2014.09.02

市場の縮小に比べて新聞社が多すぎる問題

 例の読売新聞の「攻勢」について、物議を醸していたという話を耳にしましたけれども、日経との協調策であったANYが崩壊し、通信社の再編もすぐにはむつかしいとなった段階で、どこかで「全国紙同士の潰し合い」という読者のパイの争奪戦になるのは当たり前のことだと思うんですよ。

 これは、電通が出している調査資料でも明らかですし、発行部数が減少し、新聞への広告出稿も右肩下がりだ、というところから見ても、このビジネスモデルはいったん終焉に導かれることを前提に椅子取りゲームになるのは皆わかっていたことじゃないですか。

 ただ、ビジネスの面から語るべき論点は2つあって、簡単に書けばこんな感じです。

1) 死ぬのは輪転機を回して印刷された新聞を配るというシステムというだけ。しっかりとした能力に裏付けられた新聞記者や、彼らの手による記事が死ぬわけではない。単純にメディアの問題。

2) メディアの問題は読者の問題。読者のリテラシーが「紙で印刷された情報を読み理解する」世代が年齢と共に引退し、減少していけばそれだけ裾野は狭くなるが、いきなりゼロになるわけではない。

» Continue reading

2014.09.01

9月9日に『第3回 プライバシーフリークの会』を開催するつもりです

 ついに告知ページが立ち上がりました、話題沸騰のプライバシーフリークの会ですが、今回も高木浩光先生、鈴木正朝先生と共にプライバシー界隈のあれやこれやを語りたいと思っております。

第3回プライバシーフリーク・カフェ
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/212110/
http://live.nicovideo.jp/watch/lv191822287

 なお、別所直哉さん専用申し込みメールアドレスはこちらになります。 → BZT00066★nifty.ne.jp(★を@にしてください)

» Continue reading

善意は興味でできている

 私は猫が好きで、自宅でも飼っているし、友達に猫を飼う希望がある人がいればなるだけ里親紹介サイトなどで引き取ることを奨励したり、たまに動物の愛護のための募金があれば寄付をしている。別に誰かにいい人と思われたいという話ではなく、猫が好きで可愛いと思い、また恵まれない立場の猫がいるのであれば救ってあげたいと思うから無理のない範囲でお金を投じているだけだ。

 猫と人を比べるのは良くないのかもしれないが、このところ良く慈善事業の助成の相談を受ける。どれも大事で立派な事業だから、すべてにできる限りの手当てをしてあげたいという気持ちはある。ただ、お金を投じるからには行く末を見守らなければならないし、それ以上に社会で必要とされる金額に比べて多少金持ち程度の私の財産ではすべてに行き渡らせることなどできない。

 だから、私は自分がやっている慈善活動や寄付については、児童養護施設など自分の興味や関心を持っている対象に限定して、時折起きる自然災害で被災された方への募金などは呼びかけに応じて行う程度にしている。

» Continue reading

2014.08.31

茂木健一郎さんの対談を、私のメルマガ『人間迷路』と夜間飛行プレタポルテで連載しています

 価値観が異なるため、建設的な議論というよりお互いの違う考え方をぶつけあって終わった形の対談ではありますが、ネトウヨやら排外主義なんぞの話題でも盛り上がっておりまして、その辺はメルマガ『人間迷路』のほうで掲載しております。

 ヘイトスピーチの本質や、ネットでの過激なマイノリティ排斥に関する議論は面白かったです。茂木さんとは意見が全然違うけど。

小保方問題、ネトウヨとの絡み方などなどについて茂木健一郎さんに直接ツッコミを入れてみた
http://ow.ly/AUac8

『人間迷路』
夜間飛行: http://yakan-hiko.com/kirik.html
BLOGOS: http://magazine.livedoor.com/magazine/50

[引用]

山本 そもそも、ネトウヨの人はあまり海外に行かないんです。パスポートも持ってなくて韓国に行った経験もなかったりする。

茂木:本当は「自分が知っている世界の外に広い世界があるよ」ということを教えないといけないんだよね。それが今、教育でやらないといけない一番重要なところかもしれない。でも日本の今の教育はむしろ、せまい世界の中でいかに点数を上げていくかということばかりに力を入れているよね。「違う世界がある」と知るだけで、救われる子がかなりいると思うんだけど。

山本:ただ、地域と人の関係で難しいのは、日本に限らずカナダでもアメリカでも、みんな基本的に「俺たちはこの地域で暮らしているから、この地域の調和が大事なのであって、ほかの地域とか外国とか関係ねえよ」という感覚が、人間のもともとの普遍的で共通のスタート地点なんだと思うんです。日本でも海外で教育を受けたような人は、グローバリズムを何の障壁もなく受け入れられるんですけど、90パーセント以上の人は受け入れられない、というか理解できないし、もっと言えば反発を覚える。だから、平気で「韓国人死ね」とか言えてしまう。
--

» Continue reading

【御礼】三男が無事退院&全快いたしました

 先日来、長らく入退院を繰り返しておりました拙山本家三男が、無事いろいろ乗り越えて後遺症なく全快しまして戻ってきました。ご心配をおかけしました…。

12

 一度は退院まで漕ぎ着けたものの、再発熱からの再入院で、良くなったり悪くなったりを繰り返しておりまして、何かあるたびに家中で一喜一憂するというカロリーの高い状態が続いていました。危険な状態からは前回の退院で脱していたとは思いますが、いつまた熱痙攣を起こして再発するかもしれないか分からないというのはこれはこれで微妙なものがあります。

【吉報】三男、危地から生還のご報告
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2014/08/post-88e1.html

 何しろ朝ケロッとしていたと思ったら午後から発疹が出て顔真っ赤で高熱とか、かと思えば二日後にはまた元通りとかいうのをジェットコースターのようにぶんぶん振り回されておりましたけれども、ここ一週間は完全に落ち着きまして、もう大丈夫との診断が出てシャバへの復帰でございます。

» Continue reading

2014.08.30

TABI_LABOは逸材だったのかもしれない:炎上して経営メンバーリスト「だけ」削除

 どうもTABI-LABOって想像以上に豊かな感性の持ち主の集合体であったようで、豆腐メンタルの鶏の類ではないかと想像されるわけなんですけれども… どうも旅ラボの経営メンバー一式をサイトから削除したようなんですよね。

残骸URL 見つかりません
http://tabi-labo.com/member/

 もちろん、そのようなものは魚拓に洋拓、ローカルにpdf保存は基本であるわけで、見逃したYOUのために詰め合わせセットもアップロードしておきましたので、ご関心のある向きはぜひご賞味いただきたい、と思うわけですが。パスワードは我らが「toshinao」です。

お持ち帰り用TABI LABOメンバー&アンバサダーpdf詰め合わせ
http://xfs.jp/vKdiU

 その一方で、お持ち帰り用にもありますとおり、ファンを囲っておくための制度「アンバサダー」というのがTABI LABOにはありまして、その支援者だけはいまなおアカウント直リンつきで放置されております。

TABI LABO アンバサダー(洋拓)
http://www.peeep.us/9da2e319

 なんでしょう、この正規軍が逃げ散った後に民兵が砦に取り残されている風情は。まるで騙された人たちの見本市みたいな感じで、むしろ先にこちらを削除してあげるほうが望ましいのではなかったのでしょうか。

» Continue reading

2014.08.28

TABI-LABOは何を言っているの

 まあ、海外サイトを無断で翻訳して記事にして掲載してしまったのは落ち度と言えば落ち度ですが、紙媒体でやれば廃刊のレベルの不祥事ですね。もちろん、問題に気づかれて然るべき対応をしますと表明されるのは良いのですけれども。社内ではきちんと議論されていたようですし。

【お詫びとお知らせ】参照元の表記漏れに関する弊社見解と、今後の対応方針に関して
http://tabi-labo.com/41936/announcement/

[引用]

現在、TABI LABOは、海外の広大な情報の海に漕ぎ出て、独自の世界観にもとづいて無限の大海の中から良い記事や動画を探し出し、 読者と共有するキュレーション活動を編集の中心に据えています。 また、キュレーション活動で何より重要なのは世界観です。TABI LABOは独自の世界観を構築しようとしており、 そこからさまざまなコンテンツに新たな価値や意味を与え、共有していきたいと考えています。

--

 いや、気持ちは分かるんだけど、これって雑誌業界における特約契約を英語圏の媒体と結んで翻訳し、監修を受けなければやってはいけないことなんですよ。

 それはキュレーションとは言いません。勝手にピックアップした英語記事の無断翻訳です。
 引用元や参照先さえ明示すれば、相手記事に断りなく和訳して掲載し、そこに広告を貼って良いのだ、とはなりません。根本的なところを誤解しているのではないでしょうか。

» Continue reading

【告知】本日、竹田圭吾さんの『JAM The World』に出ます

 ラジオを聴く習慣がありません。

Jam The world
http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

 ということで出演するんですが、今週のBreakthroughは「リモデリング・ジャパン」と題して、今とこれからの日本を考える上で必要な視点を特集するんだそうですが、私の肛門もリモデリングされそうです。

 出番は20分ぐらいですが、余計なことを言って炎上して5分ぐらいで追い出されないよう頑張りたいと思います。

» Continue reading

木村剛さん、再び摘発&タイホの可能性が取り沙汰される

 日本振興銀行とかいうステキなビジネスモデルで華々しくやらかして検査忌避からの摘発、そしてペイオフ第1号という見事な超新星爆発を遂げました木村剛さんという御仁がいらっしゃいます。

 誰ですか、そういう木村剛さんを追い込んだりしていたのは。酷い人も世の中にはいるんですねえ。

 吉祥寺方面で大人しくしているのかと思いきや、おととしぐらいから怪しげな活動に従事しているという情報がヲチャーの間で飛び交い、そして去年には日本で働きたい外人に100万ぐらいでビザ渡して働かせる会社を立ち上げて堂々とサイトまで作っている実態が明らかになって、やっぱり木村剛さんはエレガントな人だなあという思いを新たにしていたわけであります。

 どうもヲチャーの誰かが垂れ込んだのか、ついに法務省が面倒くさそうに摘発へ乗り出したという話が出て参りましたので、皆様にもお伝えしたいと思っております。
 誰ですかねえ、こういうタレコミをしたのは…。

木村剛再逮捕間近? A POWER NOW社でビザ売買容疑? 警察・入管が一斉捜査へ
http://kokusaipress.jp/archives/6562#i-4

» Continue reading

2014.08.20

長谷川豊さんの与太記事について

 先般掲載しました当ブログのエントリーにおいて、長谷川豊さんより一部反論があったようです。

「姉歯物件は大震災でビクともしていなかった」と長谷川豊が言ってんだけどさ
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2014/08/post-44b9.html

 まず、私は長谷川豊さんとは面識が無く、長谷川さんを単なる一著名人と見ておりまして、その長谷川さんによる姉歯物件の耐震偽装に関する記述で明らかな与太話が書いてありましたのでこれの間違いの部分を否定する目的でエントリーを書いたものです。長谷川さんに対する敬称略というのはもちろん著名人の記述に対して論評する一般的な方法に基づいたものでしたが(当然ながら、私もおおいに呼び捨てられるし、それ自体は何ら問題ないと思いますが)、長谷川さんが気になるということでしたらそれについてはお詫びいたします。

 で、ちょっと忙しいので反応自体は駆け足になってしまいますが、長谷川さんが書いた反論エントリーについては正直なところ何が趣旨だかいまひとつ良く分かりません。

やまもといちろうさんの記事について
http://blogos.com/article/92827/

 もともとの長谷川さんの記事で、私が賛同するのは姉歯偽装の問題が発生した際に、マスコミによる報道が過熱し、あることないこと書かれた上で、被疑者となった人物の奥方が心労で自殺をされてしまったというのは「行き過ぎ」だという点です。これについては、テレビや週刊誌がバッシングを続け、必要以上にプライバシーが暴き立てられた結果、悲惨な結末となってしまったのは、メディアに関連する人間として襟を正す必要はあるでしょう。

» Continue reading

«「姉歯物件は大震災でビクともしていなかった」と長谷川豊が言ってんだけどさ

メルマガ

  • メルマガ広告
    夜間飛行
    BLOGOS メルマガ

プロフィール

  • Profile

    やまもといちろう

    ブロガー・投資家・イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役。
    著書に「ネットビジネスの終わり (Voice select)」、「情報革命バブルの崩壊 (文春新書)」など多数。

September 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
My Photo

ブログパーツ

  • Zenback(試験用)
  • 忍者さん(試験用)
  • ヤフー/ログール(試験用)
無料ブログはココログ