« まあ業界仁義的には当然だねえ | Main | 大沼 »

2008.07.03

"暴動発展の中国・少女レイプ殺人" 実はレイプではなく腕立て伏せだったことが判明

貴州抗議事件:少女強姦説を否定する当局、「レイプではなく、腕立て伏せだ」
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/07/html/d79739.html


 レイプが腕立て伏せだったという話。誰が信じるんだそんなもの。じゃああれの抗議デモは暴動ではなくマラソンだったと発表すればいいのではないか。と思ったら、同じ見解は山ほど出ていた。

"暴動発展の中国・少女レイプ殺人" 実はレイプではなく腕立て伏せだったことが判明
http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/51222863.html


 ソースが大紀元だからちょっと割り引かないて考えないとなあと思ったら、金融機関向けの外信電にも英字で同じようなニュースが流れていたのでガチなのだろう。


 前にチベットで大暴動が起きて、何百人だか殺されたとき、なぜか中国では「チベットで道路に寝るのがブーム」みたいな記事が流れてきて唖然としたことがある。ブームじゃねえよ。殺されてるんだよ。航空衛星写真で大量の人が倒れている模様を察知されたあとのリカバリーとして中国様が考える幼稚園児並みの大本営発表は読む者に文学的素養を深く感じさせるものがある。というか、論理的思考のテストを知恵遅れに実施するような内容なのだから、誰か止めてやれと思う。


チベットで道路に寝るのがブーム
http://news.ameba.jp/internews/2008/03/12120.html


 でもアウトプットがいくら知能指数低そうでも、為政の面から言えば事実そのものを公式に認められないのだから立場上強弁しなければならないというのは理解はできる。問題は、中国当局が「こういう言い訳でもとりあえずしておこう」というのを海外の空気の読めない連中が人権問題として騒ぐかどうかというところだな。我が国の人権屋や市民団体はピクリとも動かないのではないかと思うが。どうだろ。


« まあ業界仁義的には当然だねえ | Main | 大沼 »

Comments

圧巻だ

日本人で良かった

( ゚д゚)……

趙高が鹿を馬と言い募ってみせたのと似たような話じゃないの?
…ちがうか。

中国の歴史的認識通りなんだろ。
嘘ばっかりついていると革命が起きてだな。
これはこれで大変なわけで。
それより、中国は、自国で石油を発掘できないものか。金山とかないのか。なんか夢になりそうなことがないと、大革命になるな。

さすが宗主国様はガチですな。
突っ込む気すら起こりません。

腕立て伏せか・・・
娘さんカワイソス

不思議だよね、日本国内の人権団体。中共と北朝鮮の人権蹂躙は完全無視。

中国映画「あの子を探して」を今見終わったんだけど。
やっぱり、中国は……

腕立て伏せ以外にどういう候補があったのか知りたいところですが、
なぜかって言うと、外信がまた背理的な黒いジョーク飛ばすんだろうという予想があって、幾つかはそこで当局のソレとかぶるんじゃないかと―
そのときにビミョーな面に成るんだろうなーと思うと、
ちょっと上の人が憐れな気がしてね…
「ええっ、そんな反応があるんだろうと分かっていましたよ…」って。
対応するのって、おそらく欧米での研修経験者なんでしょう?
だとしたら…

最近人権団体(自称)様の活動が
全然目立たないように感じるのはなぜ?
特定アジアに矛先を向けないのは当然のこととして
毎日新聞Waiwaiの大暴走なんかも超スルーしてるよね。
どこら辺が震源地だったのかだんだんわかってきた気がする・・・

>2007年10月8日、中国の新華社はかつてチャン・イーモウ監督の「1個不能少(原題)」に出演し、彼から「顔も不細工だし、スタイルも悪い」と酷評された女優ウェイ・ミンジー(魏敏芝)が、米国で監督デビューしたと報じた。

なんか、スゴイな。

レイプを擬似的に腕立て伏せで代用していた映画を思い出した。
警察の銀行強盗シミュレーションがどんどんエスカレートしていく奴。

罰として、腕立て100回!

光市事件の基地外弁護士が国家レベルで公式出してるようなもんか
蝶々結びとかドラえもんとか

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« まあ業界仁義的には当然だねえ | Main | 大沼 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ