« 小泉さん引退 | Main | 【ビール党】雨天決行でございます »

2008.09.26

中 山 成 彬 国 土 交 通 相

 ポスト町村さんの最右翼であった中山成彬国土交通相がいきなりやってくれました。この正直者。

 罷免されない程度に愉快発言を繰り返す技量については、町村さんのそれと並ぶほどの逸材であって欲しいと切に願います。いろんな面白人事が連発できるところに自民党政権の良さがあるわけでね。


http://www3.nhk.or.jp/news/t10014347051000.html
--
9月25日 23時56分
中山国土交通大臣は、25日に行われた一部の報道各社とのインタビューの中で、成田空港の整備が遅れていることについて「ごね得というか、戦後教育が悪かった」などと発言し、「誤解を招く表現があった」として発言を撤回しました。

この中で中山国土交通大臣は、成田空港の整備が遅れていることについて「ごね得というか、戦後教育が悪かったと思うが、公共の精神というか、公のためにはある程度は自分を犠牲にしてでも、捨ててもというのがなくて、自分さえよければという風潮の中で、なかなか空港の拡張もできなかったのは、たいへん残念だ」と発言しました。また、来月1日に観光庁が発足するのに関連した観光行政の課題について「日本はずいぶん内向きな『単一民族』というか、内向きになりがちで、まず国を開くというか、日本人が心を開かねばならない」と発言しました。さらに、教育問題についても、大分県の教員採用試験問題を例にあげながら、「日教組の子どもは成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力は低い」などと発言しました。これらの発言について、中山大臣は、国土交通省の広報課を通して、25日夜、「誤解を招く表現があった」として発言を撤回しました。



« 小泉さん引退 | Main | 【ビール党】雨天決行でございます »

Comments

1?

ゴネ得と
  言ったらミンスに
      ゴネられた

>「日教組の子どもは成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力は低い」などと発言しました。

ブラボー・・・おお!ブラボー!

>「日教組の子どもは成績が悪くても先生になる。だから大分県の学力は低い」などと発言しました。

ブラボー・・・おお!ブラボー!!

正しいこと言ってるのに。
なんで謝っちゃうんだろう。

町村派幹部が麻生の挨拶がないと怒ってたみたいな話が流れてだけど、これはその嫌がらせなのかな?

外国だとこの手の公共事業にごねる人は刑務所行きらしいし
日本はゴネ得社会なんじゃないかなー。
まあゴネればなんとでもなる生き易い社会なんですけどネ

日本が変わるには、ああいう嫌われ者が必要だ!
世の改革に異端児は不可欠。


↓は俺のブログです、良かったら適当にコメントください!
携帯版http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1084188/1106921
PC版http://m-81befd3222b8a100-m.cocolog-nifty.com/blog/

これは失言なんでしょうか?

やっと本音を語れる日本人が出てきたことを喜んでいます。性善説を悪用して私利私欲に走る企業や人間社会の今日、日本の将来を憂う同志が現れたことを心から歓迎します。大方の日本人が大臣の発言したことを支持していると思います。日教組然り、ごねとく然り、大分県の教育問題然りと腸が煮えくり返っています。これかも反骨分子が矢継ぎ早に現れると思いますが、どうかそれに負けず日本の為に頑張ってください。
大臣の顔からは過去の失言大臣とは違う日本の危機存亡を訴える使命感のような気迫を感じます。今やっと空気が性善説に向かって流れつつあるように感じてます。

>罷免されない程度に愉快発言を繰り返す技量については、
>町村さんのそれと並ぶほどの逸材であって欲しいと切に願います。

隊長、買いかぶりでしたね。
この人初めて大臣になった時、
奥さん(中山恭子現首相補佐官)のおかげ、
と揶揄された小さい人ですよ。

中山国交相、辞任の意向固める
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080927/plc0809272029003-n1.htm

>罷免されない程度に愉快発言を繰り返す技量

辞任しちゃいましたね
http://www.asahi.com/politics/update/0927/TKY200809270186.html

中山大臣!
 自虐的で非常識で、世界の他国の動向が読めず、依然として社会主義に染り切った、日教組や自治労、また、反日的な左翼マスコミやサヨクのプロ市民・偽善者、エセ人権団体などに負けずに頑張って下さい。石原慎太郎都知事や橋下徹大阪府知事たちのように。
 私は、心より貴方を応援しています! 日本国と日本人の国益の為に、どんどん本音で語って欲しいと思います。マトモな日本人は、みんな貴方のような方を応援・支援しています。
 しかしながら、身内(自民党)の中にも、未だ社会主義の怖さや愚かさが解らず、社会主義的な考え方から抜け切れない方や自分の選挙のことしか考えていない小人(しょうじん)も多いように見受けられます。彼らは、自民党よりも民主党などへ移ればいいし、また、民主党の中のまともな人たちも、早く自民党へ来ればいいのに、といつも思っています。

本音を言うと叩かれる。これが現在の日本なのでしょうか。今回の日教組発言は、まさに的を得た痛快なものでした。私はマスコミの40年間在籍しましたが、現在の日本をこんなに酷くした大罪人は、日教組とそれらを支援してきた新聞・放送などのマスコミだと思っています。
電車やバスに乗っても「たぬき寝入り」を決め込んで、老人に席も譲らない若い世代のバカを作り出したのは、間違いなく日教組とマスコミです。中山さん・これからも頑張って下さい。応援しています。

大臣の立場での発言としては、不適切だったかと思います。しかし、 内容は、ずばり真相をついています。言いたくても言えない立場にも拘わらず、よく言いましたね。勇気を褒め称えます。

マスコミと野党に負けずがんばれ
応援しています

今回、中山国交相が不可解な突然の暴言に至った背景にはネット世代の影響があるのではないかとやや穿ち過ぎと思いながらも勘ぐっている。中山は電話やメールで応援メッセージを多数受け取っていると言っている。これはいわゆる電凸といわれる類ではないのか。中山は年配だからネットについて必ずしも正確に把握しているかどうかは分からない。あるいは、保守や右翼に見られるように若者の動静を肌で感じるタイプなのかもしれない。一見支持者がいることのアピールのように思えるが、電凸をわざわざ意識して評価したようにも思える。電凸した側からすれば、評価するフィードバックがあれば嬉しくなってより一層支持するようになると思う。それを見越した中山の発言なのかもしれない。やや穿ち過ぎだという気がしないでもない。しかし、麻生が総理になったのは、少なからずアキバやオタクなどネットコミュニティを活用する若者の人気があった点も否定できないと思う。ならば、それを積極的に利用しようとする政治家が出てきてもおかしくないと思う。
 
それにしても、いわゆる電凸するようなネット右翼やネットイナゴや2ちゃんねらーなどはネットのネガティブな存在だと思う。なぜネガティブかというと彼らの書いた発言を読むと、その発言の背景にある書き手の精神に何やらルサンチマン的な暗い情熱を感じるからだ。(もちろん、それだけではなく、極めて下らない要素も含まれてはいる。)必ずしも彼らは社会的なルサンチマンとは限らない。しかし、おそらく個々人で異なるだろうが、何が原因かはわからないが、極端に言えば現世への怨念のようなものを感じる。そして彼らの行動原理は利害や欲得だけではなく、復讐のような原理が働いているように思う。利害に基づく動きはシステムで消化しやすい。しかし、利害に基づかない動きは、大半は雲散霧消するだろうが、中には何らかの邪悪なものに固着するかもしれない。それが大衆の無意識の支持を得たときは怖いと思う。しかし、だからと言って、言論を抑制してはならないと思う。言論抑制は逆効果で、彼らを利する結果になると思う。彼らに対して裏口のようなコミュニケーションの通路を開いてやった方がいいようにも思う。もちろん、ガス抜きといわれるような彼らに小さな優越感を与えるようなものであってはならない。ただ、彼らのようなものでも社会に存在は許されると思う。彼らを完全に排除するような潔癖な社会もまた問題があると思う。システムにはバグが必ず存在する。あとはいかにバグがシステムに致命的な悪さをしないようにするかだと思う。それには彼らの存在を頭の片隅に記憶しておいて、バグが出て来たら捕まえられるようにするのもひとつの手法だと思う。彼らにはいくつかの特徴がある。面倒だが少しは意識しておいた方がいいと思う。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 小泉さん引退 | Main | 【ビール党】雨天決行でございます »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ