« とっておきの鰻弁当を冷蔵庫から出してきて喰ったら激しく腹を下した件 | Main | 食い逃げはともかく、バイトはまともなのを雇うべき »

2007.08.28

大沼は良く頑張った

 一軍合流の知らせとほぼ同時期に伝えられた、西武予告先発大沼。防御率は貫禄の八点台後半。対するロッテは防御率トップの1.70、完封3度、勝率9割の若きホープ成瀬。しかも、大沼はぎっくり腰が伝えられるなか、悠然と先発マウンドに向かい、つい先ほど5回1/3、2失点でランナーを二人残し山岸に後を託した。充分すぎる戦果。素晴らしい。観る者全てに生きる気力を与えた。力投をありがとう大沼。佐藤は死ね。そして山岸がタイムリーを浴びる。山岸はいますぐ切腹すべき。大沼ローテーション入り希望。


« とっておきの鰻弁当を冷蔵庫から出してきて喰ったら激しく腹を下した件 | Main | 食い逃げはともかく、バイトはまともなのを雇うべき »

Comments

2ちゃんねるじゃないんだから切腹とか気軽に言わないで欲しい

2ちゃんねるじゃなくても切腹は使うだろ

むしろ絶対するわけないのに言われた「だけ」で危険視するほうも問題。

 なぜこの期に及んで無駄に褒めるのか謎緑。なんか『パワプロ』的に特殊能力いっぱい持ってて一見凄そうなんだけど相殺的にダメ能力も持ってて状況による落差が異様に激しい人ですね的に思ってたんですけど、QS20回くらい達成後防御率3点台に突入すれば全然ローテ入りできると思うので頑張ってほしいです。>大沼

大沼もこんなやつにだうじゃうされてもなあ

また先発で投げるってよ。
大沼→帆足→河原の最凶ローテが完成だ。

どっちにしたって猫さん単純にローテ足りてないんだから少しでも見込みあれば次が来るでしょ
もちろん次回登板の沼者は派手に燃えさかることでしょう

 日本だとローテーション投手は年間25登板くらいだからQS20回とかやっちゃったら松坂ばりに凄いよね。よく考えてみると。QS15回で年間90~100イニングくらい安定してくれればいんじゃねーかと思うんだけど。そんで150イニングくらい登板で防御率3点後半から4.20以内で。その程度に頑張ったらそこで良しとしとかないと。昨今何かと若手投手が台頭してるけど、彼ら凄いのは分かるけど、あんな頑張りすぎてたら10年もたんよ。
 …と言いたいところだけど、日本は選手枠が少ない上に競争少なくて実力格差があるからさ。なんかいい感じに棲み分け体質になっちゃって一部の人が凄い頑張る傾向にあるよね。ダルビッシュとか年間30登板でQS20、完封5、大崩れ5、くらいでしょ。ペース的に。それはどうなんだと。そんだけ頑張っちゃって怪我しても知らんよ? って感じ。
 球数制限ももちっと徹底させないと、また昔みたいに20代で肩壊して30前後で引退する投手ばっかりになっちゃうんじゃないの?

大沼いいじゃないか
惚れた

水島温帯って誰?

昨日もヤクルツは完璧な党首リレー。ありがとうございました。フォークの落ちないフォークピッチャー。ごちそうさま。

犬ルト

ヤクルト弱すぎだ

 この期に及んで打者転向したら凄沼。

IAAF ATHLETICS は見てねーの?

犬ルトw

隊長、澤田さんが捕まりそうです…

ヤクルト駄目過ぎだって
マシな選手いねえのかよ

吉川ひなの:「みんな結婚していく…」と寂しそう?
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/200708/graph/30/index.html

>理想のヒーロー像は「ちょっと悪そうに見えて、実はいい人」と話し、この日帰国した大相撲の横綱・朝青龍に「早く元気になってほしい」とエールを送っていた。

 なんか、ね。こーやって空気とかキャラとか作っていくんだねって感じですか? どーやっても朝青龍悪者にしたくてしょーがないみたいね、記事書いてる人は。吉川ひなのは無駄にヒールに近づきやすい人ですか的な。記事の中身全然見てないから知らんけど、記事を作った人間の性根が卑しいのは2秒で見切りましたよ。しょうもない。


 朝青龍問題は基本的に悪さの過ぎる朝青龍に原因があるのは当然だけど、協会や組織全体を含めた「運営・経営」の観点から見て、手順も形式も何も踏まずに行き成り成敗した首脳陣のほうが悪いと見るのが普通だよ。そんなもん。武家の斬り捨て御免と一緒でさ。今の時代にそりゃマズいんじゃないの? 的な視点が一切なさげなのが凄すぎでしょ。お前らリアル生麦事件ですかっての。結局、ある程度の地位とか地歩とか権力有しちゃったら、そっから先は感情剥き出しの暴走やっても誰も止めないのね? って辺りが日本の現実なんだね。

 実力あっても素行に問題あるから昇進は止めとけって横審で何遍も言われたのに横綱不在はマズいからってことで場当たり的に入れちゃってさ。(気性や問題行動が直らなければ)次の横綱が出たら難癖つけて蹴落とせばいいや、くらいにしか考えてなかったんだよ。そもそも。それが1人横綱時代が長く続いてその間勝ち続けちゃったもんだから、落とす切っ掛けがなかったんでね。白鳳出てきて「コイツは言うこと聞きそうだ」ってんで、ここぞとばかりに朝青龍潰しに掛かってんだろ。
 そういう「気持ち」のほうが先に出すぎちゃって、常識(事前勧告とか通達とか)無視の総攻撃に入っちゃった、って感じだろうね。とりあえず、いい歳こいたおっさんが感情基点に動いたら見苦しいことこの上ないな、と。なんとなくパールハーバー。

「横綱」というキャラ属性への親和性があって、はじめて彼も、
「商品として及第」だったんでしょうけどね(チャンとファンタジーしてくれないと客が納得しない=構造的には、失礼かもわからんけどプロレスと変わらない)。

あっ、大沼さんには今後とも身体に気を付けていただきたいと思います。

ザクセンLBが7兆円の損失を出す今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか。

ハナ毛、自重しろ

うぅ、3回も逝かされた

一方河原はフェルなんですに3ラン浴びて貫禄の一回5失点。

西武はどうなってしまうの。あと横浜も。那須野は働け。

http://beautystyle.jp.msn.com/healthcare/feature/mental/toukei/vol5_honne_p2.htm

↑馬鹿で不細工なおばはんが文句垂れてますよ。

 内面の美しさとか言われてもワカンナーイ、とか言ってる時点で馬鹿確定。造形が美人でも表情が暗く澱んでて美人に見えない…とか特定の人には笑顔なんだけどそうじゃない人にはキツイ表情・無表情…とか。そういうのを「内面が美しくない」って言うんじゃないかと。
 まー要するに誰彼構わず何時でも何処でもニコニコしてろってことで、それが出来ないのに造形ばっかり問うてもしょーがないんだよってことで。ハゲでも白髪でも無精髯でも気持ちが明るければ不細工ではない、と。そういうこって。

 ゆえに、↑で文句垂れてる女子は全員馬鹿&不細工と見做す。

河原初回炎上もアレだけど、
ルーキー木村に100球以上投げさすのもなあ。
公開レイプってレベルじゃねーぞ。
あと、そろそろハナ毛アク禁に

 せっかく朝青龍がヒール横綱としての地位を確立したんだから白鳳昇進で正義キャラに仕立てて対決煽ればよかったのにね。どっちかってぇと、そっちのほうが観客的にも面白かろうと思うのよ。それをわざわざ朝青龍潰してどーすんの? って感じ。意味が分からん。そんな真似して何の益があるのかと。我が侭勝手で悪のイメージが憑いて回るほどのヤツじゃないと倒し甲斐もないでしょに。なんかこのまま朝青龍引退したら、さ。残る連中はフツーに協会に牛耳られた相撲リーマンの巣窟っぽく見えて、リアル肉奴隷じゃねーかって感じなんだけどね。

 横綱=正義の味方って構図だけに固執しすぎるんだよ。暴君のひとりやふたり、居てもいいじゃん。ソイツに立ち向かうヤツっていうか対抗馬を勝手に正義の味方に仕立てて勝手に応援してればいいんだし。高見盛や魁皇なんか別にそこまで強いわけでもないのにキャラ受けするからいいヤツ扱いじゃん。折角マスコミ様に「力」(←笑)があるんだったら、そーゆー配慮をすれば良かったんよ。それをわざわざ相撲協会の怒りに乗っかって一緒になって叩いてるだけ見苦しいんでね。性根が卑しいったらありゃしないよ。アイツは悪だから、そういうキャラだから、で放っといてね。正々堂々打ち負かせるキャラが出るのを待つか勝手に期待掛けて仕立てるかすれば健全(?)だっつうのに、嫌だから排除しろって嚇し付けちゃったら馬鹿丸出しだろ。反省しろとか改心しろとか言ったところで言葉尻の問題でさ。本質的には「いい歳こいて素行の改まらない朝青龍」をキャラと見做すか見做さないかの問題でね。受け手の問題だよ。見做さない→営業活動に利用しないって時点で商売下手クソとしか言いようがないっていうか。
 1人横綱体制の弊害だと思うのよ。2人とか3人とか居ればひとりサボってもしょうがねぇなで済むけど、1人しか居なくてソイツが悪たれだったらこんなんなるの分かってるじゃないかと。そんなもん朝青龍が昇進する段階で分かってたことなんだし人間の性格や気質なんざそう簡単に変わるもんじゃないんだし、朝青龍昇進させてこんだけ勝たせちゃった以上、それに乗っかった「営業」を展開しないとダメでしょっての。
 結局、白鳳が思いのほか賢明で協会の言うこと聞きそうだからさ。んじゃもういいよ、で朝青龍ポイ捨てしただけなんだよ。なんという商売センスの無さ! とか愕然としちゃうんですけど。まぁ、相撲ってば実質プロレスだけど体面上神事ですからのう。商売重視で行こうって気が更々ないんでしょ。そんでもお前ら何で飯食ってるかってーと、結局は「商売」なんじゃないの? って思うんですけど。

西武も酷いな
伊東はもうええわってモードなんかね?

たいちょ、ウンコしてくるね!

>まぁ、相撲ってば実質プロレスだけど体面上神事ですからのう。商売重視で行こうって気が更々ないんでしょ。そんでもお前ら何で飯食ってるかってーと、結局は「商売」なんじゃないの? って思うんですけど。

もっと云うと、今の相撲は神事というより素朴なスポーツ劇で、好まれている特性は「週ジャン三原則(『スクール・ウォーズ』型作劇システム)」。だから、実際は昭和後期的な偶像なんでしょうね。今の順列は。
切磋琢磨って云っても、例えば南葛イレブンのソレだから…まあ眩しいったらない。せめて梶原一騎か、欲を言えば小池一夫に…

商売という点で言うと、要は陣(運)営の問題なんだけど、マスコミが補完的に相関図を作って囃し立てると「作劇モデル」が育つのか? というと、どうも空気嫁みたいな話になるみたい。芸として確立しているとでも云うのよな物言い。んで、ホントにそうなの? というと、そうは見えない。

結局、飽きてないか? というようなところで、もっと扇情的に(人情劇的意味合いで)ディフォルメ(昇進の評価基準)を考えないといけないんじゃないか。成長劇なのに、通過儀礼の内幕が画一的なんてある訳ない(「岬君に雷獣シュートを打てというのか?」 私は年功(個人史への配慮)とかあってもいいと思うが)。昼ドラは「怪物の戦い」か「大衆一番強し的道徳劇」の両極に舵を切って久しいから学ぼうにも難しい(何だかんだいって、スポーツはアウトサイダーの為のものだから、後者にはならない(「若さ」が無い)。前者は見切りが良すぎる)。夜ドラは「恋人達の理屈で世界を征服する話」だから、着地点に配慮しすぎて批判(対立)が弱い。深夜ドラマは広義のパロディなので、予備知識がないと見られないし、「世に隠れる話」だから、客層開拓に盛り込むには、段階が早い。こうやって考えると、難しいな、やっぱ。ただ、今年の大河なんて結構学ぶところが多いと思うんだけど、どうよ? 海老。

↑なんか大沼放っといて朝青龍の話に逝きっぱなしなのもアレなんで、大沼について何か言いませんか。言いませんね? ハイ、どーも。
 あー大沼頑張ったねー。良かったねー。次回も頑張れるといいねー。こんな感じで。私はもうこれ以上言うこと無いです。どうでもいいんで。

 それは兎も角いい加減辞めりゃいいのに今日現在も飽きることなく中国新聞紙上にて絶賛連載中の『ちびまるこちゃん』が日を追うごとにどんどん性根が卑しい話の作りになってるのはどーなんだろうと思ってるんで、そのこと思えば沼者の頑張りはささやかながら心安らぐよね。頑張ってるよね。頑張ってほしいナーと思いましたとさ。おしまい。

ビール党のエントリは?

大沼さんについて:僕、ストイックな中年(失敬!!)は好きですから、特に戦果に云々いたしません。

「まぁ、勝てば由。ただ悪しと言うこともなし」、M性の滲む足掻きって素敵。

ノーアウト満塁でも無得点に終わるのは、
セに限ってよくあることだけど
大矢監督は算数苦手なのか?
それとも天性のギャンブラーか
延長なったらP足りなくなるんでない?
わざと劇場演出してるってレベルじゃねーぞ
あと、そろそろハナ毛アク禁に

ホセロ見納め炎上中

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大沼は良く頑張った:

« とっておきの鰻弁当を冷蔵庫から出してきて喰ったら激しく腹を下した件 | Main | 食い逃げはともかく、バイトはまともなのを雇うべき »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ