« 後先考えずにちゃぶ台返されても困る | Main | 規制の矛先は「サバイバルナイフ」なのかーーーッ!! »

2008.06.09

人とは、理由もなく生き、理由もなく死ぬものだ

 遺族としちゃたまらん話だろうなあ。お悔やみ申し上げます、としか言えないが。


http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080608-2810266/news/20080609-OYT1T00180.htm


 この手の事故や災害、犯罪での死者は、その人が性質的に善であるかどうかに関わらず命を落とした勘定になる、もちろん善も悪も人間が人間同士生きていくうえでの決め事として作り上げた仕組みに過ぎないから、善人であるから事故に遭わず息災で長生きし、悪人であるから天罰が下って悔い多き死に至るとは限らない。


 自然法派である私としては、そもそも人間の叡智など限りがあり、特定の人間が個として如何に聡明で善良であったとしても、自然の営みすべてを予測し食い止めることなどできない。自然に限らず、人間対人間、社会対社会であっても、思い違いも不慮の事故も起きうる。


 そればかりか、いまここに私があって、回線の向こうに貴兄貴女がいる理由も分からぬ。生きている理由もなければ、死ぬ理由さえないのかも知れぬ。ただ、誰かは誰かと関係を持って、それが有機物を人間たらしめているのであれば、その人が私のそばにいる意味もその理由も分かっておきたいというのは心情なのだろう。


 遺族にとって、その死が理不尽なのは、理由もなく関係が断絶されたからであって、死そのものに死因はあっても理由はない。どうしようもないのだよ。泣いて叫んで神を呪っても、ただ頭のおかしい殺人者がいたというだけで、彼が何故殺人に及んだか、彼を遺族が激しく糾弾し、再発の防止を願ったとして、それがどれだけの慰めになるのか、私には分からぬ。


« 後先考えずにちゃぶ台返されても困る | Main | 規制の矛先は「サバイバルナイフ」なのかーーーッ!! »

Comments

人為だとね、やっぱり宛先が具体的に見えてしまうからね…。
こういうときに分かってしまうのは、(逆説的だけど)僕等は基本的に他者を信頼しているんだな、ということだね。或いは法の精神の上での人格としての他者と言ったほうが正しいのか…。
世間知が生活が必然と形作るような人間というものが在るし、居ると、どこかで信じている。
直言すれば、人間とは良心のことだ、と思っている。
それは、往々にして裏切られるわけだけど。

このたび命を落とされた7人のかたのご冥福を、お祈りいたします。

どうしようもないとわかっていても何かをしなければおかしくなってしまうと思って無駄な行動をしてしまうのもまた人間だとはおもうが。

やり切れない思いから出た言葉なのだろう。
今は、この言葉を黙って聞いて抱き締めるしか何もできないのだろう。
死んだ者はもう帰ってこない。残された者の空隙を埋めるには時間が必要だろう…。

だんご大家族でも歌ってしのぐしかない

全てに意味がないということは、無駄なものもないということ。あらゆる行動は必然であり偶然。

生きることに訳があり、死ぬことにも訳があると
すべてのことは理由があると
人はそんなことばに慰めを求めるのかもしれません。
自分のこどもや夫や恋人が、ただやみくもに訳もなく不存在となったことを理不尽だと叫ぶ、今はそれしかない・・・とても哀しいです。
ご冥福をお祈りします。

南無阿弥陀仏

ただ、それだけだ。


それにしても、秋葉原は、事件前も治安が悪く感じたし、
都市設計が気持ちが悪い。不吉だよ。

まあ、それらの思いを利用して視聴率を稼ごうと
する輩には憤りを禁じえないわけだけれど

念の為貼ってみる。

【2ch】日刊スレッドガイド 【マスゴミ大歓喜】秋葉通り魔の加藤容疑者は温厚なロリコンでスピード狂
>ttp://guideline.livedoor.biz/archives/51083948.html

 一番ビックリしたのはいつの間にかヤマギワの跡地にソフマップができており、22時の段階で明るかったって事ですかね。
 中学時代なんて20時過ぎたら秋葉原の中央通りなんて街灯以外真っ暗だったじゃないですか。
 20年も経てば街の風景なんて様変わりするとは思いますが、まさかあそこまでの変貌を遂げてしまうとは…と痛感しましたわ。

泣いた。
回線の向こうのここへ、なぜくるのか少し解った。
ご冥福をお祈りします。

そうは言っても、誰か一人でも「これで悲しんで犯人を糾弾しなければ非人である」と騒ぎだしたら、そうしないといけなくなるもんですからね。
最悪、現場で携帯電話によって撮影された写真やテレビ報道のキャプチャー画像をおもしろおかしく加工したコピペを垂れ流しされるし。
いや、糾弾してる人がそれを考えてやってるって訳じゃないけど。

秋葉原にビルがたくさんできてきて、北西鬼門からの悪い気が秋葉原付近で停滞するようになっちゃったんじゃないのかなぁー。
鬼出没ってかんじで・・・。

秋葉原は「都市設計が不気味」というより、
「自然発生したものに下手に人為的なものを持ち込んで
変なことになっている」ように見える。

>その人が私のそばにいる意味もその理由

 そんなの隊長が大好きだからに決まってるでしょ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 後先考えずにちゃぶ台返されても困る | Main | 規制の矛先は「サバイバルナイフ」なのかーーーッ!! »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ