« 小倉せんせが何かやろうとしている件についての補遺 | Main | AA略 »

2007.12.21

さらに猫猫せんせ登場

 別のフレーミングと言うか行き違いが一昨日ぐらいからあって、これはこれで味わい深いので紹介することに。


荻上チキの正体
http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20071218


 荻上チキ氏は『ウェブ炎上』という本を出版しており、情報カスケードについて論じている。


http://www.amazon.co.jp/.../dp/4480063919


 で、以下のエントリー。


小谷野敦さんに実名を晒された件/および匿名と顕名の擁護
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20071220/p1


 個人的には「実名でももういいんじゃねーの顔写真晒してるわけだし」と思うわけだが、まあ本人が「実名晒されるのは嫌だ」というのであれば仕方がないだろう。小谷野氏が悪意かどうかは私には判断できないが、荻上氏が嫌だということに対する配慮をするかしないかという点では、小谷野氏は見事に配慮をしていないことになる。


 でも小谷野氏はそういう流れを作るのが持ち味であり芸風であるから、勝手に腫れ物仲間としてシンパシーを感じる私としては「おー」とか思うわけだが。


http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20071220/p1
>#そんなこんなで応答してみましたが、今回の騒動自体はとてもつまらないもので、関わってもまったく生産性が無いと思われ。ネット上での匿名性をめぐる一サンプルとして、それぞれ何かを持ち帰ってくださいませ>皆様


 しかし、匿名実名論争ってのは毎回繰り返し起きるなあ。今回は問題の本質は別のところにあるのかも知れんけど。私だって何か変なネットマーケティングのお願いとか来たら62歳看護婦とか19歳自衛官とか書くもんな。関係ないか。


 それにしても、これほどマグニチュードというかエネルギーの低いフレームも珍しい。相手が小谷野氏であるにも関わらず。荻上チキ氏の熱量の低さが原因だろうか(笑)。


« 小倉せんせが何かやろうとしている件についての補遺 | Main | AA略 »

Comments

ネットの匿名性議論はいつもループするので、そういえば2年前に樹形図つくって遊んでみたっすよ。

ネットの匿名性議論

├-匿名肯定派
| |
| ├-匿名性が重要だよ(積極肯定派)
| | |
| | ├-民主主義の基本だよ(秘密投票派)
| | | |
| | | ├-匿名だからこそ平等なんだよ(匿名平等派)
| | | |
| | | ├-表現の自由だよ(憲法24条派)
| | | |
| | | └-匿名禁止は独裁国家だよ(思想秘密主義派)

以下つづく

http://mitsu.cocolog-nifty.com/blog/2005/02/post_12.html

あの「ウェブ炎上」は途中までは面白かった
そこから先は何か教条的で読む気になれなくてそのままブックオフ

荻上さんも出版した瞬間から周囲は皆知ってるのに、なぜ今更実名隠しているのか理解できないな。
小谷野さんが何かしてもしなくても、実名は出てるよ。
僕も荻上さんの実名書こうかと思うけどしないwww

猫猫先生が高学歴女子にからみたいだけなんぢゃないの

助平猫ですか。

チキはネカマですよ

実名強制にしたら、偽名名乗るやつが必ず出る。韓国では住民登録番号まで詐称のオンパレードや。どないせーっちゅうーねん。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 小倉せんせが何かやろうとしている件についての補遺 | Main | AA略 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ