« 「小沢一郎政治塾」はどうなってしまうの | Main | 追記:「7K」というのがあるらしい »

2007.11.06

「IT業界就職不人気」の怪

 IT業界というよりは、デジタル土方はキツいねって話であるような。


http://www.j-cast.com/2007/11/03012893.html


 デジタル土方が大変だという話はかつていろいろ書いた。デジタル土方養成所として、デジタルハリウッドバーカという話に流れ着いているのが何だが。


http://kiri.jblog.org/archives/001397.html
http://column.chbox.jp/home/kiri/archives/blog/main/2006/07/13_124957.html


 「IT業界だからiPhone開発のようなクリエイティブな仕事ができる」という勘違いは、「建設業界だからビル設計のようなクリエイティブな仕事ができる」という馬鹿に通じるものがある。世の中しんどいんすよ。クリエイティブな仕事「も一部ある」けど、その「やりたい仕事」をやるためにはその数倍から十数倍の「やりたくない仕事」をしっかりこなさなければならない。

 やりたい仕事だけやればいいというのは、基本的に経営にいる人たちの特権とも言える。日常のやりたくない仕事や、手間のかかる面倒な仕事を引き受けてもらうために、お金を払って人を雇っているのだから。その雇われている人が、やりがいのない仕事を押し付けられることや、つまらん仕事を押し付けられそうだと考えて、その業界に逝きたくないと考えるのはある意味当然なのかもしれない。


 ただ、人間向き不向きっていうのは厳然とあって、私なんかは決算書を読むのは好きでも決算作業をするのは面倒くさくてやってられないが、世の中には請求書を毎日出したりしち面倒くさいタスクの塊である決算をやるのが好きな人もいるかもしれない。そういう人間の生まれ持った向き不向きがたくさん揃った会社はバランスが良くなるということだろう、きっと。


 翻って、IT業界、すなわちデジタル土方の世界は徹夜してナンボ、身体壊して一人前と考え、職場では数年おきに鬱病を発症する人が出現するようなハードな環境こそが「働く」ということなのだ、というマインドの人がいる。別にそれは否定しない。その人の職業観であるから。それで利益を出して、飯が喰えて、家族を養っているのであればそれはそれで立派だ。


 ただし、自分が若い頃そのように働いて頑張ってきて、現在の管理職やら執行役員やら取締役の地位に就いたのだ、という自負があって、新しく業界に入ってくる若い人にもそういう働き方を求めるのであれば、それはちょっと待てよ、と思う。それって、野球部に入ってみたら意味も分からず筋も通らない上級生のイジメにあって、その体質に染まり、自分が進級すると後輩をイジメずにはいられない高校球児みたいなものだ。


 もちろん、レガシーな大手SIerをはじめIT業界も作業量の軽減のためにさまざまな作業内容の改良や効率化は行っているには違いないのだろうが、ただでさえ理系離れが進んで数理学科のような学問的な基礎体力のある新卒が減ってきて各業界が奪い合っている状況で「私はこれまでこのようにやってきた。問題はあるかもしれないが、それが仕事だと思っている」と胸張られても困る。


 で、大手SIerが本業が伸び悩んで株価も上がらないので、利益の出そうな周辺事業に進出しよう、なんて話になると悲惨である。技術系なのに変な体育会系のマネージメントしか経験していないから、うっかりネットサービスの子会社に「管理職です」とか言って落下傘すると凄い化学反応が起きる。何か変なガスが出そうだ。きっとバレーボールのマスコットのパクリのようなロゴを堂々と掲載してみたり、社長が勝手にYorNとか言ってしまうのだろう。それは別にいいんだが。


 じゃあ新興のIT企業ならいいのか、という話である。何かチビなのにイケメン風情の社長に手帳を買わされたり、会長と社長がいきなり不倫して結婚して勝手に社内を祝賀ムードにされて仕事どころではなくなったりする。上場して儲かった旨みが忘れられず、子会社の上場を強行しようとして親子上場規制に引っかかって幹事証券から馬鹿呼ばわりされる会社が鈴なりになっている。


 基本的に新興のIT企業というのはレガシーの大手SIerより効率的で収益性が高くて業界・市場の歪みを突くことが成長戦略であり飯の種であるから、必然的に大手SIerより給料は安い。人材の調達が難しくなって、人材が在庫だというのに相場より給料を安めに設定しっぱなしだといざというとき「それをやる人がいない」という状況に陥るわけだ。弊社のことですかそうですか。


 でも会社はその人の職業人生すべての期間を保証してくれるわけではないから、最初は多少キツくても仕事の仕方や業界事情をしっかり叩き込んでくれる会社に入ったほうが幸せだと思うけどねえ。それがどことも言いづらいが。たまに背広は着てるけど名刺を指で摘んで受け取る社員とか平気で営業にくるじゃん。夏にノンアポで訪問してきて何事かと思ったら「今日は暑いですね!!!」と冷茶出しを暗に催促されたりする。うちは喫茶店じゃねえんだよ。汗拭いて帰れ。


 個人的には、若いうちに厳しい環境で仕事を経験し修練したほうが、30代40代に大きく跳ね返ってくると思う。というか、中学なり高校なりに勉強していい大学に入学した奴が、結局社会でそれなりに認められて良い企業に入る確率が上がったり、能力的に多少劣っても上から引き上げられて出世する可能性が高まったりする。それと同じで、ビジネスの基礎体力を鍛えてくれる多少理不尽な会社のほうが、その後の人生でたくさん訪れる凄い理不尽なことの嵐に耐える力を養えるんじゃないかと。


 まあ、若いうちに楽して儲けることを覚えてしまうと、また同じやり方でお金を手に入れようと安易に考えてしまって、身を持ち崩す人がベンチャー界隈に多いからそう思うんだけどね。


« 「小沢一郎政治塾」はどうなってしまうの | Main | 追記:「7K」というのがあるらしい »

Comments

聞くも涙語るも涙ですな。

こういう記事もっと書けよ

たしかに修験者は縦社会の人ですしね。
評価システムがサジ加減で泣くのも同様。

 去年の今ごろ同様、レベルの低い客(渡辺裕バーカ)相手に頑張ってもしょーがないよねって話をまだやってる時点で十年一日&未来永劫って感じ。

 平和じゃの。

>みどり

 打 球 が 前 に 飛 ん だ け ど フ ァ ー ル !!

 でもまあ、なんのかんので収益はいいんじゃろ? 月給ナンボよ? 言うてみ? ん? ん?
 540時間勤務月給15万(全額手取り保障一切無し)の俺ちゃんくらいなら余裕で突破でしょ? その程度に儲かっとるんでしょ? ん? ん?

 じゃあいいじゃん別に。

 むしろ薄給なら薄給で、少ない給与所得の中から如何に合理的に小金を使い込むかに視点を切り替えろって感じ。
 パン屋に逝って10円払ってレジ袋一杯のパン耳貰って耳料理作るとか。スーパー逝ったら絶対20円引きの牛乳以外買わないとか。コンビニおやじと親しくなって廃棄品タダゲットとか。歌舞伎町プラプラ歩いて誰ぞが自販機に忘れた小銭拾うとか。神田で段ボール拾ってる乞食のおっちゃんと縄張り争いして勝って段ボールゲットとか。代々木公園で野宿して青姦覗いてストレス発散とか。

 いろいろあるじゃろが。貧乏なりに生きる道が。最近の若い衆は贅沢しすぎなんじゃ。

自意識過剰ってのは醜いもんだ。
で、職場環境だけどさ、やっぱ酷い所っていっても限度があるわけで、そういう風に「厳しくてもいいさぁ~」というニュアンスだと自殺者が普通に出るような職場もある事を忘れてしまいそうで困る。いわゆる、職場パワハラってやつ。
 
こりゃあ酷いところは理不尽どころじゃないよ。もう社会人だってのに、人間として扱われないの。で、じゃあ誰か助けを頼んだからって状況が悪化するのは目に見えていて、そういう人に限って生きてるしがらみ、家族とか、親とか・・・がある状態で在る。
産業医が解決??相談だけでもしてくれるところなんてまだマシでしょうね。実際は、工場で事故って死ぬ以上の事技職系の人間が死んでるでしょ。でも、それはどこの経営者にとっても取り上げて欲しくない問題だし、社会問題化させたくないわけだ・・・とか思ってるんだけど。
下っ端だってそういうのを感じちゃうわけで、そういうのがやる気を失わせてしまう。人間は結局感情以外では動かないっていうのに、いじめることばっかりに集中する人間はキチガイだと思う。
ああ、死んだ直接の同僚はまだいないけど、人生をほぼ職場や上司のストレスで埋めてしまっている人がどれだけいることか。私は悲しい。

■デジタルフォレストの「働きマン」はウェブ解析のプロフェッショナル
http://japan.cnet.com/column/people/story/0,3800078738,20358053,00.htm

この方の1日のスケジュールじゃないけど、1日 11.5時間勤務で、1ヶ月20日で考えると合計230時間。
よって残業は内70時間あることになるいんだよね。
しかもよく見ると1時間もらわなくちゃいけない休憩時間も30分。
監督署仕事しろよ・・・とか思う。

ま、実情はITに限らず忙しい方はこうであってもだ、恐らくここの会社の広報を通した(検閲)した記事で、「ウチは労働基準なんて知りません」を匂わすしているところが、学生からしたら痛いのかもしれませんね。

そりゃ痛いところには誰も近づきませんよ。

若いときに、リアル土方を経験した方がいいのかも。
政治家とか官僚になりそうな。
それこそ、東大は、土方実習、必修とか。
中国の文革は、残虐な面ばかりを、恐怖しているアルファブロガーとかいるけど、
映画界とか、地方で生活したことが、肥やしになっていたりするんだよな。

とにかく、社員を育てたいと思う経営者がいるなら、
いろいろな会社や現場で働かせてみるのがいいんでないの?
単純に、世間が狭いだけだよ。>若者
ネットで、有名人のブログばかり読んでいたら、バカになるだけだな>若者

それ以前にさ、
どこで働いても上がつっかえてるからやる気Deneeeeeeつってるご時勢にイット企業はその色が更に強いから更に行くがSineeeeeeeeeeeeeeeeeってだけの話なんだろ?

親父が自営でもがきながらくたばったの目にしてるから経営とか興味わかないけどさ、そうなったときの生きる糧ってなんだ?>みどり

若者だったり特定の業種だったりに対して「世間が狭い」とか真顔で主張する奴は、てめーの周辺でしか成立しないフォーマットが社会の全てに通用する原理原則だと本気で思い込んでいる馬鹿ばかりの法則。

~の法則ってひと括りにするのも、根は一緒。

>何かチビなのにイケメン風情の社長に
>手帳を買わされたり

それ、何ていうクマガイドットコム?w

>会長と社長がいきなり不倫して結婚して
>勝手に社内を祝賀ムードにされて仕事どころ
>ではなくなったりする

それ、何ていうインデックス?w

こりゃあ酷いところは理不尽どころじゃないよ。もう社会人だってのに、人間として扱われないの。で、じゃあ誰か助けを頼んだからって状況が悪化するのは目に見えていて、そういう人に限って生きてるしがらみ、家族とか、親とか・・・がある状態で在る

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 「小沢一郎政治塾」はどうなってしまうの | Main | 追記:「7K」というのがあるらしい »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ