« トランスデジタルと再び木村剛氏ですか | Main | 西成のあいりん地区での暴動に続いて横浜で »

2008.06.17

ファイナルファンタジー11失敗の意義とサービス止め時を考える

 この前のカンファレンスの分科会でも話が出ましたけれども、あれから数ヶ月経ってみて、結局情勢が一個もいい方向に逝ってなさそうだったので。まあ妄想混じりに書いてみるか。


 簡単に書くと、スクウェアエニックスにとって「ファイナルファン他事ー」ってのは大事なブランドであるし、そのブランドを冠したオンラインサービスであるから、あんまりブザマなやめ方はできないだろう、と思うこと。一方で、世界的なマーケットで見ればワールドオブウォークラフトのほうが圧倒的に出来が良く、アカウントも1,000万超え&稼働率はFF11よりはるかに高い状況を見ると、世界タイトルとしてのファイナルファンタジー自体は惨敗したと結論づけていい。


 単体で見れば利益が出ているとか、そういう細かい話は抜きに考えても、サービス開始してそれなりに時間が経過してて、もうサービスを支えるシステムもハードも限界なんじゃないかと妄想。っていうか、これだけの期間を同じシステムで振り回すことを想定して作ってたらああはなってないと思うんだよね。


 じゃあ投資加えてファイナルファンタジー11-2とか小細工かけて延命するとして、オンラインタイトルにおけるユーザーの続編移行率のべらぼうな低さは異常。まあ、ラグナロクとかリネージュとかエヴァークエストとか2になり次第クソタイトルになっているのは言うまでもなし。その轍を踏まぬ保証もどこにもなし、ということで、まったく違うタイトルをどう構築するんでしょうかという話になるのかなと。


 いろいろと動いている話は聞くけど、まともに「これ作ってます!」というような話が出ない理由も、恐らくは解決の方法そのものが見つからないか、何らかの理由で社内決定できないかで頓挫しているのかもしれないし、良く分からない。ただ、確実に稼動ユーザー数は減り、ゲーム内経済も回らなくなっていって、誰の目にも「終わった感」が出る前に手を打たないとブランドにまた傷がつくと恐れる部分はあるんじゃなかろうか。


 逆の見地からすれば、これほど見事な負け戦の撤退戦はないわけで、しかも局地戦ではなく、主力を投入した市場で正面から競合に負けて撤退をするのだから業は深い。経営的には早々にやめちまえばそれでしまい、なんだろうけれども、ユーザーが社会的に地位が低いゲーム業界の場合は、とりわけ変な注文がユーザーの側からつきやすいから油断ならない。


 どうするんだろう?


 で、中国市場向けへシフト、なんて話は前々からあって、まあこれはアリっちゃアリ。というのも、中国でコンソール向けとかDS向けとか正直ありえない。コピーされるから。でもマイクロペイメント的にユーザーの口ごとにネットカフェに回収代行させる形でタイトルを作っていく方法論は成立していて、大型タイトルが勝手に育つ(人口馬鹿みたいにいるし)し試行錯誤もやりやすい(勝手にサービス止めてもネットにガタガタ書かれる程度のことだし)のでそっちでドンガラだけ安く作って、うまく大規模システムで振り回せるようになってから日本市場向けに追加投資してやるって形は成り立つのかも知れんし、トライする価値はあると思う。


 問題は日本企業がサービス元だといきなりビジネス止められたり誰かに雇われた人海戦術のクラッカーが来たりするので、そこの解決がある程度見えたのもあって中国へのシフトを考えたのだろう。


 ただ、ブランド戦略じゃないけど、スクウェアエニックスに限らず収益構造とブランドマッピングは考え直さなければ会社が維持できないぞというのはどこの会社でも共通項であるんだろうと思う。5、6年前から国内市場向けの感性しかない制作グループに高給を払う余裕のなくなった会社から順番に、制作グループごと分社・独立させて厄介払いしたり、世代の古いクリエイターに難癖付けて追い出したりってことを徹底してやって、あとはセガサミーぐらいじゃね? という状況になってるように見える。だっていらねーもの、国内の開発スタッフ。国内だけで開発回収しようにも、そんな売れないだろ、日本国内。制作費上がってるのに。


 経済合理性だけで考えれば、ファイナルファンタジーに限らず、国内メーカーがオンラインゲーム市場の成長への対応に出遅れたように見えるけれども、回収の見込み方の計算式が韓国系などと違うし制作単価考えても割に合わないから、いまではオンラインゲーム市場が韓国系や台湾系、中国系の巣窟になってしまった。別に悪いと言う話じゃないけど、ゲーム業界、という括りで考えると人脈的にはまったく異質の「島」ができちまって大変。


 ところが、その島のほうが世界的に売れるゲームを作る感性が高いなんて話になると状況は一変するよね。といって、任天堂の作る子供向けゲームや実用ゲームが、ゲームをしたいマーケットにどれだけきちんと響いたか、というのはまた違う話になるけれども、お金を投じる側としては、慣れ親しんだ古き良きゲーム業界が培った侘び寂びモデルを諦めて、もっとハリウッド式の方法論の中へ飛び込んでいかないと駄目なのかな、と思ったりする。


 突き詰めれば、ファイナルファンタジー11を含むオンラインゲームタイトル群が示したものは、短期的には「どんなブランドでもいったん仕上がり時期は決めておかないとグダグダになる」ことと、長期的には「資金調達の規模と頻度が作品の寿命と収益性を規定するのであって、作品単体のクオリティだけで長続きするモデルは作りえない」ことだろうと思う。ゲーム会社が資金を求めて上場するだけじゃ駄目で、さらに資金やアイデアや技術を外部からかき集め、大きな風呂敷掲げたでっかいプロジェクトにしないとゲーム会社そのものが維持できなくなっている、というのが一方、もっとニッチでロリでも何でも特定嗜好エロをコアとしたフロス(泡)のような市場にきっちり対応した小銭しか回らない同人世界のようなミニ業界(というより界隈)というのが一方の両極端だけが生き残る不思議な世界になっちまうのかな、と。


 これ、相似形としてはハリウッド式の洋画と、単館上映上等の零細型邦画と、邦画から出て何とかハリウッドを真似ようとするテレビ局主導の邦画っていう図案と変わらない。市場規模だけ考えたらゲーム業界より一桁大きいけど。そこへ、カジノ法案だのパチ対策だの出口ががんがん塞がれて、もっともっと身動きが取れない世界へ変貌していくのだろう。ああ、もちろんカネのことだけを考えれば、だけどね。


« トランスデジタルと再び木村剛氏ですか | Main | 西成のあいりん地区での暴動に続いて横浜で »

Comments

大沼GJ!!

北斗の拳オンラインの惨状についてもコメントお願いします

FF11がちゃんと回ってたのって開始から2年くらいまでという印象
それ以降は騙し騙し延命してきたけど、最近の拡張パックが特に酷い
中身の実装がほとんど出来てなかったというありさま
もはや延命というより死体で人形遊びをしてるレベル

90年代は古き良き時代だったんですなぁ。game

さらっと書いてるけど「単体で見れば利益が出ている」ってこれが一番重要なんじゃねーの?まだ稼げてるサービスを何の意味があって撤退するのかわからん。

なんかいろいろ思い?重い?が渦巻いたんですけどね。
最後の1文に。
GTAⅣってゲームに見えないんですよ。
かといって売れるからアレを作れっていうのは不可能でしょうし。

でもとりあえず今語るべきはやる大矢とクソうざい阪神快進撃についてですよ。

FF11は失敗。ヤメロ。って騒ぐのは
大概FF11に不満を抱えつつも止める事ができない内部プレーヤ。
外部から見ると、スクエニのオンラインゲーム中、唯一の成功例。
最近加入人数が増えてなくて、どうテコ入れして増やす戦略に持っていくんだ?
というのが外から見た話。
スクエニのオンラインで失敗して早々に撤退したゲームもあるし、他社で有名タイトルのオンライン版が早々撤退した例もある。
経営陣が失敗と感じたら撤退に容赦はしないかと。
つまり、経営陣は現状でFF11は成功中だと感じている。

>経営陣が失敗と感じたら撤退に容赦はしないかと。
>つまり、経営陣は現状でFF11は成功中だと感じている。

いやもうとっくに株主総会で方針の転換は明言してるから。。
有報にも書いてあるから。。

↑「さらっと書いてるけど「単体で見れば利益が出ている」ってこれが一番重要なんじゃねーの?まだ稼げてるサービスを何の意味があって撤退するのかわからん。」

資本コストというのがあってだな・・

マスエフェクトを予算・キャラデザ・グラ・脚本全て7掛けしたらMGS4が出来て爆死したって話か

理屈臭い話だけど、そもそもゲームっていうのは限られたルールの中で人間の余ってる物理感覚を九州できればいいわけで、グラフィックばっかりリソース注ぎ込んでルールの数を無限に増やしていくとゲームとして成り立たなくなるのは当たり前なんだよな。
誰もサッカーやアメフトのルールが「リアルじゃないからクソ」だから軍隊行って鉄砲撃って来いなんて言わないし。
コンピューターベースのゲームなんてテトリスとかインベーダーとかローグライクとかでもう特異点に達しちゃってるんだよ。だから30年前みたいな据え置き機でシンボル数の多いコンテンツを運用しようっていうのより、30年前のソフトウェアと同じシンボル量のコンテンツをより軽いハードで運用しようってほうが成功するのは当たり前じゃない?

取り合えず、隊長がFF11を触ってないか、触っても「はん、こんなのやってられるか。劣化EQ」って言って投げたレベルだというのは分かった。

投資・投機の対象としての国産ゲームは総じてクソでしょ。唯一の例外、任天堂は投資・投機をはねつけるしね。
ぶっちゃけ、精神レベルガキ(=オタク)向けエンターテイメントからは全面・全方位的に金を引き上げた方がいいと思う。

ゲームなんて面白けりゃそれでいいのさ。
面白いゲームにはいくらだって投資してやらあ

タイトルをFFオンラインじゃなくFF11にしたのが
致命的失敗だった

機会損失や資本コストも考えずに「黒字だから失敗じゃない」とか平然と書くバカが多いのには驚く

もともと世界展開なんて考えてなかったでしょう?
Windows用MMOでガチで勝負したらそら世界に勝てるわけがないでしょう?

ゲーム機用なんちゃってMMOてのがFFのポジション
EQとかWoWとかと比較するのがどうかしてる
次世代機が普及しないから新作が出せないだけで
スクエアが何か失敗したというわけでもないし、
FF11が終わろうが普通に賞味期限切れというだけ
むしろ6年よく持った という評価じゃん

いまのFFだってVerUP当日の関心は相当のものだし
否定的な事言ってる層だって新作なんて出た日にゃみんなまとめて釣られちゃいますよ

↑本気でこう思ってるとしたら悲惨すぎる。。

>もともと世界展開なんて考えてなかったでしょう?
幾らかかってると思ってるんだろ

>Windows用MMOでガチで勝負したらそら世界に勝てるわけがないでしょう?
ガチで勝負したんだよ
悲しいぐらいにね

>ゲーム機用なんちゃってMMOてのがFFのポジション
ローンチ時点でのリリースを読んだことがないのか

>EQとかWoWとかと比較するのがどうかしてる
EQ以上に金をかけたんだよ

>次世代機が普及しないから新作が出せないだけで
次世代機では続編を投入しない(だけじゃなくチームを新たに立ち上げない)ことは決まってる

>スクエアが何か失敗したというわけでもないし、
株主総会でも有報でも路線を変える、新規投資は国内向けにしないと明言している

>FF11が終わろうが普通に賞味期限切れというだけ
これはそうだな

>むしろ6年よく持った という評価じゃん
早く撤退しろという意味ではそういう評価だな

>いまのFFだってVerUP当日の関心は相当のものだし
常時接続で1万切る日もあるからてこ入れしなけりゃ人も集まらんというのは問題だぞ

>否定的な事言ってる層だって新作なんて出た日にゃみんなまとめて釣られちゃいますよ
新作出しても反響がだんだん減ってるから危機感感じてるんだよ

>ガチで勝負したんだよ悲しいぐらいにね
そもそも日本にはPCゲームの文化がないし、長期で売る仕組みがない
PS2HDDの販売はとっくに終了し、宣伝するPCゲーム雑誌すらない
家庭用ゲーム機は2週間で売り切るような市場でしょ。
6年前のゲームに店頭スペース割いて、ファミ通の広告費だせますかw 構造が違う
FFブランドの海外認知なんて(FF11 発売当時)低いし、所詮キャラゲー。
海外のアニオタにしかアピールしてないし

>ローンチ時点でのリリースを読んだことがないのか
リリース信じるタイプですか

>EQ以上に金をかけたんだよ
オフゲなんて0から作って売れねーとか言ってるのに
システムは流用。CGムービーもなく、紙芝居でこんだけ売れたらボロ過ぎです

>常時接続で1万切る日
夜なら鯖2000人はいるでしょ*30鯖 1万って何?w

>新作出しても反響がだんだん減ってるから危機感感じてるんだよ
スクエアの体力が落ちてる事とか、日本人のゲーム離れとかは別の話でしょ

ダメスクエアの中の稼ぎ頭じゃん。運営酷いっていっても全然マトモ。
賞味期限切れが近づいたって当たり前の話

これ以上のモノって何ですか?実名あげてくれよって話です。
WoW? 世界一とだけ比べられてもなwww
何が失敗なのかとw

次のネットゲーに繋がる流れを作れずに撤退戦を始めたのが負けってことだろ
プレイオンライン構想も潰れたしな
単体作品としての利益なんて瑣末なこと

海外に売らなきゃやっていけないなんて悲しいことね

たぶん隊長氏は投資回収失敗と新事業への継続失敗の話をあわせて書いてるのに、FF信者が2ちゃん見て失敗じゃないと頑張って書いてるのは笑える

>FFブランドの海外認知なんて(FF11 発売当時)低いし、所詮キャラゲー。

有価証券報告書とか読んでから書こうな
事業開始当時は国内向けだけで進めるなんて一言も書いてないからさ

>海外に売らなきゃやっていけないなんて悲しいことね

海外に売らなきゃ開発費すら賄えませんよ

>これ以上のモノって何ですか?実名あげてくれよって話です。

利益だけ見たらチョンゲー30個ぐらいに抜かれてるのがFFだべ
オンラインゲーム全体で見たら■eは間違いなく負け組

ゆとりのFF信者に釣られて何が楽しいんだ?

資金調達や事業計画の面から言えば隊長の言うことの方が正しいだろうが、
6年もサービス引っ張らされたsagesandiの能力の限界をとっくに超えて
どうしようもなくなってる状況は同情するほかない

自己陶酔かオープンかの違い?
グローバル商品になれるかどうかの一線って

失敗してるからフロントミッションが終わったりアーケードに新境地を見出そうとしてるんでしょ?と必死な人たちに問いかけたい。

そもそも国民の娯楽にかけられる余剰が目減りしてる状況で今までのようにやりもしないゲームに毎月お金を払ってくださいっつーモデルが通用しないわけですよ。

もうね、悲しいけどゲ界隈はどのジャンルにしても暫くは小銭を巻き上げて収益を立てられるモデルに移行しないといけないわけですよ。出来ない奴は出てけよ、と。

そう考えるとSFOだったりスト4だったりとカプは頑張ってると思うわけですよ。他もケチくさいこと言ってないで頑張らないと。

>資金調達や事業計画の面から言えば隊長の言うことの方が正しいだろうが、

何処のソフト会社だって抱えてる問題じゃんw
コンテンツ業界次のヒット作が出せないなんて極普通の話じゃんw

次はメタルギアの次がないコナミ、モンハンの成功をつなげられないカプコン
とか言うんですかw


元々次世代機が出れば、終わる予定って明言してたじゃん
それが遅れに遅れて、発売されたら死産でした みたいなPS3,Xbox,Vista
どうしろとw

流し読みして見忘れたけどさ

>自己陶酔かオープンかの違い
>グローバル商品になれるかどうかの一線って

ローカライズが上手に行えるかどうかという線がゲーマー的には有力じゃないという話になっております。結局、文化の違う国に異質の文化で楽しんでくれといっても成功しないのは当然のことなので。

コンテンツ業界全体が調達手段の多様化を映画モデルにシフトするのは必然だな
スクゥェアの場合は看板タイトル使ってしまったので、社外資本使うのも困難なわけで

他社としてもどう撤退するかは注目ですわ

コンテンツ業界全体が調達手段の多様化を映画モデルにシフトするのは必然だな
スクゥェアの場合は看板タイトル使ってしまったので、社外資本使うのも困難なわけで

他社としてもどう撤退するかは注目ですわ

てかFFXI撤退したら現金収入がガクンと落ちて終わるだろ
FFXIなくなったらスクエニ終わるぞ

隊長、お詳しいコーエーについてもご解説願います

フロントミッションが死んだのが痛いが仕方ない

任天堂のは子供向けゲームや実用ゲームと思ってるうちは隊長のゲーム会社は鳴かず飛ばずだろうなと思った。

ちゅうか
PS3コケた時点でフラグ

>>任天堂のは子供向けゲームや実用ゲームと思ってるうちは隊長のゲーム会社は鳴かず飛ばずだろうなと思った。

隊長の会社がどうかは知らんが、任天堂リリース以外の国内売上の七割が子供向け&実用&ツールなんだから実態としては何ら間違ってないだろう

隊長の会社ならMSやCAと組んで国内30人欧米80人体制になってて、CEDECでもアナウンス出してるし元気な方だと思うぞ

>何処のソフト会社だって抱えてる問題じゃんw

だから解決しなければならないわけだが。

ユーザー視点からすれば当たり前のことなんだろうが、世の中ユーザー寄りの話だけでは成り立たないから。

世界的なマーケットで見ればワールドオブウォークラフトのほうが圧倒的に出来が良く、アカウントも1,000万超え&稼働率はFF11よりはるかに高い状況を見ると、世界タイトルとしてのファイナルファンタジー自体は惨敗したと結論づけていい。

単体で見れば利益が出ているとか、そういう細かい話は抜きに考えても、サービス開始してそれなりに時間が経過してて、もうサービスを支えるシステムもハードも限界なんじゃないかと妄想。

論点がずれてるw

ファイナルファンタジーもそうだが、大作のリリースタイミングの長期化が影響して売上を維持しなきゃならない大企業ほど資金調達は多様化させましょう、というのは同意

ただ実務として、個別タイトルの採算性が悪化している現状で、ゲーム単体に出資をきちんとしてくれる先とのコンタクトをどう保つかは議論が分かれるな

あと、韓国ゲームにオンライン部門が後塵を拝している理由は、明確に製作コストが国産は高いからだと思うよ

プロジェクトファイナンスとか鉛筆舐めても無理なものは無理

アメリカに比べれば日本人は安い賃金でよく働くそうですし、海外向けのタイトルを、MS とかにしっかりマネージしてもらいながら、国内で作るのがいいんじゃないかなぁとか、最近は思ったりしますねぇ。

>アメリカに比べれば日本人は安い賃金でよく働くそうですし、

7,8年前ならともかく、今はもうそれは幻想です

>だから解決しなければならないわけだが。

臼井さんはあまり構想を考えるのが得意ではないからねぇ

あと、普通に利益率4割超とノンキなことを書いてる2ちゃんの連中に、ファイナンスの基本知識がある奴の解説をしてらないといかんと思う
DCFやPFの概念も分からずに短信だけ見て儲かってると勘違いしている人が多すぎる
おまけに社内でもFFXIは儲かってると思い込んでるのもいる
これじゃEAやブリを超えようとしたって無理だよ
レベルが違う

大作ローテーションと設備コストの件はコンテンツ業界にとって永遠の課題だけど、制作費の上昇を輸出とローカライズによる最適化だけで欧米のパブリッシャーが乗り越えているわけではないんだよね

隊長氏が言うのとは別に、ニッチモデルの集合体で頑張ってるメーカーやパブリッシャーもある
資金調達はそこそこだけど、異常なクオリティーの積み重ねでファンを抱える方法
まぁだから資金力に勝る大手に買収されちゃうんだけどさw

PS3がコケたから、という意見もあるけど、PS3が普及していてもPC版の普及曲線からすれば結論は大差なかったろう、というのは二年ぐらい前のCECAでの中の人のプレゼンでも触れていた通りかな

話に入れんアホから言わせて貰えば
FF11オフラインは出るの?というか現実的に出せるの?
出たら面白そうと思ったんだが。
あとフィギュア関連をもうちょい充実させてくれると
ありがたい。
誰得かもしれんがロマサガ系のやつとか。

あんまりレベルの低い書き込みにレスするのも良くないんだろうけど

> オフゲなんて0から作って売れねーとか言ってるのに
システムは流用。CGムービーもなく、紙芝居でこんだけ売れたらボロ過ぎです

制作ノウハウが根本的に違っていたので、参考にするシステムやグラフィックにかかる工数を削ってもシステム関連予算全体で見れば作品トータルでいまだに赤字です

なぜ黒字に見えているかというと、他タイトルとのシステム共有にしたり、機材を納入している商社に泣いて貰ってTR率変えてもらったり、FFタイトルを導入したい海外のCPから協賛金を取ったりしながら、GMを整備したりするコストも埋没させて帳尻をきちんと合わせているからなのですよ
もちろんアクティブ率の低下の割には解約率が少なかったという日本市場ならではのジレンマもありましたが

大規模アップデートはできてもタイトル替えての続編の検討が遅れた理由も、もっぱら採算面とユーザーがきちんと移行するのかやタイトルの編成面などを考えるとリスクをファイナンスでカバレッジできないというのが主たるところですね

オンラインゲーム単体で考えるなら、どんどん運営別会社に任せる方式を推進して切り離さないとだめなんですが、肝心のHとかBとかがいまいちなもんですからねぇ

ヘッドロックは面倒なことになってますねぇw
ポンスビックも社長がオカシイです

>制作ノウハウが根本的に違っていたので
>他タイトルとのシステム共有にしたり

具体的にお願いします^^
スクエアでそれなら他社では技術的に作る事すらできませんなぁw
乱立してるチョンゲとかスーパーハカーの仕事ですかね

>なぜ黒字に見えているかというと
業者泣かして黒字化っすかww楽な商売っすなww

6年経過のゲームでブランドに傷?w
全然売れないFF外伝作品とか、期待の新作の立場はどうなっちゃうですかwww

↑こいつバカじゃね?

ゲームのリソースは基本使い回し。それを完全新作のオフゲと同じ値段で売ってる。
これで利益がでないなら単体オフゲはどうするのかと。

鯖の運営費は月額1500円+αで幽霊会員多し
FFXIはナロー回線仕様
これでペイしないってどういう状況?

国内独走のFFXIですらトータルではカツカツのお荷物。
次世代MMOとなれば更にリスクが高まり割に合わない
つまり新作はあり得ないって事ですか( ´_ゝ`)

玉砕覚悟で今更旬が終わったMMO作る必要も余裕もありませんしね。フーン

スクエニのビジョンが良く分からんので断定はできんが、
中国シフト後のオンライン事業自体でどれだけの将来性を
見込んで投資しようって話なのかね?

売上維持で精一杯の状況なのは良いとして、
調達かけようにも、タイトルごとの利益率がこれ以上低下したら
財務面から会社が崩れて分裂しちゃったりするんじゃないの?

まぁー他人の会社をどうこう言える状況ではうちもないけどね

>というのも、中国でコンソール向けとかDS向けとか正直ありえない。コピーされるから。

金がない者はさておき、所得の上位5%なら先進国並みに消費余力を持ってそうだし、数にして6500万人いることになるから割とありのように思えるのですが、その辺どうなんでしょうか?

ペイとかペイじゃないとか、それよりも「事業として、もう魅力がない」ってのが最大の問題だろ。

もしペイ(+年利)のことだけ考えるんだったらオタク系エンターテイメント産業は悪くないよ。
典型的なのは、エロゲー問屋のヴューズ。アソコはメーカーに金貸しして、売り上げからざっくり返済させた上、自分たちが流通させてるんだから、エライ儲かっている。

でも「エロゲーが事業として魅力か?」つーたら絶対無いだろ? 例え年利50%超えてても、誰も投資しないだろ?
(まぁ、あと、投資家にとっては小口過ぎるってのもあるかな。いいとこ一作品・上限一億だしな)
オタクの臭い包茎チンポを慰める道具を作る産業に、投資家様の美しいお金を突っ込むなど、ありえんでしょ。挙げ句、人生(笑)だとか文学(笑)だとかバカも大概にしろっての。

FF11ってば、単純にもう「事業として魅力が無い」。エロゲーよりマシな程度。
業界再編のための金の使い方を仕込むのはいいけど、多分徒労に終わると思われ。

冤罪の可能性がある→すべての刑罰に冤罪はあるので死刑に限って反対する理由にならない。
          さらに、冤罪を理由に廃止してしまったら通り魔や立てこもり犯のような現行犯も死刑にできなくなる矛盾が起こる。
命は取り戻せない→取り戻せないことを論点にするなら時間も取り戻せない。
       ならば懲役も反対しなければダブルスタンダートである。
死刑廃止は世界の潮流である→嘘。死刑廃止は90国、死刑存置は97国。
       さらに、潮流とやらで内政を決定しなければならない理由は主権国家である以上まったく無く、
       仮にそうならば真っ先にあなたは9条の廃止と正式な軍隊を持つように主張しなければダブルスタンダートである。
抑止力が無い→嘘。非常に大きな抑止力があると証明されている。(一件執行されるたびに殺人が5件減少する)
           また、厳罰化の結果飲酒運転は激減しました。罰が重いほど罪を犯しにくいという結果が出ている。
国が殺人を容認するのはおかしい→刑罰は殺人では無く法治国家における正当な司法である。ならば懲役は監禁、罰金は恐喝になる。
犯罪者にも人権がある→自然権以外の人権は国が保障したものであり国の法に反した者の人権を制限することは何も矛盾は無い。
終身刑でいいだろ→日本の刑務所は満員を超えて116%の収容率になっている。場所が足りない。税金も無駄。
       さらに、死刑になるような凶悪犯罪に対する罰がその程度では国民が納得しない。国勢調査で8割以上の国民が死刑を望んでいると出ている。
自分がいつか殺人を犯すかもしれないだろ!→犯しません。普通は加害者になることよりも被害者になることを心配します。
野蛮!→日本はどの廃止国よりも犯罪率の低い国です。ちなみに廃止国は現場で射殺しています。日本では正当防衛で撃っただけで問題になります。
中国や中東の人権侵害国家と同じだ!→殺人、強姦等の犯罪を犯した者と、思想犯、宗教犯を一緒にするな。
神は人間が人間を裁くことを許さない→法治国家全否定ですか。
死んだ被害者よりも生きている加害者を助けよう!そのほうがインテリ!→んなこと言ってるから支持が得られないんだよ、犯罪者の味方さん。

>システム関連予算全体で見れば作品トータルでいまだに赤字です

とか言ってるけどさあ、そんなもん合併時のゴタゴタにあわせてPOLの制作費とサーバ初期55億は特損で落としてんだよ
(あれはすげえ和田マジックだった)
もしまだ毎月償却乗ってたらもっと早く終わってたわな。

フロントミッション終わらせた今ほかにオンラインタイトル無いのに[他タイトルとシステム共有だから]見かけ上黒字とか寝言言ってんじゃねえよ

つまり黒は黒だが、システム運用固定費の方で
なかなかサーバ統合できずに肥大化しまくってるのは問題だ
今後もサーバ統合が効率的に進まんと割引率はあがる一方だな…

→ フロントミッション終わらせた今ほかにオンラインタイトル無いのに[他タイトルとシステム共有だから]見かけ上黒字とか寝言言ってんじゃねえよ

制作部門の埋没コストの話だと思ったんだが?

>そんなもん合併時のゴタゴタにあわせてPOLの制作費とサーバ初期55億は特損で落としてんだよ
>(あれはすげえ和田マジックだった)
>もしまだ毎月償却乗ってたらもっと早く終わってたわな

やや同意
だがあれは社内ではマジックで済んでるかもしれないが
財務からすれば純然たるトラックレコードだから赤は赤という
理屈の方が財務的には正しかろう

ぐだぐだコメ欄でやりあってるけど、要はスクエニが思ってるオンゲの事業評価と、プレイヤーの事業評価と、市場からの事業評価とがバラバラなんだろ。

そんなのスクエニに限らずどこのメーカーだって股裂き起こしてるよ。

ごくごく単純に国内でいまだにFF11がパイを食い過ぎで
自分の噛んでるとこがでかくならない。
だから一発FUDをかましてやる。 そんだけでしょ。

正直世界一のシェアを持つWoWを挙げて『FF11は失敗!』つうなら
エバークエストIIやらリネージュIIなんかはなんで引用せんのか・・・

↑EQやリネはとっくに言及済みなんじゃ
あとFF11がパイ食い過ぎとか言ってる時点で駄馬

そこで ろーど おぶ ばーみりおん ですよ

FF,DQは国内で何かしら元会社がアクション起こせば結構な反響あるし、そこらへんを儲け話にできないもんだろうか・・・
国内の話題っつーか影響力ってのは未だにすごいんだし、なんか最早、観光資源的な使い方はできないんだろうか。
ここら辺のタイトルはMGSほど器用に海外人向け改造は無理だと思うんだが、この先生きのこってほしいのは正直なところだし。
とか書くと大抵スクエニ叩きが始まるんだよな

日本の風土もあるだろ、ネットはタダだろ、みたいな

なんか「■e失策w」&「FFXIは負けた!w終了!ww」って言いたいがために長々と書いてるだけの人も多い気がするなぁ

だからと言って、携帯電話向けのオンラインゲームなんていう話はあるのかねー?
携帯電話向けで活路を見出そうとしているようにも読み取れるのは気のせいでしょうか?
まぁ、儲かったという話は聞かないし、せいぜいが着歌着メロぐらいが利益でたくらいでないかな。
携帯向けも似たような人の流れはあるかもね。
陳腐化が激しいし、回転率を上げて、新しいものをどんどん投入していかないととうことになるのかもね。
規制もはいることだし。海外進出組はあっという間に惨敗だったと聞くし。
携帯電話向けも大変です。

結局ソフト商売で成功してるのって任天だけ?

色々な事象がありますが、この世に必要であるから
存在しているのではないかと思います。
必要が無くなった時に、一方的になくなるのでは
ないでしょうか。
ハードであれ、ソフトであれ、物体であれ。

必要だから、存続しているのでしょう。
それは運営会社の意図でもなくユーザーの意図でも
無く。もっと高レベルな見地で

そんな気がします。

スクエニのオンラインゲームの売上とか。
オンラインゲームといえばあそこはFF11位しかないから、FF11の売上だと思ってよい
資料はここから
http://www.square-enix.com/jp/ir/j/explanatory/index.html

オンラインゲーム(単位は億)
売上高 営業費用 営業利益 営業利益率
2002 42 52 -10 -23.81
2003 89 65 23 25.84
2004 138 88 49 35.51
2005 157 98 59 37.58
2006 136 68 67 49.26
2007 120 62 58 48.6

WoWと比べると、負けているでしょうが、そこまでひどいのか会計とか知らないので分らない。
100億ちょっと売り上げて、利益が50億ちょっと出ているなら、素人目にはすごいと思ってしまうが、プロの人の評価は、そうでもないのかしら。

大事な事はFFというブランドが陳腐化すると、次の手が鬼のように打ちにくくなってしまうという事。

いくら金をかけてもブランドを作る事が困難な昨今、既存有力ブランドの陳腐化は経営的に見て非常に厳しい。

金銭的な部分は社債発行したりしつつ、和田マジックでうまくやると思う。

ブランドをいかに生かすか・・・、
これこそがスクエニのもっとも重要な経営課題だと個人的には思う。

ドラクエオンラインが出せない訳だな。

まだレベル75キャップも外れてないし
(最大レベルは99だと予測される)
ある程度黒字が出てる間は続けるでしょ。
バハムートが使えるようになってヌルい仕様に
なったら終焉になるのかな・・・。何年後になるかは
わからないけど

まああんたらがどれだけ喚こうがFF11単体は黒字なんだけどねw
世界一の規模じゃないと成功とは認められないってのもすごいねw

↑お前の小遣いの問題じゃねーんだよ
単体でいくら黒字でも問題は会社だと起きるの

>お前の小遣いの問題じゃねーんだよ

やや同感。
作品単体としての微小な黒字で成功と言い切る無能なのが多すぎる。
どこの業者も撤退に向けた相談を投げられて、どこも受注しようとしない理由なんてユーザーにはわからないんだろうね。

ネ実からきますた

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« トランスデジタルと再び木村剛氏ですか | Main | 西成のあいりん地区での暴動に続いて横浜で »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ