« 診断結果が出た | Main | 浜田翔子なあ… »

2007.07.02

民主党なあ…

 寝る直前にコメント欄に次のような記事が出ていたのを知り、正直げんなりしているわけだが… 読み手に分かりやすく書くのは困難なネタだなあ。


http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070701ia22.htm


 アメリカで問題になっている慰安婦事案ってのがあって、要は、予算面、方法の巧拙において、日本は韓国や中国に比べてやや劣っていた経緯があった。もうとっくの昔から、そういう傾向が見え始めていて、いろんな人が指摘していたから敢えてここでは書かない。ある種の「インテリジェンス病患者」みたいなのが最近増えたから。


 民主党としては、次の選挙はどう転んでも負けることはない、少なくとも、現指導者が、責任を取らされる形で退陣する予測はあまり立たない。それゆえ、民主党には現在「ターンが回ってきた」状態で、何をするにもフリーハンドですよ、ということ。


 で、何をしたかというと、敵失を突いてきたというのが引用の読売新聞記事だ。


 「アメリカは謝罪すべき」というのは、現在炎が盛り上がってしまった従軍慰安婦問題に、さらにガソリンをかけるタイプの発言であり、これを引用して日ならずアメリカのメディアは日本の最大野党の有力者のコメントとして掲載するだろうという。


 その失策というのは、ほかならないワシントンポスト意見広告のことである。実質、慰安婦問題を活用した「日米の離間策」であって、意見広告を出すこと自体が”寝た子を起こす”だけじゃなくて、場に出ている従軍慰安婦問題の米下院批難決議案という事案そのものの”掛け金を引き上げる”ことを意味してしまう。


 逆に言えば、この離間策にもろに引っかかって、善意や真心から日本の従軍慰安婦問題のことを良く知って欲しいと良識的にアメリカ国民に知ってもらおうと協力してしまった人物もいれば、あらかじめ全体の構造や目論見を知った上で本件が日米関係の緩やかな悪化を知識人に印象付けることになるだろうと周辺の人間を炊きつけようとした人物もいたということにほかならない。確信犯なのか故意犯なのかは措くとして、今回の意見広告に賛同したリストは、それそのものが「行き過ぎた民族主義者たち」リストとなってしまう可能性を秘める。


 この踏み絵を決定的なものとするべく、誰かの助言を得て小沢さんは自分の手番でそういうことを言ったのであり、あわせて某久間氏が脈絡もなくあんな発言をしたものだから、本来ならどうとでもブーメランにできたものをこじらせてしまう結果となった。


 何よりの問題は、安全保障を飯の種にしている言論人の一部が、ある程度状況を理解しているにも関わらず、それを損ねかねない活動に積極的に従事しているように見える点である。万一、ただの馬鹿であって物事の本質に気づくことなく加担してしまったのであれば無能の謗りはまぬかれ得ないし、良く分かったうえで納得づくだったとするならただの犯罪者に近い。どちらに転んでも望ましい人物であるとはいえないことになる。


 本件は、当然今回の選挙の争点にはならないし、日本国民の関心は決して高くないだろう。だけど、あらかじめアリバイ的に民主党の有力者が本件について言及しておいて、選挙に勝ち、国民の信託としてそのような方向に国を導くことが支持されたのだと喧伝したとしたら、非常にややこしいことになる。日米間の懸案となっていることを日本人が理解を深めるごとに、充分に掛け金が上がったところから負け銭を支払わされる羽目になる。どおりで次期戦闘機を売ってくれないはずである。


 最悪、テッシーの言うように同盟国としての関係よりも戦略的パートナーシップを中国と構築しようという思考に傾く人たちがアメリカで増えるかもしれない。しかも、その引き金を引いた一部の責任は、確実に我が国内部の人間がやっちまった失策の中にあるのだ。さてどうしましょうかねK下さんよー。


 なお、意見広告で書かれた内容が事実かどうか、正しいか間違ってるかはどうでもいい。正直、そんなもん私には分からん。ただ、従軍慰安婦問題を戦争における一般的な事象としてしまったのは馬鹿の所業としか思えない。アメリカ人に対して「慰安婦ならお前らの国だってやってたじゃないか」というに等しい意見広告を掲載されて、良い方向に転がるとでも思っているのだろうか。


 良い方向に転がしたくない人は、当然、踏み絵としてこの失策を最大限活かそうとするだろう。仮に民主党が将来政権を採ったとして、その政権担当者は七転八倒の苦しみを味わうことにならないことを祈るのみだ。


« 診断結果が出た | Main | 浜田翔子なあ… »

Comments

原爆がらみの失言と慰安婦の問題がセットになってしまったからな
今回の党首討論は国内向けというより、アメでどう捉えられるか心配だ

小沢さんはここまで日米関係敵視してる人だったかなあ。アメリカ流の価値観で日本を普通の国にしようとしてる人だったと思ったが。

そう?
あの意見広告は良かったと思うけどな。
って言うか、あの広告の主題は、
「慰安婦は"性奴隷"じゃなかったよ」ってことでしょ。
そりゃまぁ、あっちの賛同者を増やす結果になったけど、
あの広告だけで終わりじゃないみたいだし、将来的には功を奏しそう。

>って言うか、あの広告の主題は、
>「慰安婦は"性奴隷"じゃなかったよ」ってことでしょ。

それだけ言ってりゃ何ぼかマシだったんだろうけどねぇ。

義憤にかられた民族主義者はほんとろくなことせんな。
小沢一郎もこのタイミングであの言い方は含むところ多すぎだ。

保守派からみても、あの意見広告はいかんだろと思ったが。
勇み足だね、韓国人だけバカにすればよいものを。

小沢は野党になって頭悪くなったぽいイメージ

アメさんに向かって「慰安婦ならお前らの国だってやってたじゃないか」って正面切って言ったら、「のび太のくせに生意気だぞ」で終了ですわな、確かに。
アメリカの戦争は正義の戦争だし、アメリカの慰安婦はきれいな慰安婦なんだから。しがない敗戦国は臥薪嘗胆で耐えるしかない。
 
意見広告の内容は至って正論だし日本の本音だろうけど、アメさんの子分を60年もやってる割には親分の性格をわかってない・・・

クリキントンだって慰安婦飼ってたじゃねえか。

小沢 「みんなっ!!オラに少しだけ愛国心をわけてくれっ!!」 久間 「私の使いさしので良ければどうぞっ!!」 真紀子「.....罠っ!?」

> ある種の「インテリジェンス病患者」みたいなのが最近増えたから
なんか隊長も感染源だという気がしないでもない。

まあ河下はプレーンとしては偏りすぎだわな

物事には布石ってものがあるわけで、その場その場局面だけで損得勘定するのはどうかと=広告。
アメリカが中国に靡くのは争奪戦と聞けば黙っていられないんだからしょうがない。むしろ泥舟中国に突っ込んでズブズブになったところを、今度は日本が美味しくいただきましょう。
中国もアメリカも同床異夢。既に在米特亜人の振る舞いも問題になり始めてるし、アメリカは相手とうまく行ってるときほど、その関係ぶっ壊したがる餓鬼ですから日本がアメリカの一番の相手でないほうがむしろ安全。

>物事には布石ってものがあるわけで、その場その場局面だけで損得勘定するのはどうかと=広告。

その布石の結果が広告掲載であって、決議されちゃったのは決定的な損害なことぐらい気づけよ。

あの広告に賛同してた連中は、結果的に中共のスパイだろ。

ああ言やこう言う、じゃなくてああ言やこう「返す」で人を見ないと。相手が確実に同じ土俵に立ってくれるとは限らんのよね。

この件はどちらに転んでも米中韓には±0で済んでしまう案件であり強引にそれで済ましてしまいそう。そんな強烈な馬鹿亭主3人を相手に心意気だけで乗り切ろうと健気に頑張る主婦"日本"の「多夫一婦制細腕繁盛記」 なんて見たくない。

よし、中国と軍事同盟だ。
兵法にもあるように隣の国は蹂躙対象か侵略者だ。
中国は朝鮮を挟んでるから隣の隣の国で友好国、
アメリカは直接隣だから敵だな。
いざ民主党に投票しよう。
熱烈歓迎!イヤッハー今ならパンダも付いてくるぜ日本人よ!

小沢に政権とらせるほど日本人は馬鹿
じゃないから安心しろ

2chじゃすぎやま&櫻井の自爆に苦言を呈しようものなら、層化扱いされたり左翼扱いされたりだもんな。てめーが反米左翼になっているのに気づかずに左翼氏ねって言ってる馬鹿って何なの?
すぎやまはすぎやまで、共産党的全体主義に抵抗するためとかほざいてたけど、てめーのその真実は俺の認識が全てでそれが宇宙の真理であり全ての人間はその事実に賛同すべき的発想が共産主義者が唱える全体主義と1ミリも違っていないことに気づいていなくて、その上反米って、それで保守本流を語るって頭がおかしいとしか思えん。日本のウヨサヨ概念は間違っているって偉そうに語ってたけど、その枠組みの中でも政治学的定義の中でもおめーは保守じゃねーよとw

今のいわゆる保守派はなーんにも考えてなくて、イデオロギーで動くようになっちゃったから。それに保守派を動かしている人たちもご老人でしょ。ボケたんじゃないのかな?
保守なら運動よりアホな大衆の啓蒙でしょ。アホな大衆と楽しく運動しているからミイラ取りがミイラになってアホになっちゃった。

アメリカ様、教えてください。
中国様、教えてください。
これが、大国へのスタンスだよ。
卑屈とは違うけどな、教えてもらうってのは。

国の面積をみてみろ、人間の数をみてみろ、
どーして、日本の頭がいいのは、
現に大差があることを、
ないように妄想できてしまうのかなぁ。

これからは、挟まれてしまうんだよ。
もしやるんだったら、侵略でなく、
オーストラリアを仲間にしつつ、
太平洋の小さい国や島と、
スゲーーー、仲良くしていくことだろうな。
で、日本の国土は、観光地! 世界名産作物生産。
そして、頭脳は、世界全体に、
まるで華僑のごとく、チリジリバラバラになって、
国を守れ!

とにかく、竹槍3本あれば、日本が守れるような、
バカな知識人は、いらん!

何事も無かったのごとく事態が収斂しそうな気もするけど。

ネズミ一匹ってやつで。

仮にも「天国」と喧嘩はできんのですよ、やはり。
御主人は他所様のに売っちゃったけどさ…畜生。

まぁ何が正しい正しくないっていっても主導権はなんだかんだいって握られちゃってるわけで
耐えるしかないのかなあ・・・

>戦略的パートナーシップを中国と構築しようという思考に傾く人たちがアメリカで増えるかもしれない

するわけないっす。アメリカ、特に民主党は中国を潰さないことにはアメリカの将来はない、ということで一致してまつ。

わかんないけど、アベちんが目障りなのでは?

小沢の言ってることは至極まっとうだと思うんだが。
他国に戦争中の非人道的行為の謝罪を要求するなら、まず自分が謝罪するのが筋ってもんだろ。
「I'm sorryと何故言えない?」とかほざいてた決議推進派のアメ公議員、寝言は寝て言え。
そのセリフはそっくりそのままてめえに返してやる。
ついでにベトナムやイラクにも謝罪しやがれ。
今やおまえらこそイラクで一方的に戦争始めた悪の帝国だろうが。

至極まっとう≠世界で通用する

これで米国が中国と組んでみて、数年後に、「あっ、しまった、間違った。日本と組んでたほうが得だった」となって、けっきょくトータルでは得なことになると思ってるんですけど。
ラプター売ってくれないだの、法的拘束力の無い下院決議だので、一々よく騒げますね。

これで米国が中国と組んでみて、数年後に、「あっ、しまった、間違った。日本と組んでたほうが得だった」となって、けっきょくトータルでは得なことになると思ってるんですけど。
ラプター売ってくれないだの、法的拘束力の無い下院決議だので、一々よく騒げますね。

小沢一郎は政策として、「農家の生産費と市場価格との差額を各農家に支払う」という所得補償制度を設けると言っている。財源は私たちが納めた税金。このようなことをすると、農家は何の努力もせず国際競争力は益々悪化する。そして、それは更なる国民負担となって一般の国民にのしかかってくる。
また、民主党は高速道路を無料にすると言っている。その財源は汗水たらして働き納めた私たちの税金。料金は利用者が負担するのは当然。人の利用料金まで一般の国民が負担するという社会主義的発想は理解しがたい。
人の金すなわち私たちが納めた税金をばら撒いて、人気を取ろうとする政党を支持することは出来ない。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 民主党なあ…:

» 選挙(今回は批判票で投票か) [JJ雑記]
自分の一票入れてどうなるわけでもないけど、今回も投票しようと思います。どちらかと [Read More]

« 診断結果が出た | Main | 浜田翔子なあ… »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ