« 不思議レポートを出してくる警備会社は倒産すべき | Main | 岡田斗司夫氏が何か言ってます »

2007.10.26

次はクレジットカード業界なんだろうか

 この報道自体は、たまたま悪質な販売の幇助というか片棒を担いじゃったクレカ屋という切り口なだけかもしれないが。


http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071026k0000m040157000c.html


 商工ローンにしても消費者金融にしても最初は自殺などの被害者が出て、実態が後追いで報じられるなどして社会問題が顕在化していったパターンで業界全体が追い込まれていったのを考えると、誰か何かしようとしているのかもしれないなと思った。


« 不思議レポートを出してくる警備会社は倒産すべき | Main | 岡田斗司夫氏が何か言ってます »

Comments

大変じゃのう。

まあ、これも高利貸しの一種ですからねえ。

 親子で住むこと・住まないことのメリットデメリットって、あるけどさ。一緒に住んでりゃ、こういう訳分からん被害は、そもそも無いんですよ。

 …って言い出したら極右なんだろうけどさ。

 いつの世も、狙われるのは零細個人ですよ。何か起こった後で救援救助するのは他人や有志や組織や国家のやることかもしれんけど、そもそも被害に遭わないようにするには、徹底した自己管理か縁者の相互監視が無いとね。
 間に合わんのです。
 狭くて濃密な人間関係の中で生きてると、「断る」が絶対出来ないわけ。断って縁切られることそれそのものを、すっごく恐れるから。「誰が相手だから」でフィルター掛けることもできるけど(若い人がよくやる手法)、年食って気弱になったら、知ってるヤツより知らないヤツの方が増えますからな。そうなったとき「断る」が出来ない人間は、そりゃまぁ餌食でしょうよ、としか。

 生き抜くことは、辛いこと。

400万借金があっても見事返済し、
ライターとして立派に一本立ちし、
ラジオ、新聞にレギュラーをもってる人を知ってます。
借り手みんながみんなダメになるわけではないかと。

ナムコのネカフェは個人認証してるだけどな
ログも二年保存だし

この場合本丸はピカ通系悪徳商法屋なんでしょ。
悪人は規制しても逃げるだけ。
だから悪人の隣の人が悪人を撲殺する義務を負う世の中に変えると。
いわばヤクザもんを隣近所でガス水道止めてドアを固めてじわじわ殺すと。

まあ、自動車ローンの問題やら、定期的にやり玉に挙がるわけだが→割賦販売屋
オリコねえ
「イケイケドンドン」で貸し出した つーより、毎度その手の業者連中にいいように使われてるんだよなあ。自動車ローンで洒落にならなくなった経験が生きてないよねえ。

個品割賦叩き潰しはもはや規定路線でしょう。

>>光クラブ
いのえもん?

まぁ、無担保の借金なんて無いですからね、結局。

>>親子で住むこと・住まないことのメリットデメリットって、あるけどさ。一緒に住んでりゃ、こういう訳分からん被害は、そもそも無いんですよ。

>昨年6月の早朝。女性は家族の就寝中に家を出て、

家族がいるだけじゃダメってことだ。

↑そういうご家庭は処置無しだから、さっさと死んで事を大きくして人目についてからどうにかしないと間に合わんでしょうね。実際問題として。だったら、死んで本望あと解決? で良かったね、としか。
 揉めていいからモノを言えというに。馬鹿じゃなかろうかと。死人に言っちゃあ遺憾のかもしれんけどさ。

そういえば、NOVA
ああいえば NOVA
こっちの無理矢理与信も叩かれるよな。
つか、結構損失出すだろ>割賦屋
まあ、各個人の単価は
自殺者出すほどの金額ではないけどね

実は以前、この記事に出ているような、着物・宝石の次々販売をやってる会社に勤めてた。本業はカタログ通販だが、こういうブラック商売も実はやってる会社だった(こう書くと、企業名が2社ぐらいに絞られてくるw)

こういう問題は、表面化するべくしてした、という感がある。一番攻められるべきは着物・宝石販売会社だろうが、クレジットカード会社も見て見ぬ振りしてる。

さすがに自殺者が出たら、遺族は騒ぐだろう。そもそも、着物・宝石の次々販売業界は、去年ぐらいからくすぶっている業界だし。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 不思議レポートを出してくる警備会社は倒産すべき | Main | 岡田斗司夫氏が何か言ってます »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ