« 磯山さやかは何故常に口が開いているのか | Main | ベンジャミン »

2007.12.04

『恋空』amazonレビューが炎上している件について吟味する

 『恋空―切ナイ恋物語』のamazonブックレビューが案の定炎上していて、刻一刻とコメントが増えていくさまを見ながら楽しんでいたら、どうも一時期は1,100件に届こうかというコメントが現在は700件余りとかなり削除されてしまったようであるので、潮ここまでと判断し、吟味エントリーを残しておこうと思う。


http://www.amazon.co.jp/恋空〈上〉―切ナイ恋物語-美嘉/dp/4883810453


 一応、私個人が思っている恋空などケータイ小説に対する見解はこれな。


ブームか変容かを見抜けなければ語れない
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2007/11/post_ad9e.html

 途中、かなり過激なコメントを集中的に削除したのか、読んでいて「ああ、こりゃ荒らしだな」と思うようなものは随分なくなってしまった。古い順に読み進めると、恐らくは某掲示板のどこかの板で盛り上がったらしき縦読みも特定の時期から散見されるようになる。


http://www.amazon.co.jp/gp/product/customer-reviews/4883810453/ref=cm_rev_sort?customer-reviews.sort_by=%2BSubmissionDate&s=books&colid=&coliid=&x=15&y=12


 一連の流れで言うならば、これらの荒らしが登場するまでは概ね「恋空の出版を待っていた元々の読者」対「amazonで真面目にブックレビューを続けるなどして本読みを趣味としている原住民族」の構造である。

 一番最初の二つのレビューが対称的だ。

--
★2個 携帯小説ではNo.1というものの…, 2006/10/8
By イリ子 - レビューをすべて見る

某携帯小説サイトNo.1の小説というものの、そのサイトのレビューは賛否評論。
(携帯サイトとは言えど、パソコンからも見れる)
好きと苦手が別れる内容です。
中学生や高校生ウケで人気がでたのかなと思ってみたり。

実話だそうでとても涙を誘う場面はあるものの、なんとなく見えてしまいます。
結末が…

なんとなく、1度どこかで読んだような感覚に陥った私は冷めている人間かもしれません。

しかし、書籍化され読みやすくなったとはいえパケ定額制やインターネットが普及するなか上下巻にお金を出すならその携帯小説サイトですませばいいかなぁと。

迷ってる方は携帯小説サイトの空恋を見てみるのもおすすめです。

又、あまり本を読まない方向けのような気がします。

--

★5個 出版楽しみにしてました♪, 2006/10/8
By あやか - レビューをすべて見る

「恋空」…書籍化されるのをずっとずっと待ち望んで発売日に購入しました。
私は書籍になる以前にこのお話を主人公の美嘉さんのHPにて読んでいたのですが、やはり何度読んでも
涙が止まりませんね。
せつなくて
苦しくて
だけど愛おしい…
そんな作品です。
恋愛系のストーリーが苦手な方にも
是非読んでもらいたいですね。
かなり泣けます!

--

 たぶん、現実の世界でこの二人のレビュアーが前に置かれた本を挟んで座ったら、数秒後には殴り合いになること請け合いの驚くべき価値観の違いである。無論、下の★5個がいわゆる「業者」のものである可能性もあるが、書籍の評価軸としての「ブンガクとしての完成度」という論争と並んで、どうもこの手の本には「泣けるかどうか」という別の軸が存在していて、これが「ブンガク的には評価されないかもしれないけど」「泣けます」という免罪符になっているようなのだ。


 また、荒らしが現れるまでは、それに深みを加える軸として「ケータイで読むものだから云々」とか「無料で読めるのに出版化して云々」というような、『電車男』などでも議論となったネット・ケータイ小説の固有の問題も論じられる場合もある。肯定派は「ケータイでも読んでいたけど、きちんと書籍で読みたかったので★5個」となるし、否定派は「本来無料で読めるものなのに、上下巻に分けて金儲けであざとい」と評される。


 上記コメント二個の、そのすぐ次が本書に対するレビューでのベストレビューとなっている。


--
★1個 文章が稚拙, 2006/10/9
By Melico - レビューをすべて見る

日ごろ本を読まない中高生向きって感じです。
私も中学生なのですが、ここまで読み辛い文章も珍しい・・・。
上下合わせて結構な値段ですが、ネットに繋げばただで読めます。
普通の小説と比べれば短いはずなのに、それを2冊に分けて売るなんて
金儲けのためだとしか思えません。

中身も、自分に都合のいいように解釈されたものとしか思えません。
ネタバレになるのであまり言えませんが、矛盾点がとても多いです。

--


 本当に中学生かどうかは知らん。ただ、議論の中身は端的で濃く、実質的にこのレビューがその後の本書に対するamazonレビュー全体の重しの役割をしており、それが360人もの参考になったと答える人を稼ぐ原因になったと思われる。なお、同様の意見はこのあとも頻出する。


--
★1個  シュタイン (山梨) - レビューをすべて見る

すごく感動できる小説があると聞き、ネットで読んだのですが正直こんなお粗末な文章、構成の小説は読んだことがありません。筆者は本職の作家ではないにしてもこれでは中学生でも書ける気がします。
場面進行はすべて主人公(筆者)視点となっています。(なのに描写が一人称ではなく、美嘉は・・・というように名前で語られる所が拒絶感有り)筆者の実体験を基に書かれているとの事なので仕方ないのかもしれないが、そのため他の多くの登場人物の心理描写や他の場面での展開等が全くありません。なのでストーリーとしての面白さは感じられません。
後半(下巻)にもなるとあれよあれよという間に時が過ぎて行ったり、多くの周辺人物が消えてなくなったりします。
小説というより筆者が「私、こんなに辛い体験しました」と不幸自慢しているだけの日記のようなものですね。とにかく主人公には全く感情移入できません。
何よりも一度別れた人の事を引きずりながら他の男性と付き合い、真実を知ってすぐに簡単にその人から離れる身勝手さが許せない。優さんが可愛そうでならない。
亡くなったヒロさんの美談に星1つです。可愛そうな話ですが、こういう形で発表すべきかなと思いました。
--


 多くのレビューを書いている人が、恐らくは最後まで読んで書いたレビューはブンガク的にどういう捉えられ方をしているかという面では一番しっかりとした評価になるだろうとは思う。


 その後は、星1個ないし2個の酷評の嵐。驚きを禁じ得ない。ただし、星を1個2個しかつけなかった人のコメントよりも、この小説に星4個ないし5個と高評価にした人のコメントのイタさ、その「参考になった」という人の少なさはもっと驚きである。したがって、本稿では『恋空』に高評価をつけたレビューとそれに対する吟味に主眼を置き、詳細に論評していくものとする。


--
泣けたああ(つω∩)゜。, 2006/10/28
By 栗$'`* バニラ "アイス*'`dd" (愛媛県…(´゜ω゜):;*.':;) - レビューをすべて見る

携帯小説で読んで,本も買いました(・∀・)★゜+。
後半,めっさ感動して,めっさ泣けました(つω∩)゜。
買うか迷っている人は,読んだ方がいいと思いますよ★!

--

 星5個、354人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。この愛媛人がほかにレビューしている本はただ一冊、それもハリーポッターで「長い」と酷評しているあたり、知能の程度が容易に推察できる逸材。携帯で読んで本も買って感動したとレビューして350人の人から「お前の意見は参考にならん」と斬り捨てられる悲惨さは泣ける。


--
かけがえのないもの, 2006/10/30
By チャク - レビューをすべて見る

この本の感想は読み手によって大きく別れるだろうが、自分は一度読み始めるともう止まらなかった。文章が稚拙だという意見も多々あるようだが、筆者の体験を日記的に告白するという構成において、あまりにも上手い文章はかえって不自然ではないか。多少の矛盾も、それは主人公の葛藤や大人になりきれない部分を描いているようでむしろ好感が持てる。この本に出会えてよかった。
--


 星5個、555人中、14人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。書籍に対する文章力の重要性を真っ向から否定、「上手い文章はかえって不自然」と断じるその強い姿勢が共感を呼んで555人中541人がこのレビューを「参考にならん」と否認。勝手に感動してろというレビュー読者からの無言の圧力が突き刺さるよう。


--
現代小説, 2006/12/13
By チアリーダー - レビューをすべて見る

作者の潔さ、素直さ、頭の良さ、それになにより心の良さを感じた。様々な事件にあっては悩み、傷つき、後悔するけど、反面には恋人、親友らの救いがある。悲しくて泣くというより、希望を感じる作品だった。そして作者の心意気には感心させられるばっかりだった。美嘉さんは作家としてだけでなく、一人間として伸びていくと思う。善い作品をありがとう。

--

 星5個。373人中、8人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。「善い作品をありがとう」とか一人伴宙太状態になっているあたり好感が持てる。身近な癌患者が死んだりレイプされたりしてても「様々な事件にあって」とさらりと流すレビュアーの人生経験の深さも偉大。ただ、amazonレビューはこれひとつだけと業者臭も捨て切れない微妙さも残る。


--
いろんなことが、たった一人の主人公にふりそそぐ, 2006/12/18
By はちみつ大好き! - レビューをすべて見る


高校生でこんなにたくさんの事件に遭遇すると

へこんで立ち直れなさそうだけど

若さでのりきっている、という感じだ。

ジェットコースターのように、いろんなできごとが

次から次へと起きるので、

飽きずにどんどん読み進めることができます。

カバーが最高! すっごくかわいい!!

--

 星5個。309人中、4人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。「ジェットコースターのように、いろんなできごとが次から次へと起きるので」楽しいのであれば、ジャック・バウアーさんが出ているドラマあたりがお奨めです。
http://www.amazon.co.jp/gp/pdp/profile/A1SX82KN8A9FOJ/ref=cm_cr_dp_pdp
 しかし、この人なかなかの読書家。「私は27歳」と書いてあり、つけてるレビューは概ね星5個。凄く幸せな人生を送っておられるのだろう。見習わねば。


--

切なくて泣けて心が温まりました。, 2007/4/17
By kawaii "kawaii" (埼玉県) - レビューをすべて見る


切なくて泣けて心が温まりました。

すっごい感動して上下巻3日で読み終えました。

読んだ人には分かると思うけど…
「美嘉」のように壮絶な人生は私には出来ません。

ネタバレしそうなのであまり良い事とか書けないけど、コレは本当にオススメです!!

--


 星5個。275人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。レビューが本作品だけで、こちらも業者臭。ネタバレとか関係なく作品に関係する良いことが書けない知性の高さ、感性の鋭さはいい意味で絶望的である。


--

私は…, 2007/4/21
By さゃ - レビューをすべて見る

感動しました。暴力なども書いてあるので悪影響という気持ちも分からなくありませんが、若いと言われる人達は、そんなにバカじゃないし小説にあったから『やってみよう』とはならないと感じます。それに、美嘉がヒロを想う気持ち、ヒロが美嘉を想う気持ちに嘘はないと思いました。みんな一生懸命に恋してます。性というものが軽いものになってきていることは問題ですが、みんな相手を精一杯に愛してると思います。私は高校生の時、純粋な気持ちで恋人を愛していました。周りの大人にしてみれば、子供に何が分かる!と思っていたと思います。でも、大人が思う以上に真剣に恋をしてるんです。大人になれば、当たり前のように愛しあうのに、高校生・若いというだけで否定するのは違うと思います。本当に愛している人と体を重ねたいと思うのは間違いですか?大切なのは相手を想う気持ちじゃないのかなと思います。もちろん体を重ねるだけの人がいることは否定しませんが、みんながみんな、そうゆう気持ちで恋してる訳じゃないです。避妊をするなという訳でも性の低年齢化を問題視していない訳ではありませんが、その部分だけを責めるのは違うんじゃないかと思います。また、文章力が…って言う人が一杯いたけど、自分のツライ過去を話す時、誰だって上手く表現できないことってあるんじゃないでしょうか?ましてや、プロが『小説を書いて下さい』と言われて書きはじめたものじゃないんです。本にしようと思って書いていたら、恋空はあんなにも感動する人がいたとは思えません。ありのままに、楽しいことも嬉しいことも悲しいことも汚いこともツライことも隠さず書いたからこそ感動する人が多く、本に映画に…という意見が多かったと思います。みなさんは、心から誰かを愛して涙したことがありますか?その気持ちは、誰かに否定されるものでしたか?感じ方は、人それぞれです。恋空を読んでみたらどうでしょうか??


--

 星5個。563人中、13人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。これだけの長文をレビューで綴りながら、レビューを読んだ人のほとんどが全否定という作品以上の現実の悲しさを全身で体現する国宝級の逸材。リストカッターなどにならぬことを祈る。


--

恋空, 2007/5/11
By りなっぺ - レビューをすべて見る

あたしはとても感動しました。人の支えや一緒に泣いてくれる友達がいる事、いろいろ考えさせられました。たとえ辛い結果になったとしてもあたしは主人公みたいな出会いをしてみたいです。そこまで人を好きになってみたいです。

--

 星5個。276人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。「まあ、小説読んで考えるのも社会勉強だから」とジジイが説教したくなるような純朴な意見と、そういういろんな意味で真っ白な女の子をターゲットにしてお金を稼ぐナイス業界の真っ黒さ加減を感じて幻滅。


--

私は好きですよ, 2007/5/11
By ララ吉 - レビューをすべて見る

いろいろと酷評があるようですが、私は好きですし、ネット上にも恋空ファンは沢山います。
私も大人ですが、自分の高校時代を思い出しました。
感動もしたし、胸が痛くなって切なくなりました。
確かに、表現が下手だったり、おや?と思うところもありますが、小説家ではないんだから。そんなものは私はどうでもよくて、ヒロの心情を思うと、とても切なくなりました。
屋外での性行為、シンナー、学生の妊娠などは、現実によくあることです。美嘉さんは自分の体験をそのまま書いただけであって、それを読んでいて不快に感じる人はよっぽど真面目な人で、学生の実情を知らないだけなんじゃないでしょうか?もっと、キレイで遠まわしな表現にすれば満足なんですかね?
文章力や表現力だけに文句を言ってないで、中身を見て欲しいです。
私はステキな本に出合えたなと思っています。

--

 星5個。420人中、10人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。いわゆる「他の人はいろいろ書くけど、私はこれが好き」系のマイペースレビュー。学生の妊娠がよくあることで、自分の体験をそのまま書いたという出版社の前口上をそのまま受け取る素朴さがウリ。駄目男の不幸話を聞かされて真に受けてだめんず方面に走ってしまうタイプではないかと推察される。


--


装丁が豪華, 2007/7/31
By 洋 (東京都渋谷区) - レビューをすべて見る

薄っぺらくてあっさりしているので空いた時間の暇潰しには最高な一冊です。
ただやけに長いので途中で飽きるかも。だから星四つ。
上下に分ける必要まったくなし。
ジャケ買いすると痛い目見ます。


--


 星4個。185人中、58人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。「装丁が豪華」という理由で高評価をつける物欲至上主義者。ある意味際立った漢。内容を酷評しながらも、途中で飽きるかもといいつつ星4つをつける大盤振る舞いに感動した。


--


所詮携帯小説!!されど携帯小説。, 2007/8/24
By ぷにゅちゅ - レビューをすべて見る

私は全部携帯で読みました。確かに中学生~高校生には受ける内容だと思います。泣ける場面もありましたし、最後も強く胸をうたれました。
ただストーリー展開が早く、これを本で読むのは疑問です。やっぱり携帯小説は携帯で読むものですよ。
表現力もかなり見劣りしますが、美嘉さんが美嘉さんなりに一生懸命書かれているのが伝わってきます。


--


 星4個。133人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。「私は若い人の気持ちが分かりますよ」系のレビュー。確かに携帯小説は携帯で読むものであり、その通りなのだがそれがどうしたと思わずにはいられない、こぶしの入った含蓄のあるレビューであり大変よい。会議で突然正論を言いだして時間喰って煙たがられるタイプと思われる。


--


感動!!, 2007/8/25
By しおり (愛知県) - レビューをすべて見る

これはとっても良かったデス!!
思っていたより泣けました(●'∀`●)
けっこうこの本はみなさんから批判されていますが、一般の方が書いた本なんだから文章力がなかったりするのは
仕方がないんだと思います。


--


 星4個。186人中、5人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。一般人が実体験を書いたという前提ですべてを正当化するのは仕方がないが、それを表現する方法が稚拙すぎて伝わらないあたりに限りなく蒼い青さを読み手に印象付けることに成功したレビュー。


--


泣けた。ありがとう, 2007/10/4
By ヒロト (神奈川) - レビューをすべて見る

よかったです。評価の悪さに驚いた。
すげえいいってば!!小説としては文体とかイマイチかもしれんけど、
小説とか読んだことないオレにとってはおもしろかったし、
胸に染みた。
今どきの若者には絶賛されるっしょ!?
男のくせにめちゃめちゃ泣きました。


--


 星5個。257人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。小説童貞をカミングアウトするあたり、童貞の私としては惜しみない共感を覚えるレビュー。「俺は面白かったんだ!!!」と叫びたいぐらいの童貞。つらいよな。うん。


--

まじ恋空最高!!, 2007/10/10
By まりあ "マリぷ" (大阪府大阪市) - レビューをすべて見る

なんでそんな評価悪いん??
恋空まじで感動系やしー
なんか・・・
評価は人それぞれやけど・・・
でも「犯罪」とか「悪影響」とかはへんやと思うし・・・
ありえへんわー


--


 星5個。295人中、2人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。関西弁風で知能は低め。真の意味でゆとり教育の弊害について一晩本人と語り明かしたい濃厚な気分になれるレビュー。


--

日本の危機, 2007/10/17
By 読んで後悔してる人 - レビューをすべて見る

私が星5つにしたのは、レビューを多くの人に見てもらうためです。
従って本書の評価とは何ら関係ありません。

描写がほとんどなく、小学生の日記を読んでいるかのようです。
また、主人公の「私こんなに苦労したんだよ? こんな経験したんだよ」
という不幸自慢メッセージが、”レイプ・シンナー・妊娠”というフレーズを通して強く伝わってきます。違法行為をステータスか何かと勘違いしています。
他の方も書かれてましたが、小中学生の『俺、昨日徹夜したんだぜ』『これ万引きしたんだ』と全く変わらないレベルです。

『小説家でないのだから文章力や表現力などは気にしない』
と書かれてる方がいらっしゃいます。確かに携帯小説として、無料で楽しむ分には全く問題ありません。
しかし、書籍化ということは読むためにお金がかかります。「小説」と銘打って出版するのならば、最低限の文章力は必要ではないでしょうか。小学校の作文で習う簡単な決まりごとすら無視しているのに、なぜ出版されるのか不思議でなりません。
若者の国語力低下が危ぶまれる中、このような作品が大々的にメディアに後押しされている状況。
「儲かればそれでいいんですか? 」と関係者に問いたい。
本を読まない人たちに、読むきっかけを与えた事に関しては良いでしょう。
しかしこの作品が「小説」として認識される事は非常に危険です。
そしてこの作品を「小説」だと考える人たちが大人になり、親になったときの事を考えると、恐ろしくてたまりません。


--


 星5個。99人中、97人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。周囲が酷評の嵐であり、そのなかで同様の酷評をしても自分の意見を目立たせることができないと感じたレビュアーが、敢えて星5個をつけることで読まれることを期待し、滔々と持論を語るレビュー。大上段な割にやり口が姑息であり、論述内容は凡庸で埋もれてても一向に構わない意見と言える。商売に過剰なモラルを求めるPTAに参加する父親タイプ。


--

スイーツ出版自慢の作品!!, 2007/11/1
By 荒巻 - レビューをすべて見る

ごめんなさい、めちゃくちゃ泣きました
見たことない人はもはやいないでしょう
小説読むのがなんか好きになりました(笑)
せつなく、
つらい恋の物語──。オススメです

--


 星5個。103人中、64人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。本物件は、縦読みである「ゴミ小説」に気づけなかった40人ほどの馬鹿が釣られている状態を愉しむものであるが、残念ながら「参考にならなかった」と投票した人を晒す機能がamazonにないため早くamazonはそういうのを実装しろ。


--


ニッポンの夜明けぜよ!!!, 2007/11/1
By ヌーディティー (土佐の高知の桂浜) - レビューをすべて見る

この本は勝海舟先生にも書けんぜよ!
スゴイぜよ!スゴイぜよ!スゴイぜよ!

特にフィリピーナとのお雑煮対決の敗北による罰ゲームで、
北極点で南野洋子を撲殺する下りは最高の一言に尽きるきに。

ニッポンの夜明けは近いぜよ!愛ラブニューヨ~ク!!


--


 星5個。このあたりから荒らしが増え始め、本作品に対するレビューという機能の実質的な終焉を決定付けている。内容はただの馬鹿投稿であるが、単語の一個一個の選定に国語的センスに溢れ、恐らくガイドライン板でスレが立つまでコピペを作ることを目的に自宅警備員を生業としている御仁ではないかと推察される。
http://www.amazon.co.jp/gp/cdp/member-reviews/ADH7AY0NXVL5O/ref=cm_pdp_reviews_see_all?ie=UTF8&sort%5Fby=MostRecentReview
 しかし、それ以外の作品に対するレビューはまとも。何が彼を狂わせてしまったのか。『恋空』の磁場だろうか。


--

ボロ泣きしました(ノд-。), 2007/11/2
By 亜熊少郡 - レビューをすべて見る

自伝小説ということで、とてもリアリティがありました!
ゴミみたいだっていう人が多いのが不思議です。
苦しみとか悲しみとか・・リアルな感情が伝わってきて・・・
のうのうと生きてる自分について考えさせられました。

断言します!
登場人物のような素直な生き方ってとても素敵だと思う!

だから、私も明日から素直に生きようと思いました。
いつか素敵な人に出会えるように・・・。


--


 星5個。398人中、28人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。絶え間ない荒らしの絨毯爆撃のなか、空気を読まず敢然とガチの純白レビューが登場。小説が面白いの面白くないのというより、まず場の流れを見抜く力を養うことが素敵な人と出会える確率を上げると想定される。


--


By 真っ赤な死体 (神奈川県緑区) - レビューをすべて見る

携帯を落とすガッキー。
やっと見つけたら、電話帳・メールが全て消去されている。
そこへ消した人物より電話。
不可思議なことに、激怒せず着信拒否もせず、四六時中電話で話す仲に。
それが嫌いだった不良。なのに付き合う。
授業をサボって彼の自宅へ。初体験。
すると元カノがキレ、仲間に命じて車で拉致・レイプ。
夜になり、都合よく彼氏が現れる。
何故か実行犯があっという間に判明、ボコボコにする。
更に、主犯の元カノをあっという間に発見、ガッキーの前へ。
どう考えても彼氏が現れてからココまで数時間。ジャック・バウワーよりはるかに優秀。
元カノの命令による虐め行為。
ガッキーをかっこよくかばう彼。その足で図書室へ。
いきなりバッコンバッコン始めて中田氏。
見事にピンポイント妊娠。
なんの悩むこと無しに、生むことに。
もう、「新婚さんいらっしゃい」典型的パターン状態。
元カノ登場。階段から突き飛ばす。
安ミュージカル雰囲気のクリスマスのデート中、流産。
だんだん彼氏とうまくいかなくなり、別れる。
その後、絵に描いた正反対の男と付き合い始める。
コレが、あり得ない位の男。ウルトラC的行為連発。
彼氏に指輪を貰い、愛を誓い合った直後、元彼が余命数ヶ月とわかる。
さっき愛を誓い合ったばかりなのに、あっという間にあっさりと彼と別れる。
簡単に元彼とよりを戻し、看病。
ちょっと病院を出たら、タイミングよく彼氏が危篤に。
もちろんFOMA(CM絡み)で彼氏を励ます。
それも、恐ろしく高画質・コマ落ち無しのテレビ電話で励ます。切れた途端、ご臨終。
お葬式後、彼氏の日記が。
内容は、別れてからの事が中心。
どう考えても、ストーカー・粘着・ウジウジの驚愕内容。
(犯罪が生じたら、マスコミが絶対発表するような粘着文章)
それを読んで感激するガッキー。
後追い自殺を図ろうとすると、タイミングよくショボい合成の鳩が現れ、ガッキーとどまる。
数年後、駅に降り立つと、ベタベタな雰囲気でお出迎えするガッキーの家族。

女子中高生向けエロ雑誌・漫画本のスカスカ漫画・小説そのまんま。 

最高です!


--


 星1個。あらすじを全部ぶちまける勇者登場。これで君も恋空読者だ。もう一個のレビューも素敵。こういうのが出始めると実質的な号砲効果となり、荒らしはヒートアップしていく。トロイで言うところの殺されるいとこ。


--


これは出版社の俺達に対する問題提起だったんだよ!, 2007/11/4
By スバヤシ (岡山) - レビューをすべて見る

前評判を聞き及び、自前の携帯電話にて読んでみたが、これはなんとも評判以上。評価すべきところが全くないではないか。
スイーツ出版(だっけ?)とやらは何を思い誰でも手軽に読めるこれを書籍化したのだろう、と皆は思うだろう。
だがちょっと待ってほしい。これは実体験を綴ったものと聞いている。
世間ではこれは嘘、いわゆるフィクションとして定着しているが、これが本当に実体験だったらどうだろう?
……そう、賢明な読者諸君は既に察しているだろう。
レイプされ、脳細胞がやられた状態で、それでも「自身と同じ目に遭う人間がいなくなるように」と、原作者の執念じみた願いが全てを動かしたのだろう。
そう……つまりこれは、このような事態がリアルに起こりえるということを女子高生に伝えたかったスイーツ出版の陰謀だったんだよ!
私はこの結論にたどり着いたとき、身震いがした。
この思いを風化してよいのだろうか?いや、ならない。
そう言うわけで私はこの本に対し最大の賛辞を送ろうと思う。
すばらしい文章力で脳細胞の状態を教えてくれた原作者に1点、これを伝えるきっかけとなったレイプ犯達に1点、そして自社の命運をもかけたスイーツ出版に3点。
「な、なんだってー!」という言葉が出た人は、是非ともこのレビューは参考になったという項目にチェックを入れてほしい。


--


 星5個。荒らしのネタとしては本作品レビュー群のなかでは最高峰。文章力もさることながら、問題提起、比喩、論述内容ともに非常に高度にまとまっている。岡山在住なのがもったいないくらいだ。


--


愛の意味を教えてくれた, 2007/11/5
By タラ - レビューをすべて見る

人が愛するという事を教えてくれた本です。
最高まで結末がわからない作りこまれたストーリーに脱帽。
映像化されるのが納得で、すぐに見てみようと思います。
この「恋文」という作品は直木賞作家、連城三紀彦の中でも特にお勧めです! この「恋文」と………


あれ?…

恋文?恋空?…

や~~べ~~
恋文と恋空のレビュー間違えたー!!


下手こいた――!!!


--


 星5個。ネタとしては定番ながら、最終行の「下手こいた――!!!」までの流れは秀逸で、本件はもっと評価されていいレビューである。荒らしもここまで芸を高めてくれると全レビューを読む人間の滋養になるのだが。残念ながら捨てハンであるが、いずれどこかのamazonレビューでネタを披露して欲しいと切に願う。


 以後、ほとんど2ちゃんねる経由の荒らしで埋め尽くされ、実に壮観であるので論評は差し控える。ただし、荒らしや業者と思われる賞賛のレビューを除くと、どうも上げ底の社会評価になっているようにも思える仕掛けはいくつも見つかる。レビューのなかに、率直に「中学生です」というようなレビューをピックアップして、ある程度整合性のあるレビューを並べて読んでみると、だいたいこんな感じである。


--
星1個 レビューを読んでから買うべきでした, 2007/11/4
By talby (広島県) - レビューをすべて見る

率直な感想は…「マセた小学生がテキトーに書いた作文」です。
私はいま中学生ですが、友達の多くはこの本を読んでるみたいです。
「感動した」と言ってた子も居たけど、ほとんどの子は「買って損した、ただのエロ小説じゃん?」って言ってました…。
エッチな表現がいっぱい出てくるから読んでて苦痛で、最後までまともに読めませんでした。
そういうのが平気で、多少文章がおかしくても気にならない人は感動できるのかもしれません。
ここのレビューと周りの子達の評価を聞かずにこの本を買ってしまったことを後悔します…
--


 いまどきの若い子が稚拙な小説に熱中して「日本は大丈夫か?」という書き込みが盛んになっているが、いつの時代も流されやすい馬鹿は一定の割合いて、その馬鹿も歳を重ねるに連れていろんなことを学んでいって大人になるであろうから、それほど心配は要らんのだろうと思う。


 そのうえで、恋空とそれに対する評価という点では、ある種日本のエンターテイメント業界における「泣ける」「感動した」のインフレが起き、ほとんどドラゴンボール化してしまっている状況は否めないだろう。より最強の泣かせ方を考えてコンテンツを先鋭化していった結果、架空の書き手の実体験を携帯文体に乗せて若い子に流行らせるというマーケティング手法の確立がある。


 良いとか悪いとかではなく、小説というカテゴリーとは違うケータイ小説というケータイ文脈の上で成功したいちコンテンツであるという理解以外ない。だから、版元であるスターツ出版の宣伝上の前提が「実在」する「筆者」の「実体験」で「本人が書いた」文章という体裁である。これがなければ共感を得ることなどできないが、内容が荒唐無稽すぎることが大人であれば誰でも分かることを考えると、あまり良くない形で揺り戻しは起きてしまうことだろう。


 携帯で小説を読むという行動様式は定着し、文化として成立する以上、よりクオリティの高い作品が流通し始めるまでの間は、いろんな混乱は起きるだろうな。はっは。


« 磯山さやかは何故常に口が開いているのか | Main | ベンジャミン »

Comments

うおっ、長っ

こんな風に自分のブログのコメントも細かく読んだり(まさか書いたり!?)しているかと思うと、ドキドキです(^^)

>ボロ泣きしました(ノд-。), 2007/11/2

この人のは縦ですよ

クソワラタw
VIPPERのスレにいたな、さては

>この人のは縦ですよ
地獄の断頭台は断じて縦読みじゃねええッ!

>この人のは縦ですよ
レビュアーが「あくましょうぐん」だしな
きんにくマンに出てきた悪魔将軍の必殺技が
「地獄の断頭台」なんて断じて違う!
天上界の1500万パワーにかけて違う!
北の将軍様とも断じて違う!
きにすんな隊長!

これ、来月にはブックオフでズラズラ並んでいそうな本なの?興味ないけどw

http://hakaiya.web.infoseek.co.jp/html/2007/20071111_1.html
↑濃い空爆笑レビューwたいちょ、参考になるかな?

隊長ありがとう。
この記事で「恋空」のすべてがわかった。

チロルチョコがうまいかどうかを子供と大人が煽り合ってるような不毛さを感じるのだが。。。

10代には10代の食いもんってもんがあるんだから、ほっときゃいいのに。

大体、中学生で太宰なんか読んでるとろくな人間にならん。

↑いやいや、太宰は変身譚作家としては優秀ですよ。

短編では『魚服記』とか。

ただ、裏を返せば「永遠の自分探し作家」なので、若い人に妙な自信を与えてしまって、後半生にはイロイロと取り纏めようもない悩みを抱えるようにはしてしまうんだろうと思うけど。
知性ではなくて性根の問題なんで、彼の場合アレ以上どうにかなったとは思えませんが、まぁ「悪い例」ってことでは同意。だからこそ、「読んどけ」とも思う。

>ボロ泣きしました(ノд-。), 2007/11/2
>By 亜熊少郡 - レビューをすべて見る

>自伝小説ということで、とてもリアリティがありました!
>ゴミみたいだっていう人が多いのが不思議です。
>苦しみとか悲しみとか・・リアルな感情が伝わってきて・・・
>のうのうと生きてる自分について考えさせられました。

>断言します!
>登場人物のような素直な生き方ってとても素敵だと思う!

>だから、私も明日から素直に生きようと思いました。
>いつか素敵な人に出会えるように・・・。

↑これって、縦読みで「地獄の断頭台」じゃないの?純白って・・・。

悪魔将軍て純白コスチュームなんじゃねーの?


巨人戦は低視聴率にもかかわらず、トップ選手を集めた代表戦は高視聴率を記録
 ↓
スター選手を集めれば視聴率が取れると勘違いする巨人フロント
 ↓
補強せずにいられるか

>大体、中学生で太宰なんか読んでるとろくな人間にならん。

すみません

中学の時、安部公房の著書が好きだった俺は・・・・

携帯は紙+活字に比べていっぺんに扱える文字数が悲劇的に少ないからなあ。
時間が立ってそれなりの土壌ができたとしてもあれが出版メディアになるとは考えにくい、つーかなってほしくない・・・

http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20071204it09.htm?from=top
↑今年売れた本の上位に絶望したw

>みどり
>架空の書き手の実体験を携帯文体に乗せて若い子に流行らせるというマーケティング手法の確立

 あんた先駆者やんけ。舞台がPCかケータイかって違いだけでしょうが。後追いがどんだけ自分の領域に近づいたか越えたか知らんけど、やってる位相は同じなんだからゴチャゴチャ言いなさんな。放っと毛。

 基本的に、ある特定の「ヒット」に出会って、そこから「掘り下げる」ってのは、そーゆーことよね。下品に行けば行くほど大きな出会い(笑)が待ってるってこった。

 さすがヤクザは銭の華を咲かせるのがお上手ですな。

元が長すぎるので
この長文ピックアップでもありがたいです(笑)

縦読みに気づかなかった隊長涙目

うちの娘が恋空読んでクラスメート全員で「つまんなかった」と言っていたそうなんだよね
何で読んだか聞くと「みんな読んでるから」

そういうもんかと

小説読まずにだいたい分かった。隊長ありがとう!!
要するに電車男と同じような仕掛けなんだね。

>ごめんなさい、めちゃくちゃ泣きました
>見たことない人はもはやいないでしょう
>小説読むのがなんか好きになりました(笑)
>せつなく、
>つらい恋の物語──。オススメです

これも立て読みで「ゴミ小説」w

小学2年生の頃に自殺未遂を起こして、小学校6年生の頃に人間失格を読んで「自分も生きる価値の無いダメ人間だと気付いた、死にたい」的な感想文を書いたらコンクールで優秀賞を取った俺は間違いなく異常者。こんな小学生よりは、恋空を読んで感動している馬鹿の方がまだ健康的。

ドルリー・レーンものとかも悩みますね、中学生で読んでいいものなのか。

☆5の話の中盤。

亜 熊 少 群
自 ゴ 苦 の 断 登 だ い

悪魔将軍
地獄の断頭台

ですね。恋空はキン肉マン世代にもウケる作品ってことでしょう。

☆5の話の中盤。

亜 熊 少 群
自 ゴ 苦 の 断 登 だ い

悪 魔 将 軍
地 獄 の 断 頭 台

ですね。恋空はキン肉マン世代にもウケる作品ってことでしょう。

☆5の話の中盤。

亜 熊 少 群
自 ゴ 苦 の 断 登 だ い

悪 魔 将 軍
地 獄 の 断 頭 台

ですね。恋空はキン肉マン世代にもウケる作品ってことでしょう。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 磯山さやかは何故常に口が開いているのか | Main | ベンジャミン »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ