« 大沼 | Main | GREEってほんとに使われてる? »

2008.03.31

転職したはいいけど、レベル2に上がれません

 困惑しています。


 もっとも不安視された物件の規模や、物件の設置および物件の耐久性などに問題は見られませんでした(当社比)。本件については、恐らくは顧客満足度がある程度高い前提でお話をしてもよろしかろうという気分になってきました。


 ところが問題が発生しておりまして、物件から遺伝子情報がアップロードされません… 転職してこのかた、四回ほどうpしようと頑張ったのですが、肝心の事案が達成できずにおります。如何なものでしょう。


 従来から黄金の左手による自家発電は柔軟かつ健全に実施されており、何ら機能面に問題を感じなかったのですが、やはり物件の規模のキープに力を注ぎすぎなのでしょうか。宿屋の掲示板に冒険同行者募集と貼り出すわけにもいかず、困惑は深まりつつあります。


 はてさて。


« 大沼 | Main | GREEってほんとに使われてる? »

Comments

山本イ遅漏だったのかよ…

まあ最初はそんなもんかと

>山本イ遅漏だったのかよ…

誰がうまいことを言えと(ry

疲れてんじゃね?
俺は左手使っても、逝くのに時間が掛かるように
なってるぞw

子作りだけなら、手で直前まで持っていけば

慣れ。数こなすべし。

男が35にして甘酸っぱい体験をしてる。。

左手が壺をつきすぎてんだよ。自分の壺は自分が一番知っている。左手を封印するしかない。

majimeniyare!

しばらくしたらこれがやくにたつかも。
http://www.dnatesting.com/

バ ッ ク で や れ

まぁ、何ですかね。その、頑張ってください、隊長。
後学のため、参考させていただきますので、今後とも状況をご報告していただけると幸いだったりしますが(爆)

本当にキミはバカだなぁ。

早漏より遅漏のほうが嫌われるんだぞ…本当は。
典型的なオナニー性遅漏です。
まんこは握力ほど強く締め付けることは出来ません。

とりあえず手淫禁止と女の前で格好つけようとしないのが大事。エロい事だけ考えてればよろしい。

リラックスして自分の好きなようにやるといいですよ。
こればっかりは真面目にやっては駄目です。

なんだ隊長も自家発電しすぎだったのかわろたw

産廃の話かと思って一生懸命読解してたのに下ネタかよ

ゆっくり焦らず
プレッシャーかかると双方によくない

って何真面目に語ってんだろ

普通にオナ禁すればよろし
なにを若者みたいな悩み持ってるんだ

まあ、レベル2ではないのかもしれませんが、
経験値は貯まっているでしょう。

その、気の長く要りそうなところが鬱なんでしょうが。

>オナニー性遅漏
オイラもそうだなぁ
生でも中でイク気配なんてなかった

まぁ 遅漏が打順4回目でイケルのは幻想かもしれん
オナの見せあいっこして やっとヒットって感じ
ホームランはそのうちかも

風俗嬢によると、最近はそういった若い人が
すごく多いらしいです。ゆるめのオナホールで
リハビリ(?)するという手もあるかなぁ。
というか、こんなことブログで書いて大丈夫
なんでしょうか・・・

最初は正常位だと相手のことが気になってイケない
人が居るよ。

私もそうでした。自家発電に慣れすぎ&気持ちの問題が大きいかと。
「いかなあかん」と思うとなかなかいかなかったので、彼女に逆に「いっちゃダメ」とあえて言ってもらい楽になり、呪縛をときましたよ。

自家発電用のガソリンを枕元に置き、それを糧に電力供給してみてはいかがでしょう。

最終的にはP2Pということで、他人からうpしてもらう方法もありますから。

ちなみに小生は嫁さんとヨイトマケ後、彼女が寝たのを見計らって動画ファイルナビゲータを最後まで参照吟味し、優良案件をDL(分割時にはUnitemovieできちんと結合)したのちにセルフロデオボーイしております。

皆さん反応よすぎ。

多分、緊張してるんではないでしょうか。

数をこなせば、いつの間にか「地労」どころか「候」になってしまいますんでw

最初は、上になってもらってとか。

アナルに入れればいいんじゃないかな

誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくい話ですよね

そんなこと考えている暇があったら、今すぐソープへ行け!

ニャー

(山本はジジの言っていることをもう理解できないが、とてもいいアドバイスをしている)

いくつかダイレクトに書くと、

・皮オナニー派だと、亀頭の性感帯が開発されず、竿部分の摩擦でしか快感が得られないため、遅漏化する
・一人でする射精はリラックス状態なため、他人がいると緊張して射精できない、そもそも射精時は生態的にものすご無防備な状態なので緊張していると以下略

対策としては

・まずは回数をこなして慣れる
・通常オナニーをするのと同じ体位でする
・しばらくオナ禁してみる

 最後の手段として、行為中に好みのネタを妄想するという方法、要するに相手の性器を使ったオナニーで慣れるという手段もあるが、文章にしてみるとなかなかヒデェと思った

顔にかけちゃって~♪

アリクイ貸しますよ

いちばん効くのは乳首。入れたら自分で自分の乳首、指かなんかでいじる、もしくは相手にそう頼む。

鶯谷駅周辺でバイアグラをバラ売りしているので試してみれば?

俺のはいわく付き物件。出るよ。

あんまし年喰ってからでは厳しいということですな

だから何書いてんだよwwwあんたはwwww

摩擦係数を上げると良い。

3日くらい貯めてみなさい。
3日でダメなら5日くらい。

最初からうまくなんか行きませんて。

一人で練習よりも二人で練習できるようになったのだから、二人で練習すればいいと思います

子作りを急がないのなら、うpが成功するかどうかなんて些細な問題です。
大事なのは「顧客および隊長が満足すること」です。

案件の数を重ねて双方のやり方をすり合わせていかないと、
なかなかうまくいくものではないですよ。

ああそうそう、顧客の方が「自分のせい?」と思い悩む可能性があるので、
しっかりケアしてあげてください。
「男がイくまでがセックス」という意識は捨てた方がいいです。

宝くじと一緒であんまりいろいろ気張らん方がよろしいかと思われます。

ここまで膣内射精障害なし。

まじレスすると、リハビリ方法としては、オナニーの際ローション使って祈祷だけの刺激でいけるようにする、ゆるめのオナホールを使うなどがあるそうです。

くわしくはこちらでhttp://www.google.com/search?hl=ja&q=%E8%86%A3%E5%86%85%E5%B0%84%E7%B2%BE%E9%9A%9C%E5%AE%B3&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

本当に望んるんだったら、何度も通う事だっての。その結果手に入れた人物は、生涯に渡ってお前をサポートするっての。

これを「万顧の礼」って言うんだなぁ。

>これを「万顧の礼」って言うんだなぁ。

座布団全部消滅の刑

まあ切込隊長ほどの人物であってもこの問題には悩むわけで、日本全国の初心者諸氏はハゲまされたのではないかと。

まず化粧を落としてもらう
そして髪を真っ黒に染めてもらう
そして濃紺のスクール水着を着てもらう
抱き寄せたときに思いっきり軽蔑の眼差しで見下してもらう

もはやおぬしは爆発寸前よ...フォフォフォ

マスカキヤメ!

期待に燃えて事に望んだものの,意外とそうなんだよね

たぶん独身時代が長いほど似た傾向になると思う

私も右手の方が気持ちいい

まあ,回数こなして慣れるしかないよ

SEXに気持ちよさを求めるのではなく子作りだと思って義務感から頑張ってくれ

オナニーしすぎは遅漏の原因だよ。イケないのは意地を張ってきた自分が悪いのです、隊長。

オナヌーしすぎですね。
膣力よりも握力のが強いのでそういう状況に陥るのかと。
例え自分のレベルがあがらずとも、
相手が楽しめるように頑張るとこから始めればいいんじゃないから。

慣れれば相手の膣でオナヌーできるようになります。

太平洋でゴボウを洗っているんてすか?体調!

正常位でびーちくいじって貰いながらやったら?
結構簡単にイケルと思うよ。キモチイイシ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 大沼 | Main | GREEってほんとに使われてる? »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ