« 宮沢喜一「分かっていて何も出来なかった人」逝く | Main | こんにちは、ガンジーです »

2007.06.29

アナル男爵が逮捕されそうです

 ビーフカリー斉藤というカロリー値が高そうなハンドルの人が以下の記事を書いているのが目にとまりピックアップ。


http://www.downloaders.cn/2007/06/28155315.html


 海賊版DVDなどの字幕を勝手に作る人なんだそうだが、正規版より海賊版のほうが翻訳のデキが良いという反応もちらほら聞かれる。腕のいい職人の一人であるとされるアナル男爵にいたってはwikiまで執筆されている始末。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AB%E7%94%B7%E7%88%B5


 あまりファンサブについては興味ない、というか私が見るメジャーリーグ(主にタンパベイ戦)は別に実況が酔っ払っていても視聴には何の影響もないし、戸田某などの翻訳は手が早くて納品がきっちり守られる以外はあまり褒められたものではないという風評も多々存在するのでどうでもよかったのだが、問題はアナル男爵である。


 現在、本件報道を実施している正規メディアでモロにアナル男爵と報じられることはない。これが例えば大きな事件となった場合、例えば「酒鬼薔薇聖斗」みたいに鍵括弧つきのネームで”「アナル男爵」こと○○容疑者”みたいな報じられ方をしてしまうのだろうか。


 ビーフカリー斉藤も原稿の中で深刻に書き綴っているように、卑猥語感のハンドルの扱いというのは大変困難なのだろうか。アナル男爵が本当に逮捕されちゃったら保釈金カンパに協力したいね。


« 宮沢喜一「分かっていて何も出来なかった人」逝く | Main | こんにちは、ガンジーです »

Comments

つーかまだいたのかよこの人。
WINMX時代にお世話になりました。

きんたまさんがもし逮捕されてしまったらと思うとぞっとしない。

アナル・ロード・オブ・パーラメント(英国風)

大和搭乗員にアナライザって居たよね

>現在は研修医として循環器科で勉強を続けているとされる

ほほー。

そうね「僕のアナルも逮捕されそうです」と言わざるを得ない。

オマーン国とか金玉ウィルスみたいな扱いですな。

自作のP2Pソフト名は「つるつるまんこ」に決めました。

卑猥と聞く時、それだけで生まれてしまう親近感には、ヤッパリ復讐の臭いがしますねえ。
もしかして緊張状態と便意の関係ってそういうこと? イヤイヤ、それはトンデモかw

いまんところ警察きてねえっす
まったりお仕事中

アナルさん、お疲れ様です!!

アナルさん、サインください!!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アナル男爵が逮捕されそうです:

» アナル男爵は逮捕されていた? [ととろぐ~よりぬきトトロさん~]
Winnyショックから早数年、町中での海賊版販売は減った(除く大阪)ものの、 ツールは変わりつつも相変わらず出回っている映画の盗撮ファイル でもって海外から入手したそれらのファイルに 字幕をつける職人さんはその筋では有名ですが、 その字幕職人さんたちを著作権違反ほう助の疑いで追ってるよ~by大阪府警だそうで・・ 読売大阪の記事 で、ビーフカリー斉藤さんという方がそれについて 数年前まで字幕職人の代表格存在だったアナル男爵も逮捕?なんて書かれていて、 記事 山本一郎先生も、 アナ... [Read More]

« 宮沢喜一「分かっていて何も出来なかった人」逝く | Main | こんにちは、ガンジーです »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ