« マジコン問題、こういうときこそMIAUの出番だと思うんだけどな | Main | ああ、爺がそっち側の解釈に堕ちて逝かれた… »

2009.03.09

上杉隆氏のブログがプチ炎上 安倍晋三元首相に関する記事抗議で?

 なんか安倍晋三元首相がネットで激怒しておりまして。話の発端は先月のことですが、どうも香ばしい匂いが漂ってきたのでピックアップするわけですけど。巷っで話題になっていたので見物に逝ったところ、その矛先は我らがアイドル上杉隆氏でありました。

《上杉隆氏の嘘  動かぬ証拠》
http://newtop.s-abe.or.jp/

 目がチカチカするほど細かくあれこれ書いてあります。話自体はふーんとしか言いようがないです、事実関係が良く分かりませんから。でも本人がそうだというのであればそうなんでしょう。で、書状自体は週刊文春宛であり(当たり前か)、当然木で鼻をくくったような対応しかせんのだろうと思いますけど、いたくお気に召さなかったご様子。

 安倍さんがネット路上で騒いだため、そりゃ当然野次馬は集まるよなあということで上杉さんの脱力新聞に注目が集まり、これまた流れで見物に逝ったら今度は閉店のご挨拶とな。

東京脱力新聞2.0
http://blog.livedoor.jp/uesugitakashi/

 こりゃまた見事な炎上マーケティングであり脱力というより脱帽であります。麻生クーデター説の微妙ガセ流布とか麻生選挙見送り論とかありましたけど、基本的には、政治系ジャーナリストの鉄則通りに「適当な内容でいいから、アドバルーンを打ち上げて方向感を醸す」人材としてメディアにしっかり出てわーわー語ってくれることが求められる機能なように思います。ただ、ここんとこ独自の風向き判断で右に左にふらふらしてしまい、制御が利かなくなってきているのもあって安倍さんを焚きつける人々が出てもそれほど不思議はないような気もするんですよ。

 麻生クーデター問題については、まあ当の本人が本当に辞めちまいやがったので官邸としてもダメージコントロールとかそういう方向には力が割けなかったというのも一部ありつつ、産経の記者さんの見解ではアレだという話でした。まあねえ…。

上杉隆氏の記事がまたアレだという指摘について
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/924472

 微妙なのは、西松じゃないけど本件がどっかに延焼すんのかな、という話で。やはり、ネタとしては麻生クーデター説で宮崎哲弥氏含め「乗っかっちゃった」人たちの件と、上杉さんとケツ持ち(というのが正しいかどうか分からんが)が同じ人たちの件ですかね。良く分からないですね。傭兵稼業も大変だね、としか。

 個人的には、「IMF10兆円の拠出費用はどこから?」と聞かれた上杉さんが「税金からですか?」とか答えちゃってた瞬間がツボでした(笑)。

 次は森永卓郎さんでお願いいたします。

http://blog.goo.ne.jp/moritaku_goo


« マジコン問題、こういうときこそMIAUの出番だと思うんだけどな | Main | ああ、爺がそっち側の解釈に堕ちて逝かれた… »

Comments

自分が見に行った時はまだコメント100位だったのに
今は辛抱さん見てるのが楽しいよ

麻生の醜態なんてマスコミがそう演出してるだけだろ……

大体、失策らしい失策なんてないじゃないか。失言にしたって、まずいのは郵政発言ぐらいだろ。
上手くいかないのは大抵民主党の参議院で過半数を取ってる政党とは思えないような無責任振りが原因じゃん。

2ちゃんとかヤフーとか見てると、上杉さんが
ボロクソに書かれてるね

ある意味、エンターテナーなんだから
大目に見ないといかんと思うが

そういや上杉って、安倍が総理辞めた時に、鬱病だとか変な宗教にハマッてるだとか好き勝手なこと書いてたね。
誰か有力者の後ろ盾があるらしいが。

大多数の貧民にムカつかれてたり
マスコミにいいようにやられてたら
それって失策じゃないの

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« マジコン問題、こういうときこそMIAUの出番だと思うんだけどな | Main | ああ、爺がそっち側の解釈に堕ちて逝かれた… »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ