« オーバーチュアでwinnyつこうて顧客名簿流出 | Main | DSファミスタが品切れの件 »

2007.11.20

冬の時代を穏やかに暮らすために

 もともとは、日本の国際競争力が徐々に低下してきたというマクロな状況が、日常に分かりやすくミクロに置き換えたとき、現象として派遣労働者や季節労働者、移民系労働者の増加という形で現れたと思うんだ。

 小泉改革路線がいいとか悪いとかではなくて、上場大手企業は世界の企業と競争するにあたって、少ない正社員で多くの労働力をまわすための処置としてリストラ先のクリスタル、付加価値の低い労働者供給元としてグッドウィルやフルキャストなどを使ってきたと言える。


 企業はその努力の先を経費削減に充てる以上、生産性の低い個人を雇いたくない。可能なら、教育にかけるコストも削りたい。社会保険だって可能なら出したくない。40歳を過ぎて、能力のピークを超え、用意したポストに座れそうもない社員は、早く肩を叩きたい。「在庫を持ちたくないし、流通も一本化したい」という仕組みによる企業努力だけではなくて、一人の雇用で多くの成果を出すためには、安価な労働者が必要なのは事実だ。


 社会全体としても、生まれてくる日本人の数が少ないのだから、その少ない若い日本人をウェイターや工場労働者など、付加価値の少ない仕事に従事させたくない。だから、その隙間を埋めるように、不法滞在の外国人を押し込んだりする。


 不法滞在の外国人をそのまま労働者として使うと問題を起こしたとき企業イメージに傷がつくし、収集がつかない問題を起こすかもしれないと企業は考える。そのラベルとして、安全弁の役割を持つ労働者の派遣会社を作ったとしたらどうだろう。


 同じように、使い物にならない中高年正社員を整理する目的で、それを専門とする外部の企業と合弁会社を作り、そこに転籍させるやり方で実質的に賃下げ・解雇するという仕事が中核になっている企業が年間一兆円も売り上げていたらどうだろう。


 一個一個の事例を見ると、人間として同情というか悲痛な気持ちに沈むような事態が横行しているが、少し視野を広げて大枠で見てみると、実に冷徹な、それでいてシンプルな経済原理によって物事が動いていることに気づく。私たちの社会は合理性から見て常に歪んでいるのであり、その歪んでいるものに気づき、問題に直面している企業は「モラルに反するため」直接手を触れたがらない。


 だから、多少割高でもそのような「モラルに反する」仕事を専門に行う人たちに一定の社会的認知を与えて、集中的に社会にあるその問題を解決させようとする。ある企業には上場企業としての信用を与え、ある個人には紺綬褒章が授与される。


 ただし、問題が一定の解決をして、当面の社会的課題がクリアされると、このような仕事に従事した人たちはお役御免となる。はっきり言うと用済みとなって、モラルに反する仕事を行って得た分不相応な財産を築いた引き摺り下ろすべき対象となる。そして、もともとモラルに反する活動に従事してつゆとも悪いと思わず、俺は才能があると勘違いをしてしまっている彼らにとっては、叩いて出ない埃などない。


 転機はいきなり訪れる。何事か発生して、突然バッシングが始まる。平常時なら取り立てて問題にならないネタも、きっちりと別の社会問題とリンクされて報じられる。嵌められたと思ってももう遅いわけだ。モラルに反する仕事に従事する限り、必ず暴力団との関わりは何らか存在する。一度転がり落ち始めると、かつて勉強会で同席した政治家も役人も株屋も弁護士もダークサイドに落ちたくないと関係を避け始める。


 そうなると、もう終わりである。本当に、終わりである。東証一部に上場していようが、子会社をいくつか他の市場で公開させていようが、与党野党の若手と日本経済の将来を語り合いいくらかのお金を彼らに包んでいようが、用済みは用済みなのだ。


 しかも、困ったことにこの用済みの烙印というのは、誰かが責任もって捺したものではない。誰の責任か、と問われても、誰のせいでもない実に微妙な空気のようなものがその人の運命を決めている。消費者金融業界であれ、このあと控えるパチンコ・パチスロ業界であれ、新興市場に関連する人々であれ、導火線に火がついてしまったからには誰かが飛ばなければならない。


 号砲は、株価の下落である。いままでにこやかに対応してくれていた暴力団も、もう金を貢げなくなったと見切ればいつでも当局やマスコミにリークして最後の一儲けを企む。驚くような輝かしい経済人が標的になるかもしれないし、自らその命を絶とうとするかもしれない。個人投資家も大手企業も暴力団もみな収益を上げられた幸せな時代は去りつつある。短期的には、いつか見た、あの90年代に戻るんだろう。


 でも、そういう時代を一度経験して、寒い冬が当たり前だと思って暮らしていれば、それほど大きな痛手は蒙らなくてすむだろう。耐えていれば、いつか春は来るし、知恵を出せば少しは暖かく暮らすことができる。そう思って生きていく以外、実はこの世に救いなどないのかもしれない。


« オーバーチュアでwinnyつこうて顧客名簿流出 | Main | DSファミスタが品切れの件 »

Comments

そろそろ師走の風が吹いて参りましたね。
もう何度目になるのやら・・・

はじめまして、こんばんは。
在り方が変わった以上、制度をそれに合わせる必要があると言う事ですね。負の所得税の検討が必要かも。
それにしても含蓄のある文です、拝んでしまいます。

久々の名文か、と思って読んだら意外とあっさり常識論で終わっていて少し残念。

請負や派遣に流れる企業の行動は、ここしばらく変わっていないものだし、そこで働く人々の生活の厳しさもすでに日常風景となりつつあるのではないでしょうか。

暖かい家に住む人も、寒風の吹きすさぶあばら家に住む人も、自らの行動でしかそこから動けないのは昔からずっと同じです。自分の幸せは、自分の手の届く範囲で探さなければならないということを各人が改めて認識すべきなのでしょう。

というわけで、ラミレスJrとはサヨナラなのであります。

なんだやっぱりまた失われたなんとかが来るのか

隊長のエントリを見て、日本で格差社会と叫ばれるのに暴動も革命が起きないか何となく分かったような気がする。
基本的に豊かで、最下級でもネットカフェ難民(さらに底辺に落ちると、いにしえのルンペンスキルを持たないがゆえに、現世からおさらばのnice boatな死亡エンド)。
それと上層部による自浄能力。

幸福なのか不幸なのか、良く分からない国なんだなぁ、日本って。

>号砲は、株価の下落である。

上がったと思ったら、主要株主が変わったりしたらいやだなぁ、
と言ってみるテスト。

パチンコ業界がダメになったとき、セガサミーは大丈夫なんだろうか。それだけが心配だ。あとは潰れてくれて結構だけど。
冬のあとに春は来るんでしょうかね。なんかまったく先が見えないんですが。

以前、finalvend氏が国際競争力って具体的には何だよと問いかけていたのを思い出す。
生産性は為替で調整されてしまうはずだろと。
現状は何の改善も行われていないのに企業の見た目の生産性を上げるためにわざわざ歪みを内側に溜め込んで見える。
何の事は無い、国内だけでエクセレントカンパニー扱いの製造業を合併統合して30代以上の雇用システムに正攻法で手をつければいい。普通に生産性の向上を図れば良いはなしだろ。

結局この景気は経済成長や生産性なんて全く関係の無い、またしても見た目の資産が水増しされたことで生じたバブルだったわけだ。
前回は土地信用、今回は外資の流入。

個人的には前半のマクロな合理性とミクロな感傷の乖離についてもうちょっと掘り下げて欲しかった
なんかヤクザ映画じみた諸産業の浮き沈みにはあんま興味ないのよね

竹中さんが音頭を取った米国式じゃなくて、欧州的なワークシェアリングだったら、も少し社会の歪みが小さかったのかしらん?

収入はミクロなのに消費はマクロにやれって社会としてどーかと思うんだよ。経団連って頭おかしいよね。

拝金主義は亡国のはじまり

An error occurred...
Name and email address are required.
Please correct the error in the form below, then press Post to post your comment.

隊長株で損けたかい?

>パチンコ業界がダメになったとき、セガサミーは大丈夫なんだろうか。それだけが心配だ。あとは潰れてくれて結構だけど。
>Posted by: みかん | 2007.11.20 at 22:51

 むしろセガサミーが最右翼であって「あとは潰れてくれて結構」じゃなくて「お前だけが潰れてしまえばその他は何にも問題ない」だけちゃうんかって感じ。

「生産性を上げる」って、要は少ないコストで多くのモノを作るってことなんだろうけど、行き着く先は「安月給で安物を大量生産する社会」だよな。

昔に比べると例えば家電でも車でも「付加価値」とやらがついて(使わない)機能が増えたのは良いけど、壊れやすくなったし、作りが安っぽくなった。

日本は戦後の何にも無かった時代、何を作っても売れた時代の勢いを借りて世界でものを売りまくってきたわけだけど、これからはどう考えても低成長社会。
ヨーロッパの国々と同じ、かつての栄光をブランド化して細々と暮らして行く、「普通の先進国」になる日が来たってことでしょう。

そう考えると、最近の若者が消費しないとか言うのも、ヨーロッパの若者の様な堅実さがあって良いと思うけどね。

「春の来ない冬は来ない。」

隊長は、一点だけ見逃している。
冬には宗教が力をつけるのだよ。
力を誇示する宗教には頭が痛い。

大企業とかのオエライさんたちは、
経済原則の勉強ばかりだけでなく、
人間の勉強をしないと、
経済も宗教に食われてしまうぞ。
世界のイスラム教は必要だと思う。
だけど、日本でイスラムが中心になるのは合わないと思う。
外国人を受け入れると数が増えれば増えるほど、
外国の宗教色が強くなる。
だからこそ、
知識人っぽい人も、
ライブの人間力をつけるしかないのだな。
本ばかり信仰していないで。

ま、どっちみち、
運命は動いている。
適応できないものは醜くなっていくだけだろうね。

だいたい、
野獣になれないのに、どうやって獣道を歩くんだよ。
食われるだけだろ?

便所の100ワット電球みたいな…
こういうのをやめないとな。
ウンコ勝負はおしまいにせぇー

何故にムスリム化w

サラーフの英雄伝でも読んだばかりか?流行りのイスラム金融か?
ナーガルジュナも上座部もなし、老荘もなし、ファック欧米プロテスタンティズムもちろん、天照らすんじゃねぇ的な被虐史観を朝日新聞を薪にして煮締めた挙句の「イスラムさいこー」ですか?

さいこーでーす!

浅瀬が濁り易いってのは、悲しいけど事実なんだなby画家のほうの山下清

人はそれを大水計と呼ぶのですね。

春は来ない冬はないが、万人が冬を越せる保証などない

レイプされた女性が処刑されるイスラム教はヤダ。日本で広まって欲しくない。

そういやなにかと免罪符のように国際競争力の一言で片付けられる便利な言葉があるけど、じゃあ具体的には何なんなのさ?と問われるとさっぱりわからんのに妙に説得力のある単語なだけに一度「国際競争力」という題のそれだけ扱った良書があったら一度読んでみたい

ヤクザ・リセッション再びというお話かなあ。
パチ業界は多くの雇用を抱えていて、
ここが傾くと付加価値の低い人の雇用が直撃されて
消費者金融業界以上のインパクトがあるかも。

まぁ90年代に地方の旅館が傾いた時の状況と
構造は同じわけですが。

今年は、消費者金融・建設業界ときて
パチもダメになったら、
付加価値の低い人はどこで働くんでしょうね?

 大学その他行ったり職歴豊富で技巧に優れた人でも潰れるときは潰れるんだから、別に「付加価値の低い人」って限定する必要はないでしょ。そうと自分で分かってるケースが多いから、どうやってでも生きる道を模索しますがな。
 それで「すいません生きる道が見つかりません」とか言ってる時点でニート・引き篭もりと同じだから、一時的にワーッと騒いで心配してる振りだけして、結局は無視放置でいいんじゃネーノ?
 どのみち自活できない輩に明日は無いんだし。

ちょっと荒らすかもしれん。隊長すまぬ。

>付加価値の低い人
業界単位でその従事者の付加価値が低い人の意味がわからんのですが。

建築で言うならマンション販売が好調(だった)にも関わらず、建設業界は全然ダメダメだった理由を考えると、構造の問題だと思うんだけどな。

日本の場合、権力にしがみつく経営者側だけは能力が問われないのですw
問題が起きてグダグダ言った後に仕方なく辞めるのですが、会長になって院政を敷こうとしたりする。この部分が一番の問題でしょ、天下り一人雇う金でニート20-30人雇えますね、役に立たなくても経済効果はこっちのほうがあるんじゃない?w

この前スコセッシの『カジノ』とオリバー・ストーンの『ウォール街』(コメンタリーつまみ食い)と川島雄三の『風船』(原作:大沸次郎)を続けて見たんですが(全部で9時間くらい)、
ガイダンス観と評価観の剥離にウンザリ。
(形式主義的な)社会に敗北した人間の野心ほど(マトモな世界を偽構築する為に)却ってスタイリストに近いものはないし(『カジノ』)、かといって(帰るべきマトモな世界に)マスはもう残っていないという現実認識ほど(かつて自分を葬ったものように、彼を)冷酷にさせるものはない(『ウォール街』)。どっちもヤクザに見えるけど、それは疚しさをペイできる概念(対価)が普遍的に用意されていて、これほど魅惑的なものはないからで(『風船』)、
役名を置き換えてみれば現実主義者一般に認められる式。

まぁ、ガイダンス観の正当化(評価)に淘汰が採用されているのは仕方のないことですが、正直ウンザリする。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« オーバーチュアでwinnyつこうて顧客名簿流出 | Main | DSファミスタが品切れの件 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ