« ICFなどに関する微妙記事を掲載 | Main | ウィンドウズのアップデートは腹立つ »

2008.02.15

基本的にはICFのは弘道会問題

 少し理屈が分かれば誰でも知れる話を書いただけなのに、なんか文句を言われたので。CPAやビークル使ってる証券系の人だったら何となく分かってる話だと思うけどなあ。


 要するに、弘道会にお金が流れたんですよ。梁山泊の豊臣さんを通じて。弘道会は広域暴力団山口組の二次団体。その仕掛けを作ったということでパクられてるのがICFの関係者。前回のライブドア事件も、本来ならこっちの筋の話だったでしょう、という話で。カーチス(旧ライブドアオート)の一件も、一部そう。でも一時沙汰止み。何でだろうね? コリンシアンを通じてグッドウィルの話をわあわあ書いていたのもこの筋という人もいるね。私には分からないけど。


 このICF絡みから先は、ほかの上場企業に逝くかも知れないし、著名人の逮捕話になるかも知れない、そのあたりは分からんけれども、徹頭徹尾暴力団対策の話ですわ。これだけのニュースなのに、2ちゃんねるにさえろくにスレも立たない。ある意味たいしたもんだわ。まあ、私の邪推かもしれないけどね。


 それにしても、いまさらのようにごたごた言ってる奴、ICFのIR資料読んでるのかね… 大阪第一企画一社だけじゃないでしょうに。言っちゃなんだけど、買収した企業は全部どっかおかしい。そうでしょう。じゃあその企業価値算定や、発行される新株なんかの処理、誰がやったのでしょうか。で、どこに流れていったのでしょうか。一件あたり、ろくに中身も見ずに十分か十五分で算定してたんじゃないの。「現在の事業よりも、この提携(買収)によって得られる将来の売上のほうが企業価値に占める割合が大きい」とか言って。でもそれは評価にならんでしょうよ。で、分かっててやってる。ライブドアでもこの方法で買収繰り返して、しかも成功したという自負もあるからだ。だから「そこは腕」とか言う。困ったもんだ。で、なかには買収発表したけど株価が上がらないケースもあった。どうしたか。どうしたんだろうね。


 これ関連のネタを、最初にネットで書いちゃったのが某エースのYさん。最初は誰だこんな無粋なことを書くのは、面白いじゃないかと思ってたんですけどね。三洋電機クレジットまで明記していたので間接的に確認は取りましたが… でも実際はそういう手法を継続的に、厳密に言えばネットバブルなんかよりも前から手がけていた人たちが培ってきていたわけで。某タクシー会社からシステム屋になったおじいちゃんとかね。


 一方、ネットではすでに島田紳助とか細木数子の名前もリークされてるけど、どうなるかはまだ分からないから。細木が挙がるなら別の線の話も必要かもしれない。墓石とか。だから番組降ろされたのかと不安に思うんだけど。あと、今回のICFにひっついて別の大手企業の問題に直結する可能性もあるわけで、どういう可能性だってあるから心配が尽きないね、と言ってるんです。


 そもそも論で言うなら、本人がそれと気づかなくても実質的に暴力団との共生者になってることだってありうる。「私、背広着てますけど暴力団員です」なんて言いますか。普通に付き合ってて、親しくても丸暴だったってことだってあるでしょう。ベンチャー企業経営者向けにセミナーとかやってるグループに居たりとか、上場企業の取締役や執行役員、顧問あたりに落ち着いて業界の世話役やってたりとか。当人の自覚のあるなしは関係ないんですね。まあこれは別の月刊誌に書かれてましたからこれ以上触れませんけれども。


 見てたら、クロニクルもネットに出ているね。尾関さん絡みで。沖縄に逝ってるのかな? でもそうなると、クオンツもまた騒がれるかもしれないわけだ。香港だマカオだとやってれば、いろんなものにブチ当たってしまうのは仕方ないんですけどね。アドテックスとかアーティストハウスとか枚挙に暇がない。アドテックスに逝くなら堀江さんもまた出てくるかもしれない。今度は脱税かもしれないけど。もうここまで疑わしいものが広がると、どれが出火するのか、あるいは全然違うところに延焼するのか、私になんか分かるはずがないだろ。


 ただ、知っているのは仕組みだけだ。帝国データバンクの冊子にも、もろに書かれている内容だから、理解できないのならそれでも読んでろ。大手証券ご謹製の証券業界魑魅魍魎リスト08なんてのもあるぜ。捜査当局だって、この件に一年半か二年かかけて、ようやく弘道会資金元のひとつである新興市場ルートが一部解明されそうなんだから、やれるところまではやるんじゃないだろうか。国際公約でもあるわけだし。


 そういう爆弾のような銘柄が、普通に新興市場に上場したまま値段がついて売り買いされているってのが、大元の問題だから。爆弾作ってる奴は逮捕な。爆弾の上場や株価嵩上げに知恵出した馬鹿も逮捕だ。でも逮捕するには時間もかかるし、そうとは知らずに付き合ってきた連中も否応なく巻き込まれる。だから始末が悪い。


 某出会い系大手も厳しいかも知れんな。まあ、ゆるゆる状況見とくか、って感じ。


« ICFなどに関する微妙記事を掲載 | Main | ウィンドウズのアップデートは腹立つ »

Comments

ぶっちゃけたなぁw

ブラック・ジャーナリストの仲間入り、おめでとう隊長!

>前回のライブドア事件も、本来ならこっちの筋の話
>だったでしょう、という話で。カーチス(旧ライブ
>ドアオート)の一件も、一部そう。でも一時沙汰止
>み。何でだろうね?

何でだろうってお前の聞いた噂話が間違ってただけだろ。

Moneyzineの記事、言い回しが大人で秀逸だった。
こっちに戻ってみたら、ストレートなエントリが上がってて吹いた。隊長かっこよすぎる。

本エントリに上がってない銘柄で、直接Gに株回してることを示す一例。
http://www2.jsda.or.jp/documents/tekiji/DSOBLUYKJTQRSCAA.PDF

>>何でだろうってお前の聞いた噂話が間違ってただけだろ。

ICFの話になると、必ずこういう妙な言い回しの奴が出てくるね

どうして御堂岡はネットカフェからしかコメントを投稿しないのだろ?

隊長ぶっちゃけすぎ。ちょっと感動した
ハンバーグになりませんように・・

旧ICFが買収した駐車場運営会社「エイチ・エヌ・ティ」(HNT、大阪市)。この会社を持ち上げたメディアがある。ラジオNIKKEIだ。日本経済新聞の編集委員がキャスターとなり、ベンチャー企業のトップに話を聞くというシリーズものの番組で、当時のHNT社長を無批判に取り上げた。まだ、インターネットストリームで番組を聴くことができる。お楽しみあれ。
http://market.radionikkei.jp/yume/asx/yume-060121.asx

 やくざ絡みの芸人なんか死ぬほど居るわけだから、一々挙げてったらキリが無いよね。浄化作戦完遂したら芸能界の6割くらいは消滅でしょ。あと創価学会排除したら9割逝ける。是非、とか。

何事も、困ったら、自分で考えるより、

 話を聞いてまわるしかない。
 聞いてまわっているうちに、気がつく。


金の恨みは、恐ろしいぞ。
ヤクザが株で儲けたならば、別のヤクザが損しているはずで。
ライバルを蹴落としつつ、儲けるのが悪だろうし。

日債銀スキームが起きません様に願うのみです。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ICFなどに関する微妙記事を掲載 | Main | ウィンドウズのアップデートは腹立つ »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ