« 朝日新聞のヘッジファンド規制の社説 | Main | 「著作権法の非親告化」法案の議論がややこしい方向に »

2007.05.22

ペッパーランチのレイプ事件、その後

 なんでも評点読んでたら、以下のような記事が。


ペッパーランチ事件第一報以来メディアが沈黙を保っていることに理解を示してみる
http://rate.livedoor.biz/archives/50381610.html
心斎橋ステーキチェーン店拉致事件現場の立地条件と現在の様子
http://rate.livedoor.biz/archives/50381089.html


 報じられない事情があるのではなくて、特に、ペッパーランチ(ペッパーフードサービス、記事中では一部上場となっているが、マザーズ上場っス)について言うなら共犯した二名や協力していたとされるグループがまだ捜査中で、ややこしいという以上の事実関係は特にないんじゃないでしょうかね。


 むしろ、本当に事件性があるという話で逝くと、過日、アーティストハウス・ホールディングス監査役の和田位氏が自宅前で暴力団関係者に殴打された事件なんかは新聞記事にすらなっていないわけです。それこそ、ネットバブル崩壊のきっかけとなったリキッド・オーディオのときに散々語られた経理マンの暴行なんてレベルじゃなく、ほぼ殺人未遂です。指図した人物や実行した暴力団はどうも特定されたようで捕まりそうなんですけど、いわゆる報じる対象の一般性と事件への関与の濃淡で続報はされ得ないことも多いのではないかと。


 おそらく”君子危うきに近寄らず”という論法で逝くと、今回のペッパーランチ関連のレイプ事件などよりもっと危ない案件がアホほどあって、それらの何割かは報じられず、さらにその何割かは解決もしていないということなんだろうと。だからこそ、性犯罪に限らず未逮捕被疑者の重犯が起き得るわけだし、この手の事件の「プロ化」で商売として成立してしまうわけでしょう。でも、2ちゃんねるで語られる程度の闇の勢力なんて、そもそもネットで書くような奴に情報を漏らしているぐらいのレベルの連中、ってことかと思うのです。耐震偽装で思い知ったでしょうし(笑)。


 たぶん、これについては週刊誌が公的機関からの情報を下敷きに何か書くんじゃないですかね。それで当面は終わりでしょう。言い方は悪いけど、いままでもそうだったし…。この社会の構造って、意外とそんなもんなんじゃないでしょうかねえ。


« 朝日新聞のヘッジファンド規制の社説 | Main | 「著作権法の非親告化」法案の議論がややこしい方向に »

Comments

1?

2

ん?織原の飼い主のことか?

・店長の北山大輔(25)と友人で店員の三宅正信(25)が共謀して凶行に及んだのは
 9日午前0時過ぎのこと。店内の客が20代の女性ひとりになったところを見計らい、
 閉店準備を装って店のシャッターを閉め、食事中の女性を「逃げたら殺す」とスタンガンで脅迫。
 無理やり睡眠薬の錠剤を飲ませて泉佐野市内の貸しガレージまで車で拉致し、レイプしたのだ。

 女性は手足を縛られたまま車内に監禁されたが翌朝、自力で脱出して犯行が発覚。
 2人は店の制服を着たまま犯行に及んでいて、「女性を囲っておくつもりだった」と供述して
 いるから空恐ろしくなる。

 「スタンガンや睡眠薬をネットで購入。女性客を物色していたから計画的です。手口が慣れて
 いることから余罪についても厳しく追及する方針のようです」(捜査事情通)
 「ペッパーランチ」はレストラン経営などを手掛ける「ペッパーフードサービス」が展開する
 ステーキ店。国内に194店舗を展開し昨年9月には東証マザーズに上場している。

 北山は2000年3月に府立佐野工業高校を卒業後、4社を転々とした後、昨年7月に「ペッパー」社に
 入社。同社の一瀬邦夫社長は「明るく清潔感があり信頼し切っていた。大阪人らしくガッツもあった」
 というが、よくもまあ店長にしたものだ
 北山は「夢は経営者。社員を辞めて『ペッパーランチ』と委託経営を結びたい」と3月末に退社、
 4月から心斎橋店を任されていたが、「はじめから客のレイプが目的で店長に手を挙げたので
 はないか」との見方もある。(一部略)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070520-00000016-gen-ent

なんでも評点の中の人、たまにホンネを書くんだが、これがまた何だかビミョーでたのむから翻訳だけにしてくれと思ってしまう。

そんな冷たいこといわないで情報出してくださいょ~。
いろいろ持ってるくせにぃ。

>緑
「その後」はどっから仕入れましたか?
別の表現が望ましいですか?

ネット徘徊してネタ仕入れてると、真っ当なメディアを見ている方々とは激しく異なる現実を見ていることを思い知らされることが、しばしばあります。
「何が本当か」に近づこうとするほど、核が収束して小さくなる一方で、全体像がぼやけていく気がします。
ネット時代の「真実」っていうのは、トンネル効果の影響でも受けているのでしょうか。

枝葉末節ですが。

ネットバブルの時に暴行されたのは経理マンじゃなくて公開引受マンでは
なかったかと。

東京で暮らして、且つ、そういう人脈がないと情報も得られないとはね。

「沈黙ほど雄弁なものは無い」と言いますが、
まあ、対症には拗れた伝聞をベースにするものらしいですね。

ネットのウワサを徹底検証!!
 ペッパーランチ事件の真相はこうだ!
http://www.pressnet.co.jp/osaka/news/n_070609_16.shtml

実録レイプ動画
http://rape.paro2.net/

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ペッパーランチのレイプ事件、その後:

» 三菱東京UFJ 就活でわいせつ事件 [にっかんせきぐち]
ペッパーランチ事件の衝撃さめやまぬ中、またしても、道徳性を疑ってしまう事件が発覚しました。⇒ 就活でわいせつ 銀行を捜索 ニュースページ [Read More]

« 朝日新聞のヘッジファンド規制の社説 | Main | 「著作権法の非親告化」法案の議論がややこしい方向に »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ