« 切込隊長BLOG(ブログ)移転予定地へようこそ | Main | 月刊『Voice』に中国関連の記事を寄稿した件について »

2007.03.30

梅田望夫氏の名エントリーをいまさらながら読んで感動した反面、この人挫折を知らないのかなと思った件について

 各所で話題になっていながら、何となく慌しくて目を通していなかったエントリーを読んだ。


http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20070317/p1


 前向きに、未来を考え、何かを作り上げる有意義で建設的な人生を送る、もしくは送るときっと楽しいに違いないと考える人たちにとって、梅田氏の一連のエントリーは励みになるだろうし、心に響くものだろうと思う。びっくりするほど性善説である。梅田氏の強い持ち味のひとつだなと。


 その下に続く、賛同コメントや同感エントリーの列が羊の群れのように続く。まことに結構なことである。決して「それはどこのサンマーク出版ですか」とか「船井幸雄もそう言ってました」とか言ってはならない。どちらかというとネガティブな反応を引き出しがちな日本のネット社会に健全な警鐘を鳴らしたものだと理解するほうが正しいし、そう受け止めたときいろんな思いが去来するわけである。


 個人的に気になったのは「『ある対象の悪いところを探す能力』を持った人が、日本社会では幅を利かせすぎている」とされる点だ。日本社会の悪いところを探し出した梅田氏の形容矛盾が感じ取れるが、それ以上に欧米社会も負けず劣らずろくでもない状況になってるんじゃないの、と思えるあたりかしら。自己評価が低いのはいけないことだ、というのは分からないでもないけれど、己を殺しプロに徹する性格の人もいるので、一般化するのは大変困難な部類の内容だなあと。


 直感を頼りつつも直感を信じない私としては、あまりきちんと検証せずに直感で動いて失敗してしまったとき、なぜ失敗に至ったかを検証できない手法は採るべきではない、という点で、優れた直感と妥当な計画性とでバランスを取って決断するべきだと考えている。つーか、組織で部下に仕事を任せてヘマされて「何でだよ」と質してみたら「直感です」と応えられたら凹む。根拠ぐらいあって欲しい。


 きちんと意味のある褒め方をするのであれば、恐らく何の問題もないのである。問題は、取り立てて成果も実績もない個人個々が無駄に自己評価が高く、個々の自己評価を傷つけないためにお互い胴上げしあう形で褒めあったり、本来の評価が低いこれから上がっていくべき人が馴れ合うようにベタベタ群れる傾向があって、それはダルいだろうという件は、頭に入れておくべきだ。


 それと、一番強烈に感じたことは、梅田氏は数十日数ヶ月眠れないほど緊張したり、このぐらいならと人を信用してみて悲しくなるほど裏切られるといったような経験や、逆にこの程度の話ならこのぐらいの価値しかを生むだろうからこの程度手をつけておくかというような間合いを決めたり、今回はここまで上手くいったけど次上手くいく保証などないから深入りせずに表向きだけの付き合いにしておこうかというような「機微」とか「侘び寂び」のようなものを微塵も出さない天然なのかしたたかさなのか判りかねる司祭の説教ぶりである。


 最大の裏切りってのは、何かやろうとして、それが間違ってて、誰もそれを指摘してくれずに、適当な付き合いのなかで褒められて、その気になって、やってみたらうまくいかなくて、あとになってそばにいた奴らが潮を引くように周辺からいなくなって、孤独な失敗に終わることなんじゃないかと。粗探しではなく、悪かったらその場で指摘しておくのもひとつの仁義だろうと思うわけで。


 そうは言っても、若い人を前にして「本当に大事なことは絶対に口に出すな」とか「相手の顔色を見て褒めとけなしを使い分けろ」とか説教する黒い梅田氏は考えられないので、きっと梅田氏はそのときそう感じたことをそのとおり書き綴っているから、多くの人たちに賛同されているのだろうと思う。


 私は「すべてはバランスであって、状況に応じて、ポジティブもネガティブも使い分けることができて初めて対人スキルなのだ」と考えている。

« 切込隊長BLOG(ブログ)移転予定地へようこそ | Main | 月刊『Voice』に中国関連の記事を寄稿した件について »

Comments

とりあえず、フォースを信じとけば間違いなさそうだな。

 最終的には「めんどくせ」ですべて瞬殺するもんなんじゃないの? 人間のやるこた、そんなもんでしょ。

>最大の裏切りってのは(中略)孤独な失敗に終わること

 そこに至る過程で周辺の誰もが「適当な付き合いのなかで褒め」まくっててそれにまったく気づかないなら馬鹿だと思うし孤独な失敗の後で遺品・残骸等の残存者利益を根こそぎかっ剥がれて丸裸になったならハゲ(剥げ)だと思うし途中でガタガタ言い合いになってあーこん畜生でキレて仕事の方向性とか達成度を損ねちゃったら無能だと思うんですよね。

>微塵も出さない天然

 でしょ。基本は。っていうかね。梅田さんの略歴知らんし知る必要も無いんだけど、労働者ベースなら年収100万以下で一般人とほぼ同等に働いた経験が無い限り「挫折」とか有り得んでしょ。社長ベースで言うなら自社の年商とほぼ同程度の巨大取引反故にされて血圧が20変動したとか。そういう経験無ければ、フツーに天然で押し通せると思うんですけどね。そこへ「侘び寂び」とか言ってる時点で「無粋の極み」なんじゃないの? と思ってみるけど言ってないテスト。

 「本当に大事なことは絶対に(面と向かって)口に出すな」とか「相手の顔色を見て褒めとけなしを使い分け(てもいいけどそういう人間だって悟られないようにし)ろ(つまりブログ読むヤツを付き合う相手にするな馬鹿)」とか。そんな感じ? 知らんけど。

あれはまるっきり現代の『裸の王様』なんだよ。
問題は思い切って裸になってみせたもうそろそろお歳の
梅田餅太郎先生ではなくて

 は て な 市 民 と い う 白 痴 ど も

だ。
誰もが知ってる童話の愚かで保身しか興味のない卑劣で無能な
王様の取り巻きと全くぴったりこれ以上ないぐらい模倣してくれる。
『やあそれは立派な見識でございます、餅々王陛下!』
はてな市民は見栄だけの烏合の衆だから死ねばいいと思う。

そして今はてブに上位に輝くのが
「黄金比をサイトのデザインに取り入れる簡単な3つの方法 | コリス」
…死ねよ虫けらバカのはてな野郎はよ。お前の頭がはてなだっつうの。
数ヶ月前に同じはてブで黄金比のエピソードは俗説で美観に根拠なし
という誰かのエントリーが絶賛ブクマされてたんじゃねーの?
本当に見事に衆愚にして烏合だな。そのくせプライドだけはあるのか。

↑そんなもんわざわざヌルヲチせんと仕事でもしてろっつうのハゲ。

るせーハナ毛。
俺は昨日史上最大のハナ毛を抜いた。
スゲーでかかった。3cmはあった。マジすごい。30分はみとれた。
ハゲ人の額に植えたら結構いいと思う。
でも縮れてるから見た目悪いのが欠点。

 いやさ。自分のコメントに勝手レスで申し訳ないんだけどさ。要は「馬鹿でハゲで無能で無粋なので付き合う相手にするな馬鹿」って言ってるわけじゃん。酷いよね>俺。それは忠告でも忠言でも何でもねえっつうかフツーに罵詈雑言だと思うのよ。それは言っちゃ駄目だろう、みたいな。言ってないんだけどさ。思っただけ。感じただけ。ふーん、とかそんな感じ。でもさ。私とか「他人に向かった発言の8割は自分のことでもある」理論だからさ。「あーだいじょぶだいじょぶ。悪いのはお前だけじゃないんだよ~。俺もだよ~。場合によっては俺のほうが強烈に馬鹿だから心配すんなよ~」理論でさ。そんなん言われてもね、みたいな。
 お前にいいようにあしらわれるのが一番腹立つんだよ、ってところから関わりまくってる時点でこれ以上ない挑発行為だと思うのよね。どうなんだろね?

『ドラえもん』のワンシーンじゃないけど、先日仕事帰りの車の中で鼻くそほじってたら猛烈に巨大な鼻くそが取れたのよ。凄いよ。直径1cmとかあるからね。小指の第一関節から先を3分の1くらい千切った感じ。ズルッ…ズルズルッ…ゴッパァァァアアアアアッッッ!! って感じでモサッと取れてさ。先っぽの粘膜の辺りにちょっと血が付いてんの。お前それは皮ごと削いだんじゃねぇのか!? ってくらい取れた。
 普段「1cm」とか言われても全然気にせんのですけどね。何じゃこりゃぁ! で気になった鼻くそに定規当ててさ。1…1,1か? 1,2か? とか言ってさ。そこで初めて1cmの偉大さに気づくっていうか。
 凄いんだって。1cm。馬鹿にしちゃ遺憾ですよ。いやまじで。

すばらしいTBが来てるがこれはココログの仕様なのか?

>はてな市民は見栄だけの烏合の衆だから死ねばいいと思う。

ここは旧夢の島か?
丸山茂雄や平野啓一郎もはてな市民なんだが。
これが神もゴミも等価のネット社会の代償ってやつか。
コメント欄とはいえ、適当なことを書かれちゃ困るね。

>これが神もゴミも等価のネット社会の代償ってやつか。

白痴の癖にプライドがあるからスルーと称して見なかったことにするんだろ。
はてなって最高!
蛆虫くんはブログでせっせと俺が最初に言ったもんアリバイでも仕込んでマスでもかいてろよ。

>俺が最初に言ったもん

自意識過剰の傾向もネット社会にはよくある訳で。
ところで、俺って誰よ?

いいエントリーだな

梅ちゃんは、政治的発言をしていることに気がついていないとおもう。
影響を計算していない。

ま、西やんが読んだら苦笑いしつ、咳10発。

梅ちゃんの場合、対した経営責任があるわけじゃないし。
若さを失っていく現実をどう乗り越えていくんじゃろ。

権威に接近して、気が大きくなって発言しただけでしょ。
2020年には逃げ切るつもりらしいけどさ。

梅田さんって、元来ポジティブなんだろか?

人って、想像を超える速さで世界観やNetworkが拡大するとき、やたらポジティブになったり躁になったりするもんだろ。

俺はご近所さんなんだが、この地でビジネスに関わり数年暮らすと至極まっとうな帰着として、程度は劣るが似たような感覚に陥る。

でもこれって、ここの環境が作り出すものであって、結局似たような文化的洗礼や外的刺激を浴びないと得られないものなんじゃないのか?

隊長の突っ込みは2枚ほど上手だが、本当のところはもっと単純で(日本的観念からの脱出)x(自分が想像してたよりなんか旨いこと逝ってる)の相乗効果で激躁なだけだとかW。

「人の粗探ししてる暇があったら自分で何かやれ」なんて言いたくなる状況って、私的にどうな状況かなって探ってみたんですが、それは「文句ばっかり言ってその状況を打開しようとする努力を怠っている人を見ているとき」に激しくその情動を覚えるのです。そういう人からは「生産性とは相反する性質」「創造力とは相反する力」を感じます。私は。

前にこの人はもろもろわかって使っているんだろうなというはてなユーザーに「はてなってちょっとオウムっぽいよねテヘ」と言ったら、苛烈に怒られたことがあったのを思い出しました。

多分ネット上のビジネスはいくつかの例外を除いて、今後アイデアじゃなくて地味な経営とか資本の勝負になっていくと思う。で、その手のビジネスで巣食ってる人はまず次のフロンティアが何か知らない(今話題のものは瑣末に過ぎる)。だとすると梅田さんの言ってることはおかしい。
いわば「頑張る」と大書きされた企画書。一発芸でしのいでるけど具体性がないのは焦ってるんだと思うよ。

はてなだって、いずれ終わるさぁ

まあ、ブログなんぞどこで書こうと一緒なワケですが。
梅さんの「好きなことやれ」って、Friedmanの受け売りですかね。

そうだ!
ここはひとつポジティブに
梅ちゃんをもっちーと呼ぼうぜ!

切り込み隊長さんはじめまして。いつも読ませていただいています。
>「『ある対象の悪いところを探す能力』を持った人が、日本社会では幅を利かせすぎている」
私はここは梅田氏にある程度同意します。でもそれには前提となることがあって、そもそも日本は「悪いことは絶対にしてはいけない(許されない)。でも別にいいことをしなくてもいい」っていう社会で、それに対して欧米は「いいことをしなければならないが、悪いことをしてもいい(悪いことをしても懺悔すれば許される)」っていう社会である、という認識が必要です。
これは何が違うのかといいますと宗教です。日本は仏教、欧米はキリスト教、ユダヤ教(イスラムも)の国です。
私たち日本人は子供の頃から「悪いことはするな」「人に迷惑をかけてはいけない」と教えられますが、これは仏教の教えです。同じようにあちらでは、「汝の隣人を愛せ」「罪を許せ」と教えられるわけですが、これはユダヤ教と、モーゼから生まれた宗教の特徴です。それをきちんと認識してないと、日本は意地の悪い人間しか居ないとんでもない国だということになります。日本は治安もいいし、人は約束を守って信頼しあえるいい国です。
しかし、それをふまえてなお私が梅田氏にある程度同意するのは、それにしても最近意地の悪い人間が多すぎると思うのです。人の揚げ足を取って偉くなった気でいる、器の小さい人間が増えましたよ。

自分の直感を信じ~ってところは隊長に同意します。会社に入って、何か説明をするときに「直感です」で通ると思うのは考えが甘すぎますよね。よっぽどの実績があれば別でしょうけど。

でも隊長もわかっておられると思うんですけど、「黒い梅田氏」はいると思うんです。じゃあなんで今回の梅田氏のエントリが純白なのかというと、梅田氏が会った若者たちがあまりにひどかったからだと思うんですよ。自分が何をしたいのか、どうすればいいのかまったくわかってない、考えていない連中だったんでしょう。最近そういう若者がすごく多いですから。だから、あんな瀕死の病人を勇気付けるようなエントリになったんだと思います。厳しく言ったら余計いじけて、もっと何も考えなくなりますからね。多分、そういうことなんじゃないかなと思うのですが。

そして隊長の今回のエントリの結論は、素晴らしいものだと思います。私も結局はすべてバランスであり、比較であると思っています。

長文失礼しました。

んだよ、久々たいちょのソウル出てるエントリ連発じゃねえか
てやんでばーろちくしょい

すまん。
はてブのコリス(coliss.com)の件はちょっと変だわ。
内容が無いのにやたら数が伸びてるから
ブックマークスパムのテストしてるのかも。
お業界の人らしいし。

コリスって何があったの?
俺、ブクマしたの数件あるんだけど、
ひょっとして釣られてる?

理念化されたポジティブ(予定説)への批判として、感覚のポジティブ(倫理、というより徳かしら)が残ってれば理想なんだろうけど、難しいか。

なんだかんだ云っても結局は労働って代償(により認証される)行為だから、自他における設定の聖化から逃れられないもの。外様の正直な感想は、たとい正論であっても鬱陶しいだけだ(南北問題とかな)。
そこで再帰的な徳目(人倫とか)が想像できれば、ああナルホド確かにねって視野が広まるんだけど。

なんつーか
>最大の裏切りってのは
つーのをみて、自分の所業とかを考えますです、はい。
何となくの万能感を持ってるのって、スゲー危険だと思うんですよね。
自己愛に自己愛を重ね続ける人々を見ていると、気持ち悪い。最近の20代後半でなんとなく政治家になりたい願望統一地方選挙に乗ってみますか組とか。他人の自己愛を自分の自己愛に重ね合いながら生きている人たちの強烈に閉鎖的な空間を見るとなんか悪いセミナーでもおこなっているのかなと。他者を褒めることで自己を確認する作業というのは、破綻したときが恐ろしいと思うのです。

梅田さんのブログ読んだが、自己啓発セミナーみたいで気色悪い反面、少しは前向きに生きろといいたくなる若い奴が多いというのも事実なんだろうなと思った

彼は既にエスタブリッシュメントとしての地位は確立してる上に大きな組織に縛られているわけでもない。フリーハンドで何を言ってもOKのポジションにいるんだったら、日本の崩れ行くエスタブリッシュメントを応援するより、値上がり率の高そうな若者を煽っておいた方が先々有利なポジションにつける。100万人の若者がその気になって99%が屍になろうとも、1%が成功して「自分の成功のきっかけは梅田氏の一言にあった」なんて思ってもらえたら大金星。ベンチャーキャピタルもやってるから、優秀な若者が彼のもとのやってくる確立をあげるためにポジティブな発言をしておいて損はない。あれはすべて計算しつくされた上の発言です。で、隊長は元気な奴が「隊長ベンチャーやるから金貸してよ~」ってこられては困るので、こういった微妙な発言をしているわけねw

餅爺さんの心中はどうか知らんよ。俺にはメタボってなんだかおチンチンが勃たなくなる気持ちなんか分からない。
でもマンセーして群れる卑怯な馬鹿どもは人生に一度ぐらい少しは自分を責めたほうが良いだろ。

いつだって、課題を持って努力してる人間には具体的な問題が目の前にあってその解決にだけ関心がある。ゴールも悦びもはその人の手の中にしかない。
怠惰な奴ほどしたり厚顔で勝手に人に許しを与えるふりして何もしていない自分を「褒めてあげて」許すんだ。でもそんな褒め褒めジャンキーに必要なのは罰だ。

爺さん達が言うアレは自分なんだよ。「まあ良くやったじゃないか」というアレ。郷愁とは連想の先の自らに想うもの。頑張った人がまああの時点ではそうするしかなかったじゃないかと80点つけてみるアレ。
だから何もしなかった、何も為しそうにない、何かする根拠も見当たらない奴が勝手にありもしない「最大限努力した」自分を肯定するのはキチガイの沙汰でしかないのだよ。
だから妄想で権利を主張し始めないうちに死んで欲しいのだよ。
だから言い訳なぞ考えてるうちに死ねだよ。

梅田氏は「知恵が付いてる厨房」だ。
知恵はある。しかし厨房体質に変わりはない。
あら探し厨に対する、前向き厨とでも言うべき存在である。

鏡を見ろとね。

何事も観察力とフィードバック。自分に対しても他人に対しても。あとはこの方向に事を運びたいという意思を持っていれば好い。

褒めて好転しそうなら褒めれば好いし、叩かなきゃ天狗になってくダメ野郎は叩いてやれ。人見て法説け。梅田氏の周りにはもうちょっと褒め合えと言いたい人が多いんでしょ。と解釈。

普通にピカデリーが俺の影響受けただけだろと上から一言で片付けますよ、そんなもん。だって心まで釣ったから。
隊長どうもその節は。よろしくね♪

梅田エントリーは「バランス」の調停だしょ?言葉を額面どおり受け止めてどうするのよ。全体へのフィードバックを考えなきゃ。
このエントリーは不必要でしょ。

↑梅田さんのイベントでの発言全部読んでから考えた方がいいよ

>海ちゃん

このエントリをブラック梅田さんが書いてると思えば納得だろ。

ヒューマン2.0を読むと梅田エントリーの様なウルトラポジティブな気分になるのはわからんでもない

>丸山茂雄や平野啓一郎

どっちもくそじゃんw

餅太郎先生暴走中。
それぞれレベルの違う話を必死で出して自己正当化中。
ちゅうかお前の価値観はそれで認めてやるけど馬鹿の癖に一般化しようとするから死ねよバーカといってるんだよ。
何がしたいんだこのオヤジ。

hankakueisuuと梅田さんを足して2で割ると彼岸の境地になるな

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13434/14457509

Listed below are links to weblogs that reference 梅田望夫氏の名エントリーをいまさらながら読んで感動した反面、この人挫折を知らないのかなと思った件について:

« 切込隊長BLOG(ブログ)移転予定地へようこそ | Main | 月刊『Voice』に中国関連の記事を寄稿した件について »

メルマガ

  • メルマガ広告
    やまもといちろうによる産業裏事情、時事解説メルマガの決定版!ご登録はこちら→→「人間迷路」
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

漆黒と灯火バナー

  • 漆黒と灯火バナー
    真っ暗な未来を見据えて一歩を踏み出そうとする人たちが集まり、複数の眼で先を見通すための灯火を点し、未来を拓いていくためのサロン、経営情報グループ「漆黒と灯火」。モデレーターは山本一郎。詳細はこちら→→「漆黒と灯火」

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

My Photo
無料ブログはココログ