« MIAUのターンが回ってきた件について | Main | 福田総裁も小沢代表も意外とまともなのだろうか »

2008.01.15

中国関連のニュースで今日一番笑った記事(追記あり)

 内部で揉めてるそうなんですが。


シティへの政策銀行出資計画、中国指導部が反対…米紙報道
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080115ib01.htm

 それが日経ではこのような報じられ方になるのも興味深いです。13日WSJで報じられた内容ではありますけれども。

米シティ、100億ドル追加増資へ・米紙報道
http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/hotnews.aspx?site=MARKET&genre=c1&id=AS2M1500Y%2015012008


・『国家開発銀行が出資を取りやめても、シティの増資計画全体には支障がないといい、15日に正式発表される見通し』


 20億ドルの出資が取りやめられても増資計画に変更がないということは…


・『別の国有投資会社「中国投資有限責任公司(CIC)」が昨年12月、米大手証券モルガン・スタンレーに約50億ドルを出資すると決めた後に決められたという』


 その50億ドルを出資すると決めたときにお伺い立てずにやっちまうわけですねえ。凄すぎるぜ中国。


 一方、日本ではみずほコーポレートが中国とのエール交換に応じて優先株で12億ドル出資。そもそも配当なんか出るんでしょうかねえ。つーかソフトバンクと楽天を救えよクソ野郎。パリーグが無くなっちゃうだろ。


みずほCB、米メリルリンチに1300億円出資へ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080115it13.htm


 それにしても、WSJの記事は13日なんですが、読売新聞が取り上げたのが15日。んーどうなんでしょう。

--
Citigroup Inc.'s plans to raise capital by selling a stake of about $2 billion to China Development Bank could be in jeopardy because of opposition from China's government, according to a person familiar with the situation.
Citigroup is hoping to announce a capital injection from investors when it reports fourth-quarter earnings Tuesday.

- Citigroup's Deal With China Development Bank May Be in Jeopardy(WSJ)
http://online.wsj.com/article/SB120030610310488191.html

--
(追記 22:20)

 と思ったらシティが損失拡大の国内報道きたーっ


米シティ、サブプライム焦げ付きで損失2・4兆円
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20080115it15.htm


 思ったより損失幅小さいけど、何はともあれこのタイミングはめでたい☆ スイーツ(笑)


« MIAUのターンが回ってきた件について | Main | 福田総裁も小沢代表も意外とまともなのだろうか »

Comments

大変ですな。しかし兆の単位になるなんてすごいですな。

あれ?ゲームなのか現実なのかわかんなくなってきちゃったYO

むしろ現実が普遍ゲームなんじゃね

「だって酒代もつっていっちゃったもんよ、
 女房にツノ出されたから引き下がったなんて知れたら、
○○にその人アリといわれたこの八つぁんの面子が立たねえよ!!」

見たいな感じなのか?

んで熊吉は餌をかきあつめてトンズラかいw

CasTV終了について一言!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« MIAUのターンが回ってきた件について | Main | 福田総裁も小沢代表も意外とまともなのだろうか »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ