« これはいいグローバルスタンダードですね | Main | ライブドアが粉飾決算での架空取引で所得隠し »

2008.07.10

福田政権が交代する可能性が高いと思われているのだろうか

 ヒマネタだけど、さっきアメリカンと世間話気味のメール交換してたら、近々福田政権交代の見通しがあるんだってねなんていう話になって、何で? って聞いたら日本人の”有識者”が見放し気味のコメントを乱発しているのでそろそろだろうと言う。まあ、解散だの選挙だのという話が代議士の口からそぞろ出てきて、福田さんを最後まで支えるだのと心にもないことを講演会で言っちゃう有力議員が出たり、派閥に少しでもお金を撒いて結束を固めようと頑張って集めようとしている人もいるようだからそう見られても仕方のないことなのだが、微妙な成果のサミットを花道に勇退って感じでもない状況で侘び寂びを考えたら選挙自体が随分先なんじゃないかと思うんだけどね。

 で、何のネタを根拠にそう言うのか興味があって聞いたところ、英文で文書送ってきた。まあくだらないのも多かったけど、いくつかアーティクル読んでたら見覚えのある論旨の奴がある。近所にお勤めの黙認スパイみたいな人が<7月7日>(月)<7月8日>(火)に書いてたネタの英訳だった。いあいああれは世論誘導しようとかそういう話ではなくて、単純に今回のサミット見てげんなりして、げんなりしたまま書いただけなんじゃないかと思うんだがなあ。でも先方はそうは思わなかったらしい。むつかしいもんだな、実際。

 っていうか、福田さんはガス田でもうっかり過ぎるほどに中国に譲歩する形で共同開発だか何だかって話にしちゃっていて、もう政府から情報貰ってる人でも福田さんをずっと支えようなんて思っている人は一人もいないんじゃないかと感じるぐらいどうしようもないことになってる。もっとも、彼らからすればホワイトハウスとかに出入りしているシンクタンク職員然とした世論工作員がネットで公然と政権に不満を漏らしたら、それは退陣の地ならしだと判断するのかもしれない。

 逆に言えば、それだけウォッチされていて電波にも乗っている人が、筆休めとはいえ本音うっかり書いちゃったらそりゃ回覧されて深読みも邪推もされるだろうなと思う。どういう意図があって投げっぱなしジャーマンのような発言をネットでしなければならない状況なのかを想像するかも知れん。人間としては良く分かるけど、少なくとも官邸から情報を取っていると公言する知識人は、批判や誘導の仕方もきちんと考えないと迷惑する人が出てくるんじゃないかな。


« これはいいグローバルスタンダードですね | Main | ライブドアが粉飾決算での架空取引で所得隠し »

Comments

隊長氏のこういうギリギリの書き方は尊敬する

福田は大平を手本にしてんじゃねーか。
原油高と勝負していて、これに勝てれば、
案外、安定政権の道が開けるのかもよ。
一応、国民に対して低姿勢だし。
とりあえず、アメリカ大統領が決まったら、
解散した方がいいと思うけどな。
決まる前なら、カッコいいし。

逆に、民主党は、カッコ悪くなるばかり。
そろそろ、小沢がいつものように、党首を降りるとか騒がないと。

だいたい、日本は、アメリカじゃないのだから、
二つの政党なんて、無理な話で、
まずは、自民党の中で、露骨に派閥争いすればいいんだよ。
そうすれば、民主から、自民に戻ったり、
民主から、また、自由党が独立したり、
ごちゃごちゃしないと、ごまかしようもなくなるだけで…

とりあえず、チベットっで、レアメタル発掘?

> 近所にお勤めの黙認スパイみたいな人が<7月7日>(月)<7月8日>(火)に書いてたネタ
 月日曜の表記で誰のか分かる(笑)

どんな英訳なのか、読んでみたいわん。

>かんべ
官房長にでも訊きなはれ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« これはいいグローバルスタンダードですね | Main | ライブドアが粉飾決算での架空取引で所得隠し »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ