと自体は、爺と同じ視座で進めた論理展開なんでしょうが、たぶん小沢さんは自分のどこが問題視されて陸山会にガサ入ったか分かってると思うんです。

 マスコミがミスリードしたのしないのという点では、ぶっちゃけ新聞各社はよく分かってるだろうと。いままでもそうだったけど、今回も分かってて報じない部分かも知れず、ただ民意は揺れているので地検から出てくる情報については地道に流しているようには思えます。

 加えて、親分についてのスキャンダルですから、話の進展も分からずにその周辺にいた腰巾着はこぞって小沢擁護に回っているのが笑えます。たぶん、一番ナイーブなのはこの辺の人々ですね。だから、今回の件で誰が民主党陣営で、誰がそうでないかはっきり分かってしまったんじゃないでしょうか。


« 上杉隆氏のブログがプチ炎上 安倍晋三元首相に関する記事抗議で? | Main | また東京離れるぜ(雑談) »

Comments

関係ないが、話のフリダシは鴻池だったのに
なぜか報道ではずっと漆間になってんのな
最終的に言質とられたのは確かに漆間だけど、
漆間がそう言ってるとこぼしちゃったのは
鴻池のはずなんだがな

これってガチの統制かと思うぐらいに
滅茶苦茶な話だと思うんだが

隊長は「本丸は小沢の贈賄」と見ているのでしょうか。
その点が他の人との一番の違いじゃないかと。
時効になっていない分で小沢の贈賄が立件できるネタは出てないように思うんですが。

民主の上層部が雁首揃えて小沢擁護を明言しちゃっていいもんかねえ。
早めに「小沢の闘争」と「民主の闘争」を分離しちゃわないと、小沢の敗北イコール民主の敗北になりかねないし、そうなる公算が逮捕直後の時点で高かったはずなんだが。
つか、小沢が「古い自民党」的政治手法のエキスパートである事は誰でも知っていたはずだし、時流が変わればあっさりと政界から放逐されるポジションだという事も、目端の利く連中なら分かっていたはず。

民主の上層部が雁首揃えて小沢擁護を明言しちゃっていいもんかねえ。
早めに「小沢の闘争」と「民主の闘争」を分離しちゃわないと、小沢の敗北イコール民主の敗北になりかねないし、そうなる公算が逮捕直後の時点で高かったはずなんだが。
つか、小沢が「古い自民党」的政治手法のエキスパートである事は誰でも知っていたはずだし、時流が変わればあっさりと政界から放逐されるポジションだという事も、目端の利く連中なら分かっていたはず。

爺も、こんな考えなのかな。
http://blogs.yahoo.co.jp/abc5def6/58931761.html

こっちは、さらに小渕さんの案件にかかる事実も引き合いに出して、具体的ではあるけど。

爺も、こんな考えなのかな。
http://blogs.yahoo.co.jp/abc5def6/58931761.html

こっちは、さらに小渕さんの案件にかかる事実も引き合いに出して、具体的ではあるけど。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 上杉隆氏のブログがプチ炎上 安倍晋三元首相に関する記事抗議で? | Main | また東京離れるぜ(雑談) »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ