« 大声で挨拶をされる会社を訪問するのはダルい | Main | 敢えてもう一歩踏み込んだ見解を聞いてみる »

2007.10.22

有料リンク問題

 非常に矛先は丸めてあるけど内容的にはかなり良いので本来は黙ってるべき内容ながら経緯を込めてピックアップしとこうかと。


有料リンクは是か非か? find-jobとかエンジャパンとかネタフルとかまぐまぐとかウノウラボとか
http://neta.ywcafe.net/000780.html
有料リンクは是か非か?黒にんにくネットとアイオイクス社とGMO
http://neta.ywcafe.net/000788.html


 ぶっちゃけると「ほかのSEO屋もやってて、いまなお効果がある以上、やらないとコンペで勝てないから日々頑張っております」な感じじゃなかろうか。


 書かれている内容はいちいちごもっともでありまして、この渡辺氏の記事はその通りの状況になってるんですよね。


http://www.sem-r.com/19/20060326000037.html


 結局は「Webページ間のリンクの質や量によってそのWebページの人気度を測るという検索エンジン側の理論が破綻してるとも考えられる」が「すべて「検索」がWebサイトの集客に大きく影響してしまうという時代背景」があるので「検索エンジン(主にGoogle)の「オレ様ルール」に追随し続けなきゃならないんだ?」と疑問に思いながら「今回は広く浅いリンクネットワークの構築という手口」でも有効ならホップステップ玉砕で頑張って参ります!! という態度でありましょう。


 ここのサイト主さんはgoogle様内の事情はあまり気にされてないみたいで、「故意にリンク貼ったくらいでその意図どおりに検索結果順位が変動しちゃうくらいなら、そんな仕組みになっている今の検索エンジンのほうがショボイだけの話じゃないか」など際どい話もしとります。まあ… 確かにパラドックス自体を理解するのは大変かもしれぬが。


 でも全体的に良く知っておられます。ええ。寸止めありがとうございます的。


« 大声で挨拶をされる会社を訪問するのはダルい | Main | 敢えてもう一歩踏み込んだ見解を聞いてみる »

Comments

これは面白い話だな

連想“でさえ”疲れますからね。

>>既にSEOをアウトソーシングしている企業の担当者はもう1度考え直して欲しい。いま支払っているそのSEOの料金は、一体何に対して支払われているのか。(リンク先から引用)

 ショバ代お高いですね的な。家賃払って店子やってる感覚よね。大家が大家としてのポテンシャルを高めるためにやるのが「厨忍愚」だったり「アウトソーシング」だったりするんじゃないのかと。そげな感じ?

 時代の流れの半歩先をヒタヒタ走ってみませんか的なアプローチ重要ですよね。俺ちゃん2度まで言ってんのにね。どこで言ったかは謎だけど。

 多分、担当者様各位のセンスが生涯店子なんだよ。大家のセンスで動いてない。だから、本来「店子」である筈の外注さんに大家ヅラされて自分らが店子化しちゃうんだ。
 でも大家センスを持って動いてるヤツって、大体独立起業しますからなぁ。担当者様各位レベルで生き残るヤツって、大抵店子根性のまんまだから。

 な ん と い う パ ラ ド ッ ク ス 。 な ん と い う ジ レ ン マ 。
 そして伝説から神話へ…。

 そういうのが何となく積もり積もって定例化するんだと思いました。まる。

↑つまんないんですが

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 大声で挨拶をされる会社を訪問するのはダルい | Main | 敢えてもう一歩踏み込んだ見解を聞いてみる »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ