« 築地のキムチ臭対策ねえ | Main | アスキーソリューションズの増資が取り止められたサイダー »

2008.04.03

赤旗が「ネットカフェで結核」の話を

 知らなかった…。


結核注意 ネットカフェ感染
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-03-31/2008033105_01_0.html


 で、どさくさに紛れて財団法人結核予防会結核研究所の大角晃弘主任研究員は「ネットカフェは不特定の若者と結核発病のハイリスク集団である都市部の貧困層とが長時間、同じ空間に居続ける場」と発言。ちょっと、そこの財団法人結核予防会結核研究所の大角晃弘主任研究員。いくら赤旗だからってネットカフェにいるのは都市部の貧困層って。財団法人結核予防会結核研究所の大角晃弘主任研究員は核心を突きすぎる。


 その下に小池晃参院議員(医師)の話とやらが。曰く「以前はサウナでの感染を聞きましたが」って、サウナが感染拠点だったのか… 偉大だな、結核菌。で、「この根底にあるのは、住居すら保障されない不安定雇用にあります」と発言。


 でも諸外国の結核患者数を見ると、日本の結核患者が英国についで多いというようなデータが示されているのだが… 住環境が凄いことになっているアメリカとか、住環境どころではないイタリアとかが日本よりはるかに低い数字になっているのはなぜだろう。あまり住環境は関係ないんじゃないだろうか。国別の結核罹患率についてはいちいちデータを調べるのが面倒くさいので観てないけど、WHOとかにはあるんじゃないか。


« 築地のキムチ臭対策ねえ | Main | アスキーソリューションズの増資が取り止められたサイダー »

Comments

塩不足だな。肉不足でもいいけど。血が薄いのだよ。

ビタミンCと糖質をたくさんとっている爺ブロガーがいるけど、
ネットカフェに行けば間違いなく結核に感染だろうな。
本能的に怖いから家のパソコンの前でヨタ話に花を咲かせているんだろう。

ちなみに、隊長の偏頭痛も塩不足。
ビールの飲みすぎは塩欠乏のもと。
電車の中で意識がなくなるとかあるけど、
その間、身体は、
せっせと自分の身体の肉と骨を溶かしているんだな。

結構、都会の人でも結核って普通になりうるよ。数年前、知人のお父さんが通勤途中?でうつされ、家族内で感染して、その友達は数週間隔離病室にいました。そんでもって、家中を消毒されたそうです。感染してる人がいないから、他人事みたいな感じだけかな?と。

アメリカやイタリアは不特定多数がひとところに密集
ってのが少ないからなんじゃないの。
日英はそういうの多そう

2006年の十万人単位件数の国順なら以下で見られるよ。(all cases) ってのが何なのか分からんけど。

「WHO country data: estimated burden of TB」
http://www.hpa.org.uk/web/HPAweb&HPAwebStandard/HPAweb_C/1195733837507

まあ結核は貧困と大いに関係がありますので有りそうな話ではありますな。

戦前、結核が国民病でしたから。

今、学校では「ツベルクリン反応検査」とか、「BCG接種」って、どうなってんだろ?
俺は「擬陽性」でBCG接種しなかったけど。

勘だけど、擬陽性の人にBCG接種しなくて、その人は実は陰性だったんじゃないかな?
そう言う人が感染してんじゃね?

そもそも戦前戦中戦後と結核が国民病扱いで発病はしてないけど保菌状態というのが山程いるし、
その世代が高齢化して体力が弱くなってたりして発病というか菌が出る状態になれば、
都市部とか人の集まる病院等を通してあっという間に広まるんじゃないかと。

ましてこの世代で貧困層が増えれば(ry

というか、浪人中に隔離入院するハメになって進路を変えざるを得なくなりましたが、何か?

むしろ隊長を結核に感染させてサナトリウムに隔離して原稿をさっさと仕上げさせようと画策してる編集のヒトがいそうな悪寒

不潔な者が感染しやすく、
病気になってもなかなか医療の世話にならない金無しや自堕落者が
菌をバラまくわけで、
つまりはホームレス(人間のクズ)ですな。
で、コイツらクズが冬場図書館で暖を取るせいで
まだ十分な体力を持たない、読書好きな小学生が
犠牲になるわけです。

赤旗は、まともな記事もあるのだけれど、
2chあたりだと強い偏見があって、赤旗の記事ってだけでまともな目で見てくれないねえ。

図書館の衛生問題は、結構深刻だと思うなあ。
ホームレスが入れないように身分証明ないと入れないようにしないといかんと思うんだが。
せっかくの本好きな子供が、ホームレスのクズどもの被害受けるとかあほすぎだろ。

>住環境が凄いことになっているアメリカとか、住環境どころではないイタリアとかが日本よりはるかに低い数字になっているのはなぜだろう。

アメリカ・イタリアの貧困層は結核になっても医者にかかれないので患者数が把握されないと考えられないか?

日本は結核のキャリアーが桁違いに多いんです。
住環境とかあんまり関係ありません。
50年前の指標を反映しているだけです。

人口の密集度考えれ。日本のネカフェ並の人口密度で貧民と長時間同じ空間なんてアメリカじゃありえませんよ
住み分けしてる訳だしな

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 築地のキムチ臭対策ねえ | Main | アスキーソリューションズの増資が取り止められたサイダー »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ