« 政府がキチガイに対応 | Main | いつの間にか東京ボーズコレクションが終了していた »

2007.12.19

日本パッシングの件

 このあたりは物言えば唇寒い状況ではありますが、当然のことながら二通り見え方があります。


 ひとつは、この大事な時期に日本という国は政変を起こしてすったもんだした挙句、ろくに物事を決めず協力もしない、だからアメリカは日本を信用できないと判断しているという考え方。


 もうひとつは、日本は従来の枠組みの中で国力以上にアメリカの政策に協調し、これ以上の余力もなく忠誠心も疑い得ないので、アメリカは信用できない国をまず固めようとしているという考え方。


 とりわけ特定の系統から情報を取っている消息筋は前者を焚きつけ、ある種のジャパンパッシングを煽動して同調者を集め「忠誠度テスト」をしているという勘繰り方がまずあり、そのうえで「いまのブッシュ大統領率いるホワイトハウスがこんな難題を正面から捉えて解決へ向けて指揮するだけの傷のないタマがそもそもいるのか」と思うわけです。悪く言えば踏み絵ですね。しかもあからさまな。


 注意深く見るならば、これら情報の発信は基本的にすべて金融筋(か自称安保関係者)であって、日本がお金を出し、彼らの喧伝する第二のアジア通貨危機、その後に控える解体的中国の経済問題(バブル崩壊)に対する防波堤を作らせようという動きに乗るか乗らないかという話です。


 大陸の知識人と情報交換をすることで彼らの基本的な考え方の枠組みを理解すること自体は何ら問題はないわけですが、彼らの発言がいかに合理的であったとしても、それが我が国の国益に「必ずしも適うものではない」という場合に、鵜呑みをして「中国ではアメリカが直接緊急事案を相談にきています。一方、日本には来ていませんね。つまり、アメリカにとって日本は重要ではない同盟国になるかもしれない、というわけです」というような一見もっともだけど非常に馬鹿みたいな駆け引きに引っかかる、あまり知能の高くない日本の知識人が多くなってくることになります。


 別に、問題が起きた時点でその全容を取り違えて、本意ではない発言をしてしまうことそれそのものを批判しているわけではないのです。むしろ、少し時間がたって、それが一週間なのか一ヶ月なのかは別として、相手の語ったこと、伝えようとしていたことの真意を確認し、どういう意味であったのかを検証することなしに、彼らが与えてくれた事態判断上のフレームを無批判に許容し、影響力を行使してしまうことに問題があるのだろうと思います。


 そういう意味では、ブログも含めてそのとき思っていることを正直に、正確に、事実のみを明らかにすべきとは私は思っていません。ポジショントークもするでしょうし、敢えて事実ではない、違うことも強弁することは許されるでしょう。


 ただ、思ったとおりになかなか進まない現状を憂えるにあたって、国民の思考の程度を問題視したり、世論とは当てにならないものだと距離を置くのは、あくまで一般論として言うならば「その人の持つ知識は存在しないも同然」ということになるのではないでしょうか。


 日本という国の社会の知恵は、国際的に重要な問題が起きているときに限って、国民がその問題の本質を直視しなくてすむような注目されるべき別の国内問題が発生して盛り上がることにあります。振り返ればいくらでもあるでしょう。


 それが”戦後”であり、”平成”なんですよ。そういうノウハウを培ってきたんです、我が国は。二度と戦争に巻き込まれないようにするために。何か起きそうなときに、別の重大な関心事、芸能でも年金でも大連立でも埋蔵金でも何でもいいや、まあそういうのをうまく作り上げるんですよ。


 誰がそんなことしたかっていったって、個別にはあるかもしれませんがね、全体としては分かりっこないです。だいたい国民におしなべてヒヤリングして、”サブプライム”を知っている、ある程度語れる人なんてどれだけいますか。キチガイがスポーツクラブで銃乱射したことのほうがよほど知られてます。


 そしてそういう状況は戦争が終わってこの方それほど変わっちゃいない。いままさに小泉時代で五年半やってきた思想や施策や成果ってものは、概ね否定されようとしている。もうすでに報じられましたが、日本郵政の西川さん、防衛省の守屋問題の延長線上で検察に事情聞かれてるそうじゃないですか。こうなれば大宮内もその取り巻きもどうなるのか分かったもんじゃない。大混乱です。でも悪いことしてたんじゃ仕方がないですね。下手したら慶応義塾で一儲けしつつあわよくばまた政界復帰を、とか考えてた竹中さん一派だってどうなることやら。仁義欠かれて早稲田のヒラ講師になった高橋洋一さんのほうがまだ浮かぶ目があるやもしれません。


 確かにサブプライムは問題でしょうが、日本のバブル崩壊のときアメリカ政府は助けてくれたんですかね。そういうこと言ってる場合じゃない、世界が抱える一大事なんだ、という話に日本国民が一理あると感じるかどうか、そもそも記者会見に頭取が顔も出さないようなメガバンクがそういう話を聞いて膝を打って「日本も一肌脱ぎましょう」なんて話になるかどうかは、そういう問題の重要性を喧伝して回っている人たち自身がよく感じているんじゃないでしょうかね。


 だから、動かない日本社会に業を煮やしているんだ。馬鹿な国民が悪い、世論がいけない、ってね。知識人や有識者が自ら自分の社会を信頼しなくてどうするんだと私なんかは思います。


 まあ、いくら国民が馬鹿だとしても、六十年ぐらい経てば「あの戦争は馬鹿だった」と子孫が思ってくれますよ。なのでいま私らにできることは、すがる政府や誰かを探すことじゃなくて、地雷を踏まない慎重さと運の強さを磨くことに尽きるんじゃない? 数ヵ月後、政権はおろか二大政党制さえ消滅しているかもしれませんよ。そりゃあ国難かもしれないけど、国内に埋まってる大地雷踏もうが踏むまいが国際情勢はもうどうにもならないんですから。


« 政府がキチガイに対応 | Main | いつの間にか東京ボーズコレクションが終了していた »

Comments

長いな
後で読むが大事そうなことを言っているのは分かる

1

1get

この国の行方はともかく、2ch管理者との裁判の行方はどうなったんですかw

>>2ch管理者との裁判の行方はどうなったんですかw
ひろゆきなら出廷しなくて次回で結審だろ

隊長は「日本は衆愚政治じゃないよ派」ですな。

福田首相になってから風向きがあからさまに変わったからな
小泉改革で良くなったということにしたい系統の知識人は
さぞや居心地が悪かろう

西川や宮内までいくかね?

つまり株屋の言う事はガマの油売りの口上と同じ、口からでまかせだから言うこと聞くなって事でしょ。
平たく言えば詐欺だわな。

俺が高校時代、知り合い程度の隣りのクラスの奴に

「なぁ、Aちゃんって可愛いよな?」

「ん?まあ可愛いね」

「告れば?」

「は?そこまで好きじゃねーしw」

「いや、お前ならいけるって!マジで!」

まあ彼女もいなかったから勢いで告るも玉砕…

軽く凹んでた俺に「なぁどーだったよ?」

「ダメ…」

そしたらそいつ嬉しそうに「やっぱ?俺もお前の前に告ってダメだったんだよね!彼氏できたからって」

こいつ彼氏いるの知ってて俺を道ずれに。

ああ、殴りましたよ。

ついでに思い出した。不景気でデフレスパイラルがまずいとかいってたときのご高説、
「皆が贅沢しなくなったから不景気で給料も減るんです、みんな無駄遣いすれば解決します!」
勝手にテメエだけドブに札束捨ててろよというお話ですな。
詐欺師はなんでこんなことを平気でいいますか。悪意のある嘘をついたものは石を投げて公開処刑にしましょう。

>詐欺師はなんでこんなことを平気でいいますか。
それが仕事だからじゃね?

平和のリスクについて考えるときが来たんでしょうかね

>「皆が贅沢しなくなったから不景気で給料も減るんです、みんな無駄遣いすれば解決します!」

いや、経済の本質なんだけど・・・

いかに国民に将来のことを考えさせずに消費させるか、が国家経済運営の要諦です。

理想は「宵越しのカネは持たない」という江戸町民社会。


ちなみに、貯金というのは国民のカネを国家と銀行が結託して代行して浪費するという経済行為です。

これって溜池通信やグッチーさんとこへのリアクションでしょ。
まあなあ。
国際情勢について国民がみんなで考えて、必ずしも国益にかなう世論が形成されるかどうかは疑問だわな。
だいたい、自分も含めて一般人は何が真実か知る術も無いんだし。
わかったつもりで変な陰謀論に引っかかってる奴も多い。
ただ、うんざりする気持ちもわかる…。

まぶしいよね

牽制球にしてはビーンボールすぎる気もするが

> 知識人や有識者が自ら自分の社会を信頼しなくてどうするんだ

ここは深く内省すべきところだ。感服。

個人的にはよく言ったという感じです。
一大事を強調する連中はお前ら誰の手先なのかと思ってたので。

●ぐっちーさんの金持ちまっしぐら
●溜池通信

安倍政権崩壊の過程に張った論陣により、「こいつら何らかのステイクホルダーだな」と気づいて、穿った読み方をすることにしています。

隊長はやっぱ隊長だわ。
アルファブロガーの烙印で妖怪を炙り出すあたり。

たとえとしては問題なかったんだけど

「宵越しのカネは持たない」
正しくは
「宵越しの銭は持たない」
江戸時代ではお金を「銭」と「金」で大別してた。
今の「お札」と「小銭」と同じ感覚で、

で、「宵越しの銭」
小銭は残さずパッと景気よく使っちまえ、と
でも「金」小判や一分金とかはしっかり貯金していて
正月に鰹と買ったり、伊勢参りを夢見てたりしていた。

決して一晩で無一文になっちまえ、という意味ではない。

皆、キップが良いつもりでアホを晒しちゃわないように気をつけようね!

内容を読んでいないけど、パッシングではなくて、バッシングではないかと思った。

・パッシング(passing 通過)
・バッシング(bashing 攻撃)

無視という意味だからパッシングであってるでしょう。

今の日本の世論にはウンザリです、ハイ。これ以上大きな政府にしてどうしようっていうんだ。日本以上の格差社会と言われる韓国は、上げ潮政権を選ぶようだし。ブルドーザーだって。羨ましいよ。株価操作に絡むうさんくささも申し分なし。フランスもサルコジ選んだしな。日本も、もう一回イケイケにならんかの~。もう先細りしかないんかな。。。

やっぱ、ホントに苦しくて困らないと、痛みを伴うような選択ができないのかな。そうこうしてるウチに、マジで日本パッシングになるぞ。他国が力をつけてきてる上に、もう余力残ってね~んだから。

痛みを伴う(笑)

アルファブロガーへの推薦文がどうも引っかかってたんだけど、
こういうことだったのね。

偏ってはいるかもしれないけど、ぐっちーの視点も面白いものがあるので、今回の隊長の主張から変にボヤがおきてぐっちーが火達磨になるようなことはさけたいなぁ。

隊長に推薦されたことを非常に喜んでいたぐっちーが痛々しいな。

ぐっちー氏のことへの反応じゃないだろ、このエントリーは
明らかに別の人に対するリアクション

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 政府がキチガイに対応 | Main | いつの間にか東京ボーズコレクションが終了していた »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ