« 毎日新聞がコムスン問題について正しいことを書いている件 | Main | 読売新聞が早漏 »

2007.06.15

赤坂議員宿舎に思う

 私の住まいの目の前が議員宿舎である。松岡氏が自殺したとき、ヘリは飛ぶわカメラ抱えた報道陣は殺到するわで、ワゴンにおせんやキャラメルを置いて販売したくなるほどの観光地となっていた。えらい活気だ。さすが都会だね。六本木から歩いて二十分の一等地だ。と思ったのもつかの間、いまやかの場は廃墟である。ほぼ国営の廃マンションに近い。明かりはごく一部にしか灯らず、警備員詰め所らしき部屋だけがただ煌々と赤いランプを点けているだけだ。誰を何から守っているのだろうか。


 せっかく建設したのにいまや事故物件であるいま、3LDK月家賃九万円という国民感情無視の施設が目の前に建立されているだけで当方まで鬱な気分になる。全部屋貸してくれれば又貸しして驚きの利益率を叩きだせるに違いない。


 溜池山王から赤坂にかけては不思議な地域で、三国人街が軒を連ね焼肉屋が日本人用と韓国人用の二種類の値段をつけたメニューを出すかと思えば、どこからか現れるインド人が不思議なカレー屋を開店してて、向こうにはプチエンジェル事件で話題となったウィークリーマンションが怪しいオーラを放っており、その斜向かいには新たな高層マンションが現在建設途上であって目の前の細い道の流れを建設用トラックが止めては顰蹙を買っている。コンビニは大量にあって韓国人だか中国人だか分からない外人がやる気なさげに昼飯をサラリーマンに売りつけ、休日になると夕食候補が松屋かオリジン弁当ぐらいしか見当たらなくなるほどほとんどの飯屋が閉まる。


 バブルの後遺症からか、木造の古きよき佇まいの料亭と「金があったので改装してみました」的近代建築化した料亭とが並存してるのも赤坂だ。見苦しいというわけではないが、夜に出歩いていると千鳥足の元日経鶴田氏が何か喚きながら歩いていたり、野中広務氏が千鳥足っぽい足取りで黒塗りの車に乗り込もうとしてたりするのがただの一風景になってしまうほどの異空間である。


 料亭街を通り過ぎると歩いて一分もかからず官邸なんだが、ふと目を脇にやると外資系保険屋のビルが建ってたり外資系に買われたホテルが建ってたり外資系しか入ってないやたら高価なオフィスビルが建ってたりする。排ガスまみれの角に建つコマツビルを見るたび悲しくなる。


 普通の国ではさ、キャピタルがある周辺にはスパイが身隠しできるような草むらは作らないもんだと思うよ。確かに議員が地方から出てきて滞在するのに金がかかりすぎるのは問題であるから、宿泊施設をきちんと整備しようというのはいいんだけれども、ややこしい人たちがすぐ数百メートルのところに出入りできるような官邸周辺って本当に大丈夫なの? と思うわけで。


« 毎日新聞がコムスン問題について正しいことを書いている件 | Main | 読売新聞が早漏 »

Comments

雑居首都

大丈夫じゃないから大丈夫って言っとくんでしょ。大丈夫大丈夫。バーカ。

ビックリマンでも一階に悪魔二階に天使だったしそれが日本クオリティ。

これは、なかなか良い文章だ。
隊長は、今に拘った文章より、
時間軸をうまくゆらしながらの文章が絶妙になるとおもう。

来週一日は、内房線だ。
なんかトイレが変らしい。
どんな人生がながめられるだろうか?

そこで東京から東濃へですよ。

せっかくだから海ほたるに官邸を移すか。

ロンドンとかベルリンには空き家や未利用地に勝手に住み着いて
しかも訴訟で「住んでも良い権」を勝ち取るビンボーな
「占拠屋」が移民とは別に存在しとります


そういう人達を支援する人間には色々な人がいるわけで…


特定アジア・オン・ザ・赤坂はまだまだ欧米の諸都市よりはマシじゃないかな?

のり平

>プチエンジェル事件で話題となったウィークリーマンションが怪しいオーラを放っており

>プチエンジェル事件で話題となったウィークリーマンションが怪しいオーラを放って

>怪しいオーラを放っており

シュペーアに見せてやりたいですな。

果たして「廃墟価値の理論」に適うのか。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 赤坂議員宿舎に思う:

» 切込隊長の赤坂ガイド [とっちのブログ]
 赤坂なんて東京のど真ん中のことなど殆ど分かりません。某超有名コピー会社の展示を見に行ったことがあるぐらい。  ってな訳で、切込隊長の事務所兼自宅があるということで赤坂散策風味なエントリーをご紹介。キンチとかスパイとか、なかなか面白い所のようですね、赤坂。 切込隊長BLOG(ブログ): 赤坂議員宿舎に思う... [Read More]

» 都会 [www.evo8.org Weblog]
最近行ってないな。 切込隊長BLOG(ブログ)さんの「赤坂議員宿舎に思う」のエン... [Read More]

« 毎日新聞がコムスン問題について正しいことを書いている件 | Main | 読売新聞が早漏 »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ