« 知人がどんどんmixiを辞めていく… | Main | 六本木開発ほか麻布建物系で自己破産 »

2008.02.05

中国のギョーザ問題はRタイプのような対処であるべき

 シューターでないと理解できないような比喩で書いてみる。


中国製ギョーザ問題
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080131-1068087/index.htm
中毒ギョーザは「陰謀」「テロ」、日中のネットで応酬
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080131-1068087/news/20080205-OYT1T00354.htm


 「中国の食材が信用できない」ことを痛感しているのは当の中国人自身であり、健康被害でいうと日本人が喰らった衝撃の比ではないぐらいヤバい人数が死んだり障害が残ったりしている。これ、健康被害とか言ってるけど、ある意味大規模なイタイイタイ病のような公害と認識してよかろうと思う。


 また、中国の食材ばかりが問題になっているのではなく、諸外国でも「いかにも中国」な事例が多発しているのも事実で、中国政府としても本件問題は「日中間の貿易上の問題」ということで矮小化というか限定して、事故については問題なし、シロ判定を出したいはずだ。というか、私が中国側だったらそうする。問題が拡散したら大変だから。


アメリカ:中国製「きかんしゃトーマス」玩具をリコール
http://www.chinapress.jp/economy/2041/


 逆に言えば、問題が拡散することが中国にとっての敗北条件なのだから、問題が拡散しそうな時期まで、この毒餃子問題を「タメる」必要があるように思う。少なくとも、日本のマスコミがどういう意図でか報じている通り、今回の中国政府の対応は異例といえば異例で、実態解明のための進め方そのものは誠意がないとは言えない。それだけ危機感を持っているからだろう。


 だから、中国の有識者は「日本の毒餃子問題が政治問題化するのを防ぐべきだ」=ただの事故にすぎないのだから、日中間の不運な食品事故として処理しなければ問題の拡散を防ぐことができないと言い始めた。


商务部专家:要防止有人把日本饺子事件政治化
http://news.cctv.com/world/20080201/102500.shtml


 危機感の矛先は、似たような問題がアホほど中国全体で起きていて、その一部は日本も含めて海外に輸出されていて、それら海外で出火してリンクしたとき、中国政府の威信に著しいダメージを与えかねないと考えているからだろう。記事内容が微妙だが… 一応、ペットフードや玩具などアメリカで起きている中国製品の自主回収についても触れている。


中国製ギョーザ米当局も注視 安全策強化迫る
http://sankei.jp.msn.com/world/america/080131/amr0801311701012-n1.htm


 これらが一気に足並み揃えて問題勃発したときに面倒というのがひとつ、中国五輪とか開催中にどやどやと外人が北京に逝ったとき大量に中毒患者が出たりしたらヤバいだろうというのがひとつ、どっち転んでも中国としては、何としても本件事案を日中間の事故として矮小化させておきたいということだろう。


 日本人としてできることは、問題を脊髄反射的に反中に結びつけるのではなくて、事件があることを忘れないで、いつまでも蒸し返すことだろうと思う。どこかの国で中国食材で事故が起きたとき、その国で沸きあがっている人たちに向けて「いや、実は過去うちの国でも似たようなことが起きてたんですよね、ワッハッハ」と喧伝することである。


 もはや中国食材抜きで日本の食卓は成立し得ないのだから、成立するように中国政府に注文を付けてその価値を上げるには、いつまでもグダグダ言い続けるクレーマーの精神と、問題を炸裂させるべきときに放出させられるようネタの熱量を「タメる」Rタイプのシステムを真似る必要があるんじゃないだろうか。


« 知人がどんどんmixiを辞めていく… | Main | 六本木開発ほか麻布建物系で自己破産 »

Comments

そして拡散波動砲を打つチャンスを逃すわけですか

まぁ期を見ろってのには同意だけど

ノーマルショットなぞ無駄なだけ
波動砲で進むのが常道 と

なんかコメント記入欄の上にアイコンがでている。なんじゃ?


話はもどして、
この事件?事故?で、誰が一番得したかは、考えておいた方がいい。
そこは確実に利益につながるだろうし。

あと、真相がわからないままだった場合も、問題は大きくなる。
どうするのだろ。

onetwothree ダーッ!!!

Japan As atm!! atm!!

お風呂でmobaqmobaqmobaq 東京新聞

「メンズビーム」じゃだめ?

中国はテキトーに犯人でっち上げて収束を図ったりしないのかな?

 波動砲をどう撃つか以前に、真に極まったヤツはボス戦以外では弾撃たない。場合によってはボス相手でも弾撃たない。左手一本で逝けるトコまで逝く。

R-TYPEと書かなかった時点で台無し

 後発は知らんけど初代『R-TYPE』って基本的に弾撃たなくてもクリアできるゲームなんで神技プレイ見たら心躍る。
 シューティングってフルオート連射や強力弾が標準装備になってから「撃たずにひたすら避ける」面白さが無くなって詰まらんのよね。時勢ですか。

溜めるって言いたかっただけじゃんか。beer

三行半と同時に毒杯ってのも、中々……

一週間でもいいから、即全面輸入禁止にスベキではないのかと思うのだけど、福田&小沢だからなぁ。

stage3の巨大戦艦のように波動砲一発で沈むか

じゃあフォースは何なの!?><

>じゃあフォースは何なの!?><

町村

日本人って忘れやすいらしいからなあ。そういう意味で振り返りとかこういうのを常時脳内メモリーに持っておく事が重要という意識を分かりやすく説明してくれてありがとうございます。
 
 
ところでciviのレビューはまだでしょうか。

食品テロつか中華版「グリコ森永事件」なんだと思う。
中国側が一番恐れているのは模倣犯の続出で
それは、日本側もおなじw

貯め撃ちたって、貯めるだけ貯めても怖くて打てない人ばかりだから、小まめに撃つのが確実じゃね?
拡散波動砲、中国相手に撃てる?福ちゃん

中国側が問題を矮小化するための最良の策は、犯人を(でっちあげでもよいから)さっさと捕まえて口封じに死刑にすること。
(死刑でなくてもよいが、もし死刑にした場合、極刑を適用したということで国際的に中国の姿勢をアピールでき、日本側にも人道的な貸しを作ることができる。)

それによって「今回のケースは中国全体の信用の問題ではなく、個人的な犯罪に過ぎない」と印象付ける事ができる。

調査の過程で犯人が「日本人の戦争における蛮行に義憤を感じていた」とか、「実は日本で就労した過去があって、その時の労働条件が劣悪だった」とか、そういう「事情」があったとことにすれば、ターンは日本側から中国側に移り、弱者である日本をいかようにも料理できるようになるわけだ。

意図的な混入なら犯人逮捕しました、で一段落するけど、
そうじゃなかった場合、生産管理システムが口ほどにも無いレベルでした、って事になるから、意図的な混入って事になるんだろうなぁ。

1-7で稼げとかそういう意味じゃないのか

現地に日本から人員を派遣して、工場周辺に
「日本のテレビ局が、農薬餃子の情報提供者に多額の謝礼を払うらしいぞ!」と噂を広めたらどうよ?

速攻で「俺がやった」「いや私がやった」「違う、農薬を入れたのはワシじゃ」「何言ってるんだ、ボクが入れたのさ」と大勢押しかけてくるんじゃね?

という提案をしたら、
「お前馬鹿か?『あいつがやった』の方が圧倒的に多いに決まってるだろ!」と突っ込まれてショボーンな今日この頃。

2chでも直情馬鹿が食品テロとか言って故意によるものだとして中国を叩いているけど、奴らはなぜそれが中国における産業構造の問題から都合良く個人レベルの犯罪に矮小化していることに気付かないのかね?
国士気取りの奴ほどその逆噴射傾向があって、ウザイにも程がある。

誰も再発防止とか言わずに陰謀論レベルの議論なのは陰謀ですね?
わかります

>調査の過程で犯人が「日本人の戦争における蛮行に義憤を感じていた」とか、「実は日本で就労した過去があって、その時の労働条件が劣悪だった」とか、そういう「事情」があったとことにすれば、ターンは日本側から中国側に移り、弱者である日本をいかようにも料理できるようになるわけだ。

ダウト。
それが理由であったなら「今後も改善されることはない」という結論になり、中国から食料どろこか他の製品もどんどん輸入しなくなる。
むしろ犯人が反日感情で犯行に及んだのだとしたら、それを労働条件の不満等が動機であるように変えるだろ。

あと、

>中国側が問題を矮小化するための最良の策は、犯人を(でっちあげでもよいから)さっさと捕まえて口封じに死刑にすること。
(死刑でなくてもよいが、もし死刑にした場合、極刑を適用したということで国際的に中国の姿勢をアピールでき、日本側にも人道的な貸しを作ることができる。)

熾烈な刑罰で褒められるんだったら中国は汚職対策で最先端を行っている清廉な国だって言われているっての。
君、はっきり言っておめでたすぎ。


現実的に中国からの輸入を断つことは不可能なのに、何言ってんのお前。個人的な犯罪が原因とされたら、構造的な部分が有耶無耶のまま現状が維持されるだけだよ。
もしかして君は空気が汚染されたら息をしなければ良いじゃないとか思っちゃうタイプ?
頭大丈夫?

それに中国にとって重要なのは「問題解決」じゃなくて「問題解決したフリ」ですよ。こと問題が個人的な犯罪なら、その個人を極刑で罰したと言うことは最高の問題解決だろうに。個人犯罪じゃない環境問題を例に出していること自体、分かっていなさ過ぎ。
今日日リア厨でも理解できる構造ですぜ?
いい歳して小学生並の知能しかないの?

 多分どこでもドアが先に開発されてれば何の問題も発生しなかったんだよ。きっと。物事の順番間違っちゃったのが駄目なんだわ。

 あとまぁ個人的には「どろこか」が気に入ったんで小学生並みでも別にいいと思った。どろこかどろこか。どろ☆こか。

 昨晩のニュース見てたら何気に天洋食品の工場内部の映像が出てて、俺の目から見て普通に薄汚い印象なのにキャスターとか平然と「綺麗じゃないですか。衛生管理はバッチリですね」とか言っちゃって、どんだけロビー活動盛んなの!? って思っちゃった私は駄目ですか?

※生モノいじる現場で素手作業すな馬鹿。ゴム手しろ
※床のタイル薄っすら剥げてるじゃねーかボケ。不潔じゃ
※部屋が無駄に広すぎるわりに換気設備が十分そうじゃないから却って埃っぽいだろ大丈夫か?
※全体的に日本の地方の町工場レベルの設備を無駄に大規模にやってる風にしか見えん

 …というのがニュース映像を見た私の第一印象なんだけど、なんでニュースキャスターとか古館伊知郎とか、そのへんの人々は、あーもあからさまに中国褒めるんですかね?

 よほどに現場を知らないか、知ってて言ってるとするなら、そこまで歯の浮くようなお世辞言わなくてもいいでしょう? とか。そこで中国に尻尾振っても逆効果じゃね? とか。そんな感じがしまくりんぐ。なんですが。

 どーなんでしょうなぁ。やっぱ朝日は駄目ですか。

>個人犯罪じゃない環境問題を例に出していること自体、分かっていなさ過ぎ。

nuko氏は環境問題など何も言ってないと思うのでせう。

もしかしてnuko氏の

>熾烈な刑罰で褒められるんだったら中国は汚職対策で最先端を行っている清廉な国だって言われているっての。

の「汚職」と「清廉」から環境問題と勝手に読み間違えたのでせうか?

それでいて
>いい歳して小学生並の知能しかないの?
これは恥ずかしい。


長期的に見れば、中国依存脱却のためのプロローグ、もしくは狼煙という位置づけでいいんじゃね?

>ダウト。
中国にとって最も良い解決方法は、
「労務管理や労働環境による構造的な欠陥が原因ではなく、恨みを持った一個人(もしくは反抗分子)の偶発的な行為だった。→よって、中国産自体に問題はない→問題が起これば厳格に個別対処するが、全体としては今のままでおk。」
という結論に持ってゆくこと。
(あくまでも、「中国にとって」であって、日本にとってではない。これは冒頭にきちんとそう書いたはず。)

これによって
・責任の所在を最小限にとどめる事ができ
・厳格な(しかも最小限の)対処により中国政府の取り組みに評価を得られ
 (というより、日本人に対してオトシマエをつけることができ)
・面倒で費用もかかり、しかも国際競争力を弱めるような抜本的対策をしなくて済み
・逆に、もっとも叩きやすい日本側で不祥事があった場合は「こちら側ではこれだけの厳しい対処をしたが、そちらはどうオトシマエをつけてくれるのか?」と外交カードの一環とすることができる。(アメリカに同じカードを切っても科学的な根拠がどうたら言われるだけで効果がない。)

日本の食品会社の不祥事でも衛生状態で問題が発生するくらいだから、この件で両政府がどのように取り決めをしようが、現実として(人が死なない程度に)不衛生な状態がなくなることはない。

となれば、落としどころは責任の所在を限定することであって、つまりはケツを誰が持つかの問題。

中国政府は自身の責任とは思っていない。
食品会社は損したくない。
(全く無傷は無理だが、損失を極限したい。)
日本人に現に被害が出ており、日本政府はこのままだと面子が立たない。
となれば、もっとも三者が丸く収まるのは個人の責任にすることだと言っているので、そもそも三者とも抜本的対策など考えるつもりもないだろう。

汚職などという国内問題と対比するのは全く的外れで、ことが国際問題となっている事を理解していない。
(無論、修学旅行で列車が事故を起こした時のように、傲慢な態度でシラを切る手もある。その場合は切込隊長さんのこのエントリのような対処が日本側の唯一の切り札になるだろう。)

風邪シロップで死人が出た件や、パクリーランドこと石景山遊楽園とか、徐々に中国クオリティは日本人に認知されているから、たとえ行政レベルでザルでも、商品そのものが売れなくなる事態によって中国依存が解消されていくんじゃなかろか。
「安いけど中国製」<<<<越えられない壁<<<<「国産だけど高い」が確立されてしまうと、いくら中国が頑張っても焼け石に水になっちまうんじゃないかな。

それこそ某国の「CHINA FREE」マークみたいに、中国産を使っていない事がビジネス的にアドバンテージになったり、中国製ゆえに売り上げのマイナス要因となるような状況になってしまえば、企業レベルでも勝手に中国から撤収していくことになると思うよ。
麻生がこの件で口を滑らしてたっけ「この件で国産食料品の商品価値が上がったんだから、中国には感謝しないとね」とか何とか。

 そりゃ向こうがどんな態度を取ろうが向こうの勝手だけどさ。
 てめぇの都合で適当にお茶を濁したければそれでもいいさ。

 つまるところ信用の問題なのであって、勝手にこれで問題が解決したと思いこもうが何だろうが、相手が納得出来なければ駄目だろ。
 人が死なない程度って、改善策がとられずに人死にこそ無いものの次もまた同じような規模の被害が発生したら今度こそ終わりだっての。

 そもそも大体犯人を厳罰に処するのが外交カードになるという考えが間違っている。
 「中国さん。犯人を処刑してくれてありがとう」ってアホか。
 てめぇがやらかしたのをてめぇで処理だけじゃねぇか。
 設備のアレさを広く知られた分トータルで明らかにマイナスだっての。
 これを機会に本格的に衛生に力を入れますってするならプラスになるけど、ただ厳しく罰しただけじゃ今後良くなるなんてだれも思わない。
 失態を犯した企業が再起できるのは、消費者が問題の改善の期待感を持っていて、それにちゃんと応じるからでしょ。

 はっきり言って中国がてめぇ勝手に考えたプランを勝手にうまくいくって思っているだけ。

ウンコまみれのパンしかなけりゃ、飢え死にしたくなければそれを食うしかないだろう。
消費者には選択権なんぞないんだよ。そんなのは勘違いした成金馬鹿の幻想。

形上でも手打ちされたらダメなんだよ。こっちには政治的な交渉権しかないのだから。
購買力も無いのに付加価値付きの商品を求めろとか無理。んな妄言吐いてる暇があったら、低価格クズ商品のクオリティを少しでも上げる努力をした方が遥かに現実的。
そしてそのためには中国が「問題解決!」と宣言しないようにする他なく、いつまでも問題が継続していることを指摘し「だから改善しろ」と主張し圧力をかけられる土台を確保しなきゃならない。事態の収束を宣言できるカードは中国が握っているのであり、日本でもなければ消費者でもない。

> はっきり言って中国がてめぇ勝手に考えたプランを勝手にうまくいくって思っているだけ。

朝日を例にあげるまでもなく、
「てめぇ勝手プラン」がうまくいく可能性もある。

 国家の命令で中国商品禁輸とかそういう大上段な真似しなくても、取り敢えず無視放置して民間レベルでフツーに中国商品不買して中国当局が困ったら「キャンペーン費用出してくれたらプロモーションするよ?」みたいな理由で外貨巻き上げて一時的にプロモしてブーム起こして商売軌道に乗せたところで不祥事起こしてハイ潰す~、みたいな。その時点で日本の商社も幾らかダメージ受けるけど「肉を切らせて骨を断つの精神だから気にしな~い」とか言って開き直っちゃってね。
 そんな感じで今後末永く中国様をイビリに掛かるのが宜しいと思いますよ。だから、別に中国様が何をどう調べようともどんな報告を寄越そうとも安全宣言出そうとも、日本の戦略(?)は初手から決まりきっちゃってるわけですから。
 どうなとお好きになされば? で宜しいんじゃないかと思います。中国様は無視ですよ。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 知人がどんどんmixiを辞めていく… | Main | 六本木開発ほか麻布建物系で自己破産 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ