« クオンツが退場するのはいいが、本来の意味での投資家保護はどうするのだろう | Main | 大好きなザ・パンチが放送事故扱いになってて悲しい »

2008.12.19

いまさら「中国経済の危機について寄稿してください」と言われてもちょっと困る

 いやもう危機ではなく恐慌なわけで… もう二年も前に新書で書いたし、REITがおかしい件も単行本で言及してて、いまさら「だから言ったでしょう」みたいな話を書いても仕方がないだろうと思うんですけどね。

 少し前に取材協力をした先の放送内容について、実態の悪いところだけ切り出してもらっては困る的なクレームも寄せられたんだという話も聞いたけれども、あの取材をしたころよりいまのほうが悪くなっているはず。11月は操業停止だ解雇だと騒々しい状況で協力したから揉めてる内容になったけど、いまは座り込みもなくなり、全員撤収しているから静かになってるだけなんだ。

 中国に進出した日本企業の撤退の話を聞きたいと言うことであればJETROでも足を向ければ幾らでもネタは転がってると思うんだけどな。それよか、明らかに中国経済の退潮が見えたところで中国経済特集とか何の考えもなしに提灯記事を書いてた経済メディアのほうが罪深いと思う。騙してる、というか自殺奨励みたいなもんだろ。

 最近になって、中国が必死に09年の建国60周年に向けての特需があるので、中国政府の威信を賭けて経済を支えるんだ的な言説が出てきていますけれども…。実際問題としてオリンピックや万博は諸外国(つまり実際に金を持っている皆さん)の目に見える形で建造物や交通手段など実需が動くのと、単にイベントとして建国60周年っすよというのとでは経済に対するインパクトが違うわけですよ。

 オリンピックやるので都市開発が進んで鉄鋼やら何やら特需が出ますというのと、建国60周年とでは、経済的な見え方が違う。そりゃ、中国国内からすれば政治的な意味合いは強いとは思うんですけどね、私らからすると、中国建国60周年でお金出しますか? 需要盛り上げたいと思いますか?

 困ったことに、中国とのパイプを強弁する人々というのは、こういう中国発の中国だけの都合で発信している情報を真に受けて、これこれこんな隠し技が中国にはあるんでまだまだなんです、という話を上げてきて、実際それは中国高官が言っているから、まあ信じちゃうんですわ。もちろん嘘を言っているわけでもないですからね。

 でもそれが経済の見通しとか分析において、重要な意味を持つの? 持たないでしょ、ということはあります。だから、本来ならそういうもんは除外して考えなければいけない。むしろ、中国が日本ほか諸国から必死こいて買ってた廃プラだのくず鉄だのの市況が暴落していまでは引き取り手がないぐらいの状況になっている、というのが中国の実需の実態であって、そういう値崩れし始めた時期はいつからですか、というのはちゃんと観察しておかなければ駄目なんだろうと思うのです。

 もちろん、今後中国政府が本気で頑張って、中国の節目の年に多額の投資を行って景気が浮揚する、という可能性は皆無というわけじゃないです。ただねえ、14%成長とか胸を張っていたころからすでに経済統計上あまり無視できない水増しというか誤認も少なくとも存在してきたわけで、そういう歪な数字を土俵にして何%上がってるとかこれだけ投資する予定だとか、真正面から数字どおりの信頼を置くわけにいかないでしょう、という話です。

 あと、中国の内需の話をしましょうか、これも中国には統計上の中流層というのはどんどん減ってきています。中流層の定義の問題でもありますけれども、一定以上の所得に加えて「与信を受けられる人」というもんもあります。ところが、中国で実際に借り入れをして与信を受けられる人というのは、ことごとく不動産や株式投資に打って出ていたことも災いして、2,500万人ぐらいしか全土でいないんじゃないかというのが極真っ当な推論になります。そういう彼らの年収の平均は280万円ぐらいでしょうか。

 そういう発展途上国並の経済規模で実需って言われてもなあ、というのが正直な感想です。日本で言うと、東北七県を足したぐらいの経済規模か、その八掛けぐらいじゃないでしょうか。その地域に13億住んでる、と思ってください。いやほんとに。しかもそのうち3億弱は公務員で、1億ぐらいが共産党員でござ。成り立つわけねー。

 もっとも、世界には上には上がいて、ドバイとか20万人で40兆円も金を集めた地域もあるわけですから、まあ麻痺したたんだろうな、私たちは、みたいな感じだろうとは思いますがね。


« クオンツが退場するのはいいが、本来の意味での投資家保護はどうするのだろう | Main | 大好きなザ・パンチが放送事故扱いになってて悲しい »

Comments

もうすぐ
「いまさら『ソフトバンクの危機について寄稿してください』と言われてもちょっと困る」
こうですか?わかりません。

麻痺しないためには、その国の一番貧乏で、外国人が立ち入らないところを見ないとね。日本の歴史で、中国は、よくいえば、やっと明治維新。悪く言えば、徳川吉宗のときだろうね。とにかく、汚いものを直視できないなら、外国には手をださない方がいいと思う。これは、アメリカに対しても同じ。それと、日本は、ちょっと自国を壊しすぎ。

ただ、隊長は、中国アナリストというの、穴栗鼠徒でいいのかな、そういう風な方向で認められたということなんじゃないかな。本当の話、日本はアメリカのことしか、英語しか、知らないでやっている。ロシア、インド、ドイツ、イタリア、ブラジル、カナダ、とか、スペシャリストの顔が浮かんでこない。これじゃ、ダメだよ。知らないで、勝負しているなんて、神風特攻隊と同じだよ。

「俺は前からこういう事態をしてきていたよ」という新書と単行本の宣伝記事を書いて送れば良いじゃないですか。
しかし支那って中流層マジですくないですな。

こっそり東北六県+1になってますが、追加されたのは何処なんでしょう。。。w

内需の喚起そのものは中流層がどうこうより年齢分布に依存でしょう。
金が無くとも若けりゃ何が何でも欲を満たそうとするよ奴らは。

中国は士大夫(エリート公務員)と粗雑な軍人(兵士)と圧倒的な数の農奴と外国人商人の国である、という図式は今も昔も変わらないですね

中国の士大夫の優秀さはマジヤバイ、今孔明だの今仲達だのそういうレベルなんでしょうが、健全で知的で強い発言権を持った中産階級が歴史的に育たなかったですもんね。

万博まではなんとか持つかもね・・・といわれてたのが、前倒しになっちゃっただけなんじゃないの?
オリンピックジンクスはオカルトなんだろうけど、非民主主義国家で開催すると、その国の体制が崩壊するというのがあるわけで、
オカルト好きとしては、いつになるのかね~と思ってたら予想外に早い段階で致命傷くらってて、あれま。と思ってるんだが・・・

あと、当たり前すぎてかかれてないけど、一人っ子政策で、そういう中産階級の目減りがやばいんじゃないのかね?
今の上海とか杭州とかにいる若い世代って兄弟いないだろうし、日本もびっくりの逆ピラミッドになってるんじゃね?
それこそ、四国や東北並の少子高齢化で、13億。
闇子はいるかもしれんけど、教育の問題もあるし、かなり危険だろうけどなぁ・・・

銅線とか金属製のブツが盗まれました、ってニュースを聞かなくなってから久しいです。

 中国に期待して何とかなるなら、そもそも華僑はこの世に存在せんでしょうに。

>麻痺したたんだろうな

>したたん
>したたん
>したたん

 高橋名人もビックリの高速連射ですな。

>健全で知的で強い発言権を持った中産階級

 ところで、こういった層はどの程度の比率で存在するのが望ましいんですかね? 日本みたいに無駄に多いと「プレイヤー過多」な状況を生んで、それはそれでみどさんお冠でしょう。何やっても小田原評定で先に進まんでしょ。しょうがないから、で、じーっとしてたらどんどん沈澱するでしょ。そんで根腐れ起こしてどーにもならなくなるから、結局は「あの人は偉い人かと思ってたけど、いつの間に詐欺と変わらなくなってしまったの?」って感じになる。

 中国なんかは今そーゆー状況で、トップ集団エリート集団は無茶苦茶優秀なのかもしれんけど、でも結局詐欺師同然の国体経営をせざるを得ないというか。あいつ詐欺(同然)なんじゃねーの? って誰かが気づいたころには肥大化しすぎてるから、どうにもならん。

 あと中国では健全で知的で強い発言権を持った中産階級がほぼ全員華僑化して海外に逃げちゃうから、本質的に改善することってないんだよね。ちょうど今の東京みたいなもんで、比較的まともな層はどっかに脱出して居残ってるのは一部エリートと多数の馬鹿。一部エリートが高度な情報収集力を駆使してアレコレ情報発信するんだけど、所詮は馬鹿向け(馬鹿でも分かりやすく)だからどーしても穴開きまくりで、そこ突っ込まれたら即座に瓦解するから結局何にも言えなくなって、じゃあもういいよ、で自分の努力だけずーっとやる。そんでどんどん偉くなるなり凄くなるなりするから「ほら見たか、どうだ凄いだろう」的に見返す?ことは出来るんだけど。それは結局今までそれなりに付いて来れた中産系の馬鹿化&世間知らず化に拍車を掛けるだけで。

 エリートがエリートであればあるほど、逆に行き詰まってしまう感じ。

ヤバイ。ドバイヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
(以下略)

2年前と同じ事書けばいいんじゃね
補足とか修正は必要だろうけど
 
同じ記事で2度ウマー
ウマーーーー
UMAAAAAAAA!!!
ぼぉくおいすぃぃぃぃ!!!!
な感じで、オッケェェェェ!
 
じゃね?

たいちょ,「インペリアルフォース2」って「レジオナルパワー2」に似てるね.

あと,たいちょの会社で「三国志英雄伝2」作ってみたらどう?w

>中国は士大夫(エリート公務員)と粗雑な軍人(兵士)と圧倒的な数の農奴と
>外国人商人の国である、という図式は今も昔も変わらないですね

>一人っ子政策で、そういう中産階級の目減りがやばいんじゃないのかね?

一人っ子政策で散々甘やかされて育った子供が30台になって社会の中核に
なりだす頃です。思い通りにならないとヒステリーを起すんだそうです。
士大夫などいるのでしょうか?
これから中国人と付き合うときは、相手がそういう傾向をもっていないかどうか
まず見極める必要があると思います。

石油は米と露が権利を掴んでいるが、次のメタン氷は日本近海に埋まっているらしく、中が獲得したいらしいです。国籍法の改正とかその辺かな 日出ヅルとか云われたことの何百年越しの復讐ってどんなだよ。

「健全で知的で強い発言権を持った中産階級」を育てるためには「商業の発達」と、あと「人口の不足」が必要だと思うんですよ。人が足りなくなると雇い主が大事にしてくれるようになるから。ペスト後の中世ヨーロッパみたいに。
中国は前者はok、ただし後者がダメ。いつだって絶望的に人が余ってたがゆえに、農奴の立場は弱いままだったと。
専門家でないので断言はできないですけど。

それが今もって影響が続いている印象です。

また中国は国内の移動それ自体が「旅」ですから自然、彼らは旅慣れておりちょっと気の利いた連中(知的な中産階級)は華僑として国外に逃げるのをいとわない。野ぐそさんの言うとおり。
今のアメリカはその華僑が支えてるようなもんですよね、特にサイエンス・エンジニアリング方面。

で、中産階級ってどれくらいの数がいれば適当なんですかね。わかんねっす。
でも日本は悪くないと思いますよ。

プレイヤー過多かもしれないですけど、「消費税ok、配付金NG」なんてコンセンサスを自然にできる国民ってなかなかいないですよ。中国人だったらゴネますもん。絶対。今は経済がいいからそのへんイケイケですけど。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« クオンツが退場するのはいいが、本来の意味での投資家保護はどうするのだろう | Main | 大好きなザ・パンチが放送事故扱いになってて悲しい »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ